初心者必見!今から始める仮想通貨投資

数年前に比べ、『仮想通貨』という言葉は比べ物にならないほど浸透し始めている。

そこで今回は、仮想通貨投資を始めたばかりの方、これからはじめようと思っている方をターゲットに、仮想通貨投資はどんなものなのか?どうやって投資していくべきなのかを、詳しく解説しておきたい。

仮想通貨投資をはじめる前に

仮想通貨とは?

仮想通貨とは、電子通貨の一種で、ビットコインに代表されるデータで暗号化された暗号通貨だ。

私たちが日常生活で使用する日本円は、日本銀行が発行しており、マイナス金利政策などの金融政策を取ることで中央銀行が市場に出回る量を調節することができる。

一方、仮想通貨は発行が可能な上限量こそ決まっているものの、中央銀行による金融政策で龍柱量をコントロールすることはできない。

そういった事からも、日本円や米ドルなどの通貨と異なる仮想通貨は、手軽な決済手段としての将来性に期待されている。

現在は現金のほか、クレジットカードや電子マネーといった決済手段があり、仮想通貨ブロックチェーンという技術を活用して取引が記録され、決済にかかるコストがクレジットカードなどより安い。

将来的に普及の可能性があることからも、仮想通貨自体が投資対象としても注目を集めている

仮想通貨投資のポイント

仮想通貨投資で利益を狙うためのポイントの1つは、仮想通貨の多くが発行量の上限を定めている点だ。

発行される仮想通貨の量が増えれば増えるほど新規発行できる量が減っていき、希少性は高まる。

日本円や米ドルのように、中央銀行の政策次第で際限なく発行できるわけではない点は、仮想通貨投資を始める前に知っておきたいところだ。

また、仮想通貨は値動きが激しいという点もひとつのポイントだろう。

仮想通貨は、決済に使用されるケースももちろんあるが、まだまだ投資対象としての側面が強いといえる。

そのため、貿易決済などに使われる外貨を取引するFXと比べても価格が短期間で変動しやすく、短期間で大きな利益を上げられるチャンスがある。

現在最も有名な仮想通貨であるビットコインも、発行が開始された頃に購入していた投資家は、今すでに億万長者になっていることになる

仮想通貨投資のメリット

仮想通貨投資のメリットとしては、一番大きな点は短期間で大きな利益を狙うことができる事だろう。

そのため、元本が少なくても高い利益率を達成することで資産を大きく増やせるチャンスがある。

FX取引ではレバレッジと呼ばれる仕組みを活用する必要があるが、仮想通貨投資ではレバレッジ取引をしなくとも、まだまだ知名度の低い仮想通貨に投資しておくことで、1年程度の期間でも資産が急増する可能性があるのが魅力だ

例えば、ビットコインは初めて取引がされた2009年当初、1BTC=0.09円ほどであった。

しかし、今のビットコインは1BTC=約90万円(※2018年4月16日現在)となっている。

この時、試しに1,000円分のビットコインを買ってみようと保有した場合、約11,000BTCを持っていた事になるが、それが9年の時を経て、11,000BTC×90万円で、1,000円が100億円になる計算だ

なんとも末恐ろしい話だ。

代表的な仮想通貨をチェック!

仮想通貨投資がどういうものか少しわかったところで、実際に仮想通貨への投資を検討してみたい。

代表的な仮想通貨をいくつか紹介しよう。

ビットコイン(BTC)

まず、最も有名な仮想通貨ビットコインだ。分裂騒動などを経て価格が上昇し、「ビットコイン長者」と呼ばれる投資家も現れたのは記憶に新しい。「ひとまず信頼できる仮想通貨を買ってみたい」という人は、このビットコインを買ってみるのが良いだろう。

イーサリアム(ETH)

ビットコインの他に人気の高い仮想通貨投資として挙がるのがイーサリアムだろう。ビットコインは値上がりしすぎて反落リスクが不安、という投資家はイーサリアム投資にチャレンジしてみるのもありだ。

イーサリアムに関する更に詳しい記事は⇒こちら

その他の仮想通貨

その他、今勢いのある通貨は以下。

もちろん上記以外にもまだまだ様々な通貨があり、将来的に価格上昇余地が大きい通貨はいくらでもあるので、自分だけのイチオシ通貨を探すのも一つの楽しみだ。

仮想通貨を買ってみよう

通貨を買う前にしておく準備

仮想通貨取引をするには、仮想通貨専用の口座が必要となる。

そしてその口座は仮想通貨取引所で作る事ができ、その取引所内で実際に仮想通貨の売買を行う事となる。

という訳で、通貨を買う前にしておく準備は以下の流れ

① 仮想通貨取引所で口座開設

口座開設は至って簡単で、所要時間が短いところだと最短3分ほどで開設が可能だ。

そして、国内には現在、様々な仮想通貨取引所があるが、金融庁から仮想通貨交換業者としてしっかりと登録されている、安心して使える私オススメ取引所は以下の6つだ。

QUOINEX

DMM bitcoin

手数料が安いZaif

GMOコイン

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

口座開設の際に必要なものは、基本的にどの取引所でも、メールアドレスと、免許証などの本人確認書類などとなる。

口座開設方法は上のバナーリンクからページに飛べば、私がそれぞれの口座開設方法を詳しく書いているので、それを読んでいただきたい。

② 日本円を口座に入金

口座開設が完了したら、実際に日本円を口座に入金してみよう。

購入前の準備はこれで完了だ。

実際に仮想通貨を購入してみよう

口座に入金した日本円で、実際に「現物」で仮想通貨を購入しよう。

※通貨の購入方法には「現物取引」と「レバレッジ取引」があるが、初めは「現物」での購入を強くオススメする。

リンク:現物取引とは?レバレッジ取引とは?~今さら聞けない仮想通貨の基礎知識編~

購入方法は取引所で多少異なるが、基本的には以下の流れ。

① 購入したい通貨を選択

② 購入量を入力(その時購入にかかる日本円が表示)

③ 購入をクリックして、購入は完了

至って簡単な作業だ。

ここでひとつ通貨購入に関してアドバイス。

それぞれの通貨で価格が違うわけだが、例えば今現在ビットコインの価格は1BTC=約90万円(2018年4月16日現在)となっている。

となると、90万円がないとビットコインが買えないのか?というとそうではない。

仮想通貨は通貨ごとに最低購入単位というのが設定されており、ビットコインで言えば0.0001BTCから購入できる。

つまりおよそ90円からBTCを購入できるという事だ。

仮想通貨投資は決してハードルの高い事ではない。

仮想通貨投資の基本は、安く買って、高く売る。

投資において利益を上げるには、安く買って、高く売るのが基本だが、仮想通貨でもそれは同じだ。

しかし、株とは違い、仮想通貨では価格そのものだけでなく、手数料やスプレッドなどから、少しでも安く購入する手段というのはある

どの通貨をどの取引所で買えば安くなるなど違いもあるため、まずはどの通貨を買いたいのかを決めてから、取引所を選ぶのもいいだろう。

手数料やスプレッドに関する説明はこちらの記事を参考にしてほしい

リンク:販売所と取引所の違いとは?~今さら聞けない仮想通貨の基礎知識編~

仮想通貨投資の始め方 まとめ

仮想通貨投資は、短期間で大きな利益を狙える点が魅力といえる。

ハイリスク・ハイリターンで知られるFX取引と比べても、リスクなく、さらに高い利益を狙えるチャンスがある

仮想通貨取引に少しでも興味を持ったのなら、まずはほんの少しの量の仮想通貨を保有してみて、どんな値動きをするのか、自分の目で確認してみるのもいいだろう。

現物取引で購入さえすれば、万が一どんなに通貨の価格が安くなったとしても、購入するのにかかったお金以外に資産がなくなる事は無い。

1,000円が100億円になった事例もある事から、少量の仮想通貨の保有だけでも夢は無限に広がるはずだ。

関連記事とブログランキング

LINE@にて株師孔明から非公開情報や最新情報を受け取る!

・株師孔明の投資のイロハ
・今買うべき株式材料銘柄情報
・仮想通貨の最新ニュース
・特定仮想通貨の買い増しサイン
・国内で一般公募されないICOの参加枠情報 など

1日2つ、ブログランキングの応援クリックも宜しくお願いします。
 にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ