2018年に上がる株【テンバガー・注目銘柄を予想】

投資家の諸兄姉よ、あけましておめでとう。

2017年は、株式投資を通して色々な人と出会い、様々な経験をさせてもらった。そして何より、当ブログの読者に支えられた一年だったといえよう。そんな皆様のご健勝とご多幸をお祈りするとともに、 本年もより一層のご愛顧の程、株師孔明を宜しくお願い申し上げます。

さて、2018年も大発会は1月4日から始まりを迎える。年末からこの正月にかけてこたつで暇を持て余している人や、大発会に向けて成長株を模索している人など、多種多様ではあると思うが、そんな方たちに今年も私の見解と考察に基づき選定した2018年期待の成長株候補を紹介していきたい。2018年に上がる株とはどんな株なのか、共に考察しよう。

※去年「2017年に上がる株」の結果はこちら
『2017年に上がる株』の結果と振り返り

2018年に上がる株は

近年、不況はどんどんと解消され、景気は右肩上がりである。

株式市場でも、去年は日経平均株価が約26年ぶりの高値となり、2万3000円を超えたのは記憶に新しい。

そういった背景からも、2017年の株式市場は好調であったと言える。

この流れが本年2018年も継続すれば、株式投資で利益を上げるチャンスが大きいことになる。

しかし、株式市場全体が値上がりする中で、株価指数よりも値上がり率の高い銘柄でより大きな利益を上げたいという願望は、投資家なら当然のことだ。

となるとやはり、個別銘柄への投資でさらに大きな利益を狙いたいところだ。

投資候補となる銘柄

狙うべきは、景気回復の継続や政策が追い風となる銘柄が投資候補となる。

また、自動運転技術に関わるビジネスを展開する企業など、高い成長性が見込める事業に取り組んでいる銘柄も株価急騰のチャンスが大きい

加えて、市場は拡大しているもののコスト増により業績や株価が伸び悩んでいた銘柄については、コストを上回る利益を確保できた段階で株価が大幅高となりやすい

2017年には必ずしも高評価でなかった銘柄にもしっかりアンテナを張っておくことが大事になってくる。

景気回復が続けば個人消費の伸びに期待

日本では緩やかな景気回復が続いている。

リーマン・ショック後の落ち込みが激しかったため景気回復の実感が持てていない層が少なくないほか、個人消費の伸びも緩慢だ。

しかし、日経平均株価が25,000円~30,000円に向かえば株価上昇に伴う消費意欲増加に期待できる。

また、最低賃金が引き上げられているほか、企業が賃上げを継続したり、働き方改革を進めたりすればさらに個人消費の伸びに期待感が高まる。

株式市場の好調から証券株はもちろん、個人消費増の恩恵を受けられる小売り株や外食銘柄にも注目しておきたい

そして、所得控除の見直しによりフリーランスが恩恵を受けることになりそうだ。

柔軟な働き方を指向する人々が増えれば、フリーランスが活用できるサービスを提供する企業に恩恵が波及する可能性がある

働き方改革に関しては、幼児教育無償化など教育分野への政府投資が活発化することで子育て関連銘柄にも資金流入が見込める

自動運転などの先進技術の進展や、皇室関連の銘柄にも要注目

2017年はAIや仮想通貨などの関連銘柄で大幅上昇するものが見られた。

2018年はこれらの関連銘柄にも引き続き期待できるだろう。

また、自動運転技術の活用実験がさらに進み、市場に大量の自動運転車が投入される見通しが立てば、自動運転関連銘柄もにぎわうだろう

そして、皇室関連のニュースにも注目しておきたい。

皇族のウェディングのほか2019年には天皇陛下の生前退位が予定されており、皇室関連銘柄の上昇にも期待できる

さらに、インターネット通販の増加により人材不足が深刻な物流ビジネスも、値上げやサービスの整理が浸透すれば業績が上向きやすくなる。

2017年にはやや苦戦したテーマについても、売上や利益率を高めるための取り組みを進めていた銘柄については2018年に株式市場が高評価に転ずる可能性があるだろう

2018年に上がる株【注目銘柄】

2018年に成長株となる可能性を秘めた銘柄を中心に、『2018年に上がる株』として、いくつかの期待銘柄を紹介していきたい。

【7946】光陽社

<新元号関連銘柄>

まずは印刷ビジネスに取り組んでいる光陽社だ。

天皇陛下の生前退位に伴い元号が変更されることから、カレンダー等の印刷製品の需要が高まる可能性がある。生前退位は2019年の予定だが、新元号は退位日よりも先に発表されることから元号発表に伴う株価上昇に期待できる。

2018年に上がる株の筆頭候補として、まずは確実に注目しておきたい銘柄だ。

株価予想 3,200円以上

【4063】信越化学工業

<シリコンウエハー関連銘柄><半導体関連銘柄>

シリコンウエハー関連銘柄として注目しておきたいのは、高精度のウエハーを手がける信越化学工業だ。

2017年好調であった半導体セクター。2018年はさらに半導体メモリーが需要が増えると思われ、そうなると必然的にシリコンウエハーの需要も高まる。すでにメモリーチップが品薄でシリコンウエハーの供給がさらに足りなくなっていることからも、ウエハーの価格上昇が続けばさらなる株価上昇は見込めるはずだ。

株価予想 16,000円以上

【6177】AppBank

<ソーシャルメディア関連銘柄>

ソーシャルメディア部門からは、iPhoneの情報総合サイト「AppBank.net」を運営しているAppBankに注目したい。

iPhone情報もさながら、ゲーム攻略の動画配信なども行っており、記事や動画で紹介されたアイテムが購入できる AppBank ストアによる販売で利益を生む形態が特徴的だ。

近年、スマホゲームアプリによる経済効果は大きく、その恩恵を大きく受けられるものと考えられる。

株価予想 1200円以上

【2749】JPホールディングス

<子育て支援関連銘柄>

子育て支援関連銘柄からは、JPホールディングスに注目している。

保育施設の運営など子育て支援ビジネスに取り組んでいる事から、政府による子育て支援策の強化が進められれば、施設数の増加や料金の引き上げ等で業績を伸ばしやすくなる。

2018年は売上高の右肩上がりが続けば投資拡大や株主還元の強化に伴う株価上昇にも期待できるだろう。

株価予想 670円以上

【4667】アイサンテクノロジー

<自動運転車関連銘柄>

測量ソフトの開発等に取り組んでいるアイサンテクノロジーも、2018年に上がる株として注目している。

自動運転車関連銘柄は、すでに2017年も軒並み成長していたテーマ株。精度の高い位置情報計測システムを提供できることから、自動運転車が普及すれば大きな恩恵を受けられる。

自動運転車は日本でも公道での実験がスタートしており、2018年にはさらに実用化に向けて前進すると考えられる。

株価予想 6,200円以上

【6863】ニレコ

<EV関連銘柄><電池関連銘柄>

EV関連銘柄として注目しておきたいのは、EV向けの2次電池などに強みのあるニレコだ。

将来的に、全世界でガソリン車が廃止になっていく事が決まっている事からも、今後EV(電気自動車)の普及は更に加速していくのは絶対的で、電池の需要はさらに高まるはずだ。また、同社は大株主に<5713>住友金属鉱山がおり、電池関連としてこちらの動きも連動して注意しておきたい。

株価予想 3,500円以上

【6326】クボタ

<インド関連銘柄><農業関連銘柄>

最後は、トラクターなど農業機械を手がけるクボタだ。

クボタは小型トラクターなどで北米市場でも売り上げを伸ばしており、2025年までをメドに小型建機を8機種に増やすという。

また、インドでの拠点も考えており、現地のニーズに伴った自動運転トラクターなどをすでに投じている。今後はインドでの成長を重点的に考えている事から、今年はインド関連銘柄としても注目していけそうだ。

株価予想 3,100円以上

2018年のテーマ株を探そう

twenty-seventeen-1861357_1280

上記でいくつか個別銘柄をピックアップしたが、一年を通して株式投資でプラス収支を出すためには、常にトレンドであるテーマ株を把握し、急騰前に仕込んでおく事が肝要といえる。

2018年に資金が流入しやすそうな可能性のあるテーマもいくつか紹介しておこう。

2018年 注目のテーマ株リスト

少々多いが、2018年に一度は賑わいを見せるであろうテーマ株だ。

2018年に上がる株【注目銘柄とテーマ株紹介】まとめ

2018年もいよいよ始まりを迎え、去年の市場の好調さを今年も引き継いでいる可能性は十分にある事から、大発会から気が抜けない。

また、今年は仮想通貨が市場を賑わせる可能性もかなり高い。

ビットコインをはじめ、リップルやビットコインキャッシュなど、各仮想通貨からの関連銘柄もきっちり押さえておきたい。

投資成功のカギは、こういった先読みから、いち早くテーマ株を察知して、関連銘柄を探り、その銘柄の材料を入手する事であると私は考えている。

そんな成長が期待できるテーマ株情報(2018年に上がる株)を、今年もできるだけ早く、みなさんに情報提供できたらと思う。

投資家の諸兄姉よ、今年も株師孔明を宜しくお願い致します。

関連記事とブログランキング

LINE@にて株師孔明から非公開情報や最新情報を受け取る!

・株師孔明の投資のイロハ
・今買うべき株式材料銘柄情報
・仮想通貨の最新ニュース
・特定仮想通貨の買い増しサイン
・国内で一般公募されないICOの参加枠情報 など

1日2つ、ブログランキングの応援クリックも宜しくお願いします。
 にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ