投資顧問

Binance(バイナンス)の特色・取扱通貨・口座開設方法・購入方法

Binance(バイナンス)は、ビットコインといった代表的な仮想通貨はもちろん、日本の仮想通貨取引所と比べて幅広い銘柄を取り扱っていることからも、取引高世界第一位を獲得している王手の取引所だ。

ここでは、Binance(バイナンス)の特色や取扱通貨の種類、そして口座開設方法から購入方法までしっかりと解説していく。

バイナンスの特色

Webサイトが日本語訳に対応(※現在未対応 6/7現在

バイナンスは中国の仮想通貨取引所だ。そのため、利用するとなると言語面での不安を感じる人も少なくないだろう。

しかし、バイナンスではWebサイトが日本語訳に対応している。そのため、中国語や英語が苦手な投資家でもバイナンスを利用して仮想通貨投資を始めやすい。

仮想通貨市場においては、日本人の存在感が決して小さくない。そのため、今後もバイナンスが日本人投資家を引き付ける目的でWebサイトの日本語訳を継続すると考えられる。

海外では仮想通貨取引を規制するところも少なくないが、日本は現在のところ仮想通貨取引に比較的寛容である。

今後も仮想通貨取引に参入する日本人投資家が増えれば、バイナンスを含めた海外仮想通貨取引所も日本人向けの対応を強化するだろう

取り扱っている仮想通貨の種類が豊富

バイナンスの強みは、何といっても購入できる仮想通貨の種類が多いことだ。

仮想通貨投資により短期間で大きな利益を狙うためには、マイナーな仮想通貨に投資して急騰を狙う方法がある。

しかし、日本の仮想通貨取引所では比較的メジャーな仮想通貨が取り扱いの中心だ。そのため、よりマイナーな仮想通貨に投資したいなら、バイナンスを利用すると良いだろう

ICO も積極的に手掛ける

バイナンスではすでに多数の仮想通貨を購入できるが、今後も取引可能な通貨数を増やす方針だ。

ICOで発行された仮想通貨の一部も上場させるなど、仮想通貨のラインナップ強化を進めている

しかし、数多くの銘柄を上場させるとなると本当に人気化するのか不安を感じる投資家もいるだろう。

だがバイナンスでは、上場銘柄が最低限の人気を確保しやすいよう、新規上場銘柄は投票によって決定している。

そのため、新たに登場したマイナーな仮想通貨であっても、将来性に期待する投資家が一定数いると言えるため、リスクは最小限に抑えられている

世界的に人気の仮想通貨取引所

バイナンスはその豊富なコインの種類、特にアルトコインが豊富な事や、ICO案件のトークンが取り扱われている事などからも、世界的にも人気のある仮想通貨取引所だ。

その加熱から、「新規ユーザー登録を一時的に止める」といった発表がされた事もあるほど、その利用者は全世界で日に日にユーザーが増えている。

東京に進出するとの噂もあるなど、今後もその展開はさらに大きくなる事が予想できることからも、予め口座開設だけでもしておくのは妥当かもしれない。

バイナンスで購入できる仮想通貨の種類

取り扱っている仮想通貨一覧

バイナンスでは、ビットコインを含む、130種類以上の仮想通貨が購入可能となっている。

ADA、ADX、AE、AION、AMB、APPC、ARK、ARN、AST、BAT、BCH、BCD、BCN、BCPT、BLZ、BNB、BNT、BQX、BRD、BTG、BTS、CDT、CHAT、CLOAK、CMT、CND、CTR、CVC、DASH、DGD、DLT、DNT、EDO、ELF、ENG、ENJ、EOS、ETC、ETH、EVX、FUEL、FUN、GAS、GNT、GRS、GTO、GVT、GXS、HSR、ICN、ICX、INS、IOST、IOTA、KMD、KNC、LEND、LINK、LOOM、LRC、LSK、LTC、LUN、MANA、MCO、MDA、MOD、MTH、MTL、NANO、NAV、NCASH、NEBL、NEO、NULS、OAX、OMG、ONT、OST、PIVX、POA、POE、POWR、PPT、QLC、QSP、QTUM、RCN、RDN、REP、REQ、RLC、RPX、SALT、SKY、SNGLS、SNM、SNT、STEEM、STORJ、STORM、STRAT、SUB、SYS、THETA、TNB、TNT、TRIG、TRX、TUSD、VEN、VIA、VIB、VIBE、WABI、WAN、WAVES、WINGS、WPR、WTC、XEM、XLM、XMR、XRP、XVG、XZC、YOYO、ZEC、ZEN、ZIL、ZRX

今後もさらに取り扱われる通貨は増えると思ってていい。

代表的な仮想通貨

中でも、代表的な仮想通貨は以下。

Binance(バイナンス)の口座開設方法

バイナンスでの口座開設は、簡単な手続きで実施可能だ。文章でしっかりと説明しておくがこちらの動画で直感的に開設方法を知るのもてっとり早い方法だ。

① 口座開設の下準備

バイナンスでの口座開設は、メールアドレスで行うことができる。口座開設に費用はかからないため、まずは口座開設のためにメールアドレスを用意しよう。

② かんたん入力ですぐさま完了

バイナンスの公式Webサイトにアクセスし、右上にある「Register」をクリックしたら、登録画面になるので、メールアドレス、パスワード、生年月日を入力して、「Register」ボタンをクリック。直後に送られてくるメール内のURLをクリックすれば登録完了となる。

③ 二段階認証を有効化

登録が完了したら、取引を本格化させる前に二段階認証を有効化しておきたい。二段階認証を有効にすることにより、仮想通貨取引で得た利益を奪われてしまうリスクを抑えることができる。仮想通貨取引では当初は想定していなかったほどの高額の利益が出るケースもある。せっかくの利益をアカウント管理の甘さで失うことのないよう、あらかじめリスク管理を強化しておこう。

Binance(バイナンス)の使い方

Binance(バイナンス)では、日本円の入金ができないため、ビットコイン建てかイーサリアム建てで、通貨を購入する事となる。

購入までの手順は以下。
(※先ほどの動画後半にも入金手続きが紹介されているので、そちらも参考にするといいだろう)

入金方法

① ログインをしたら、画面上部の「資産」をクリックし、さらに「預金の引き出し」をクリックする。

② 通貨一覧が表示されたら、ビットコイン(BTC)かイーサリアム(ETH)の列の「預金」ボタンをクリック。

③ 送金用のアドレスが表示されるので、すでにお持ちの国内取引所から、そのアドレスを使ってバイナンスに送金。(※まだ国内取引所の口座をお持ちでない方は、ビットフライヤーZaifといった取引所でまずは口座開設をおこなおう)

④ 出金が完了するとおおよそ10~15分程度でバイナンスに残高が反映。

購入方法

① ログインをし、ビットコイン建てで購入する場合は「BTC Market」を、イーサリアム建てで購入する場合は「ETH Market」をクリック。

② 表示される通貨一覧の中から、購入したい銘柄をクリック。

③ 数量の欄にて購入数量を記入し、購入ボタンをクリック。

④ 購入完了。

Binance(バイナンス) まとめ

バイナンスは時価総額の低いマイナーな仮想通貨を取り扱っている事からも、急騰を狙った投資が可能だ。

今後、国内の取引所で上場しそうな通貨を、予めバイナンスで少しでも保有しておけば、上場の際に値が上がる事になりやすいので、そういった通貨を購入するためにバイナンスを使う事もひとつの手となってくるだろう。

関連記事とブログランキング

LINE@にて株師孔明から非公開情報や最新情報を受け取る!

・株師孔明の投資のイロハ
・今買うべき株式材料銘柄情報
・仮想通貨の最新ニュース
・特定仮想通貨の買い増しサイン
・国内で一般公募されないICOの参加枠情報 など

1日2つ、ブログランキングの応援クリックも宜しくお願いします。
 にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ