投資顧問

カジノ関連銘柄のユニバーサル【6425】

399202a36bf825081d9b9367a5238596_s
注目度合いが日々を追うごとに増してきているカジノ関連銘柄。

過去に紹介しきれなかったのが悔やまれるが、急上昇を見せている銘柄が浮上してきているので紹介しておきたい。

急上昇のカジノ関連銘柄

【6425】ユニバーサルエンターテインメント

今回、スポットを当てて紹介したいのが、このユニバーサルエンタテインメントだ。
ここにきての急上昇の要因について、詳しく紐解いていこう。

ユニバーサルエンターテインメントとは

同社は旧アルゼとも称される、パチスロ事業の大手である。一見、カジノと激しく対立している分野にも見えるが、世界有数のカジノ会社であるウィン・リゾーツ社と手を組みカジノホテルを経営。しかし、現在の関係はというと、日米間での訴訟合戦を繰り広げている。
その理由については、株価の分析にスポットをあてたいので、この場では割愛させてもらう。気になる同志たちは調べてみるといいだろう。

急騰の要因は四半期決算の黒字発表

8月9日に発表した同社の第1四半期報告書によると、売上高が203億7700万円となっており、また、営業損益も24億9300万円と、上半期の計画を13億円以上、上回る結果報告となった。

業績が大幅寄与した要因は、前年同期と比較すると、パチンコおよびパチスロ筐体の導入台数が14,000台増えたことが考えられる。
人気筐体を生み出せるか否かで、これだけ大幅に利益が変わることには驚かされるが、下火と言われるパチンコ・パチスロ業界もまだまだいけるという事なのだろうか。

ユニバーサルエンタテインメントのまとめ

今回はカジノ関連絡みでの急騰ではなさそうだが、カジノホテル経営の前例なども加味すると、カジノ関連銘柄の対抗に位置づけされても不思議ではない銘柄だ。
筆者が本命と目している【6428】オーイズミも含め、動向を追いかけていきたい。

※免責事項※
当ブログの記事内容は、投資の勧誘、銘柄の推奨、投資助言ではありません。
当ブログの内容はあくまでも筆者の個人的な見解によるものであり、筆者が個人的に判断した情報に基づき構成されておりますが、その正確性について保証するものではありません。
株式投資は自己判断、自己責任によるものであり、当ブログによって、生じたいかなる損害に関しても、筆者は一切の責任を負いかねますことをあらかじめご了承ください。

関連記事とブログランキング

LINE@にて株師孔明から非公開情報や最新情報を受け取る!

・株師孔明の投資のイロハ
・今買うべき株式材料銘柄情報
・仮想通貨の最新ニュース
・特定仮想通貨の買い増しサイン
・国内で一般公募されないICOの参加枠情報 など

1日2つ、ブログランキングの応援クリックも宜しくお願いします。
 にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ