投資顧問

人工知能(AI)関連銘柄にフォーカス

964a19930e260bd32b9a4bb885f8a40c_s

同志諸君、ごきげんよう。最近、市場を賑わせているテーマのひとつである、人工知能(AI)関連銘柄。いずれ、「人類を凌駕するのでは?」と目されている人工知能の今後に投資家の注目が集まっている。
今日は、この人工知能関連銘柄について、見識を語っていこうと思う。
「人工知能関連銘柄・・・実に興味深い。」

人工知能とは

42b41b8fcc72a13fa23e12cde862c016_s

AIというフレーズは諸君も耳にした事があると思うが、正式名称は英語の(artificial intelligence)であり、これを略称したものがAIだ。このAIの本質はというと、プログラミングによって人間同様の知能をもったコンピュータを誕生させる技術と認識しておけばいいだろうか。

人工知能関連銘柄のココがすごい

身近なところであれば、ロボット掃除機のルンバ、プロ棋士と人工知能(AI)による将棋対決、自動車の自動運転システムなどが有名だ。

人工知能(AI)を駆使した近未来化は、すでに押し寄せてきており、なかでも自動車の自動運転化に向けた技術は目覚ましいものがある。

ロボットベンチャー企業のZMPと、【2432】ディー・エヌ・エーは、運転手を不要とした無人タクシーの運行を2032年を目途に開発中。

また、日本政府も自動運転システムの普及に積極的な姿勢をみせており、東京、神奈川、関西圏などを国家戦略特区を指定。当該地域において、無人タクシーの実証テストを行うこともすでに発表している。

人工知能(AI)のメリット

将来的に人類を凌駕するとさえいわれている人工知能。この人工知能技術の発達によって、我々の生活にどのような恩恵があるかをまとめていこう。

効率的な労働

e20e4e37be97fbdde827848fc06a411b_s

自動車の自動運転化を始め、コンビニのレジ係、金属加工や高所などの危険が伴う作業などの危険が伴う業務が人間に代わってロボットによる代替えが高い確率で可能とされている。

ロボットが作業にあたっている間、人間は自分の時間を有意義に使うことが出来ると考えられるのではないだろうか。

圧巻のコストパフォーマンス

5af919586694263e3a4360a255d082b5_s

導入してしまえば、人間と同等以上に正確性の高い作業を永続的にロボットがこなしてくれる。人間にいは労働基準法などが適用されるが、ロボットであれば四六時中の稼働が見込め、生産性も上がり、人を雇うよりも安上がりになると考えられている。

人工知能のデメリット

メリット以上に、考えられるデメリットについても分析しておく必要があるのでこちらも考察しておこう。

2045年問題

4b19fb47f4305e8463c9bd361cb61f53_s

コンピュータ技術が人間の頭脳を凌駕すると言われているのが、この問題。
人間より優秀なAIが、さらにAIを作り、さらに・・・といった進化の促進を繰り返し、人間から人工知能が支配する社会へ遷移するのでは?との懸念があがっている。
SFさながらの世界だ。

失業者の増加

82280ed1c26137dfdf83db086be0ec41_s

上記ではメリットとして挙がった効率的な労働だが、コストも安く、正確な作業が出来るのであれば、人よりもロボットに頼る経営者は少なくないだろう。

現在、世界的な企業も賃金の安い海外で労働者を確保しているが、人と人による労働の奪い合いから、今後は対ロボットへと変わると考えられている。

仕事をロボットに任せたはいいが、人は生きていくためにお金を稼がなければならないわけだから、実に悩ましい問題といえるだろう。

人工知能関連銘柄一覧

私が注目している人工知能関連銘柄について、いくつか紹介していこう。

【6182】ロゼッタ

人工知能(AI)をベースとした自動翻訳ソフト、サービスを取り扱っている会社だ。専門分野の翻訳に特化した事業展開を行っている。

人工知能(AI)に必須とされる技術のひとつであり、人工知能(AI)関連銘柄として広く認識されている銘柄ではないだろうか。

【3905】データセクション

SNSなどのソーシャルメディア分野に強みをもっているのが、このデータセクション。
データ活用に関するシステム開発も行っており、ビッグデータ処理や解析にも定評がある。ソーシャルメディア利用者に周知されている事もあり、人工知能(AI)関連銘柄を挙げると必ずといっていいほど、同社の名前があがる。

【3913】sMedio

IoT関連銘柄としても注目が集まっており、人工知能(AI)関連銘柄と併せて最も旬を迎えている銘柄のひとつと言っても過言ではないのではないか。顔認証エンジンを応用する形で人工知能(AI)研究開発。2016年7月にはソフトウェア開発と取り扱うタオウェアソフトを完全子会社化するなどの動きを見せている。

その他の人工知能関連銘柄一覧

【3744】サイオステクノロジー、【3680】ホットリンク、【9984】ソフトバンク、【7779】サイバーダイン、【3666】テクノスジャパン、【2349】エヌアイディなどが人工知能関連銘柄として挙げられる。
こちらの動向についても、確認しておいてほしい。目を通しておいて損はないはずだ。

人工知能(AI)関連銘柄の展望

e0797971d059fa3cda8da11bb40f358e_s

人工知能(AI)と言われると、まだまだ先の話だと感じる人も少なくないだろう。
しかし、爆発的スピードによって進化を続ける技術と、自動運転システムなど政府も積極的な姿勢をみせている人工知能分野。

その日は着実に進んでいると言っていいだろう。携帯電話の普及した時を思い出して欲しいのだが、ある一定の時期を境に、爆発的に普及していったと筆者は記憶している。

時代の波をじっくり読みながら、仕込みどころを吟味したいテーマ株といえるだろう。

それでは、勤勉な投資家である諸君たち、ごきげんよう。

※免責事項※
当ブログの記事は投資勧誘及び個別銘柄の推奨や投資助言では御座いません。あくまでも筆者による個人的見解であり、筆者が個人的に判断した情報に基づき構成されておりますが、その正確性について保証するものではありません。
株式投資は自己判断と自己責任によるものであり、当ブログによって生じた、いかなる損害についても筆者は一切の責任を負いかねますことを予めご了承ください。

関連記事とブログランキング

LINE@にて株師孔明から非公開情報や最新情報を受け取る!

・株師孔明の投資のイロハ
・今買うべき株式材料銘柄情報
・仮想通貨の最新ニュース
・特定仮想通貨の買い増しサイン
・国内で一般公募されないICOの参加枠情報 など

1日2つ、ブログランキングの応援クリックも宜しくお願いします。
 にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ