炭素繊維関連銘柄 北川精機【6327】

本日ストップ高を記録した【6327】北川精機についてその要因を掘り下げていきたいと思う。同社は10日、炭素繊維強化熱可塑性樹脂(CFRTP)シート材の成形が可能となる真空プレス装置の新製品の開発完了を発表。
これが好材料となって、+80円増の296円(37.04%)と爆発的な上昇を見せることとなった。このCFRTPによって、どのような事が可能となるのか?紹介しておこう。

CFRTPとは

83343bc7890cf80305ed31050ff6ae03_s

CFRTPとは、【Carbon,Fiber,Reinforced,Thermo,Plastics】の頭文字をひとつずつ取った略語のことである。このCFRTPは自動車および航空機産業の分野において、次世代の軽量化素材として期待されている素材だ。この装置によって、CFRTP成形品の開発、実用化に向けて更なる成形プロセスの確立に貢献が期待される。またこの装置の特長としては、プレス機構だけでなく、予熱ヒーターと搬送機構も真空チャンバー内へコンパクトに格納が可能という点で、現在、特許を出願中ということだ。

注目の炭素繊維関連銘柄

【3401】帝人

合成繊維の大手であり、炭素繊維においては世界2位と世界的にもその評価が高い。繊維やフィルムで構造改革。

【3580】小松精練

製品企画力が高いとされている同社。ポリエステル織編物の精錬、染色、捺染加工においては代表格とされる。なお、同社の大株主は東レであることも大きなポイントといえるのではないだろうか。

【3408】サカイオーペックス

精練染色加工の大手企業で、東レとも緊密な関係。織物分野以外にも電子や魚礁、建設にも触手を伸ばしているマルチ性に富んだ事業展開。

【3402】東レ

言わずとしれた合繊の最大手で、フィルムは電子材料分野にも強みとされているぞ。炭素繊維世界で堂々の1位。水処理用の逆浸透膜も有力視されている。他の銘柄との関連性を加味すると、炭素繊維関連銘柄を抑えるなら同社と考えることも出来るだろう。

※免責事項※
当ブログの記事内容は、投資の勧誘、銘柄の推奨、投資助言ではありません。
当ブログの内容はあくまでも筆者の個人的な見解によるものであり、筆者が個人的に判断した情報に基づき構成されておりますが、その正確性について保証するものではありません。
株式投資は自己判断、自己責任によるものであり、当ブログによって、生じたいかなる損害に関しても、筆者は一切の責任を負いかねますことをあらかじめご了承ください。

関連記事とブログランキング

LINE@にて株師孔明から非公開情報や最新情報を受け取る!

・株師孔明の投資のイロハ
・今買うべき株式材料銘柄情報
・仮想通貨の最新ニュース
・特定仮想通貨の買い増しサイン など

1日2つ、ブログランキングの応援クリックも宜しくお願いします。
 にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ