『2017年に上がる株』の結果と振り返り

投資家の諸兄姉よ、調子は如何でしょうか。早いもので、今年の年明けに『2017年に上がる株』を掲載してからもう1年が経とうとしている。市場を先読みし、ある程度の流れを早い断簡で掴む意味でも、【年初の予想】というのは、その年の投資に大きく影響を与えるといってもいい。そんなわけで今回は、今年の年明けに『2017年に上がる株』として挙げた銘柄群が今年どういう動きを見せたのか、ひとつひとつ振り返っておきたい。

2017年に上がる株【結果】

dollar-544956_1280

2017年の1月1日に公開した銘柄の予想株価と、その後の株価は以下となる。

当時の『2017年に上がる株』の記事は⇒こちら

【6172】メタップス

<人工知能(AI)関連銘柄><フィンテック関連銘柄>

大発会こそ急騰したものの、その後続落した事が響き、7月・9月・10月と、大きな反発を見せるも、一年通じてみれば成長株とは言えなかった。

しかしながら、材料が出た時の人工知能(AI)関連銘柄としての爆発力はやはりものすごく、今年は同銘柄によるデイトレードで大きな利益を上げた人も多いだろう。AIは今後さらに成長していく市場なだけに、引き続き同社の飛躍も期待したいところだ。

年初株価予想 8000円以上

年初始値 4,120円 (17/01/04)
年初来高値 4,740円 (17/10/13)

【6301】コマツ

<インフラ関連銘柄>

こちらは当初の予想通り、大きく成長した一年となった。

特に下半期は、中国においてビジネスチャンスの拡大が期待された形から株価を伸ばし、また、エヌビディアとの提携による好感で6日連続続伸するなど、10年ぶり4000円台を回復したのも最近の話だ。なお、現在も年初来高値を更新し続けている。

エヌビディアとの提携においては、将来的に建設機械の自動運転化の実現も視野に入っており、業績アップが期待できる。来期も増益確保の可能性が高いだろう。引き続き2018年も期待したい銘柄といえよう。

年初予想株価 4,000円以上

年初始値: 2,697円 (17/01/04)
年初来高値: 4,059円 (17/12/14)

予想株価達成!

【7735】SCREENホールディングス

<半導体関連銘柄>

2017年は広範囲のセクターで半導体関連銘柄が賑わったと言え、特に同社は、iPhone関連として半導体の恩恵を受けた。

また下半期は、今期経常の上方修正、配当の増額、自社株買いなどから、大きく株価を伸ばした事も来期に向けて大きな期待となる。

半導体関連は2018年以降も注目のテーマ株なだけに、引き続き注視しておきたい。

年初予想株価 10000円以上

年初始値: 7,280円 (17/01/04)
年初来高値: 11,640円 (17/11/09)

予想株価達成!

【6856】堀場製作所

<インド関連銘柄>

2017年スタートから順調な株価上昇。夏を境に少々反落を見せたが、11月には再び反発を見せ、ここで上場来高値を更新した。

同社は2020年までにインドに自動車関連機器の売上高30億円を目標に掲げている事から、今年は業績も順調で、決算では今期業績上方修正と配当増額をするなどしている。

この背景には、半導体メーカーの設備投資需要が寄与しており、半導体の需要が今後続くことからも引き続き業績は期待できるだろう。

年初予想株価 7800円以上

年初始値: 5,510円 (17/01/04)
年初来高値: 7,830円 (17/11/09)

予想株価達成!

【6758】ソニー

<VR/AR関連銘柄>

株価は年初と比べて大幅に上昇。しかしこちらは、結果的にAI関連銘柄、スマートスピーカー関連として成長した。

高音質に強みを持つ音響製品がAIスマートスピーカーでも強みとなっており、これまでの業績の停滞も吹き飛ばす勢いで現在では成長性に期待できる。

今後の見通しとしても、指標面での割高感はなく、今後もさらなる買いを集める可能性があり引き続き期待だ。

年初予想株価 5000円以上

年初始値: 3,305円 (17/01/04)
年初来高値: 5,485円 (17/11/08)

予想株価達成!

【9984】ソフトバンクグループ

<IoT関連銘柄><フィンテック関連銘柄><人口知能(AI)関連銘柄>

年途中はサウジアラビア問題などもあり、反発を反落を繰り返していたが、10月30日には年初来高値となる10,000円台に突入し、安定の強さを見せた。

Pepperを医療ICTに活用する実証実験を行ったり、ヘルスケア分野のIoT、AI活用でフィリップスと協業するなど、AIや医療分野など幅広く手掛けている同社。引き続き来年度も注目しておきたい。

株価予想 11000円以上

年初始値: 7,850円 (17/01/04)
年初来高値: 10,550円 (17/10/30)

惜しい!

『2017年に上がる株』の結果 まとめ

twenty-seventeen-1861357_1280

期待値も込めた高めの予想株価設定をしたにもかかわらず、取り上げた6銘柄中、4銘柄が予想株価を上回るという、上出来の結果となった。

これらの銘柄、またそのテーマセクターにおいては、2018年も引き続き注視しておく必要がある。

引き続き注目のテーマ株リスト

人工知能(AI)関連銘柄
IoT関連銘柄
半導体関連銘柄
EV関連銘柄
インバウンド関連銘柄
セルフレジ関連銘柄
バイオ関連銘柄
リチウムイオン電池関連銘柄
仮想通貨関連銘柄
新元号関連銘柄
北朝鮮関連銘柄
子育て支援関連銘柄
自動運転車関連銘柄
量子コンピューター関連銘柄

さいごに

今回思いのほか結果が良かった点を踏まえても、来年も1月1日に『2018年に上がる株』を公開する予定だ。是非ともチェックいていただきたい。

関連記事とブログランキング

LINE@にて株師孔明から非公開情報や最新情報を受け取る!

・株師孔明の投資のイロハ
・今買うべき株式材料銘柄情報
・仮想通貨の最新ニュース
・特定仮想通貨の買い増しサイン など

1日2つ、ブログランキングの応援クリックも宜しくお願いします。
 にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ