DMM Bitcoin の評判・取扱通貨・手数料・登録方法・使い方<徹底解説>

DMM Bitcoin(ディーエムエムビットコイン)は、FX会社などとしても知られるDMM グループが展開する仮想通貨取引所だ。

元々FX取引サービスとしても有名なDMMとあり、利用において様々な特徴やメリットとなる魅力がある。

ここではそんなDMM Bitcoinの特徴や評判・取扱通貨・口座開設方法、購入方法などを詳しく紹介したい。

DMM Bitcoinとは?

DMM Bitcoin は2018年1月に開設された仮想通貨取引所だ。

金融庁による仮想通貨交換業者としての認可も、2017年12月12日に登録済。

会社名
株式会社 DMM Bitcoin
登録番号 関東財務局長 第00010号(仮想通貨交換業)
資本金 12億9000万円
設立日 2016年11月7日
本社所在地 東京都中央区日本橋2-7-1東京日本橋タワー10階
代表取締役
田口 仁

ネムの流出事件を引き起こしたコインチェックは、みなし業者だった事からも金融庁への登録済みである点は安心材料と言えるだろう。

また、DMMグループという大きなグループである事から、企業規模の大きさ、経営面の安定などはお墨付きであり、セキュリティ面やサポート面を踏まえても、資産を安心して預ける事ができる。

DMM Bitcoin の特徴

DMM Bitcoin の特筆すべき特徴は以下。

アルトコインでレバレッジ取引が可能

DMM Bitcoinでは、複数のアルトコインがレバレッジ取引で入手できる。

アルトコインのレバレッジ取引といえば、過去は国内の取引所ではあまり取り扱われていなかった。

現在、DMM Bitcoin では全7種類の通貨がレバレッジ取引ができる。

これだけ多くの種類の通貨でレバレッジ取引ができるのは DMM Bitcoinだけだと言えるだろう。

各種手数料が無料

DMM Bitcoin では、取引手数料、出金手数料、ロスカット手数料など、様々な手数料が無料となっている。
※ レバレッジ手数料や送金手数料(マイナーへ支払う手数料)は除く

特に、イーサリアムが手数料無料で取引が行えるのは非常にありがたいサービスといえる。

近年、イーサリアムは他の取引所などでもアルトコインでありながらビットコインと同等に近い取り扱いが行われており、ビットコイン建てと同じく、海外の取引所ではイーサリアム建てで通貨が取引できたり、ICOに参加できたりもする。

これもDMM Bitcoin にしかないメリットである。

画面が見やすく簡単でわかりやすい取引ツール

FX取引業者としても人気を誇る DMM らしく、取引ツールが使い易く実用性に長けている。

チャートもテクニカル分析に使えるツールをたくさん備えており、上級者も大いに利用できる。

また、土曜日・日曜日も含めて24時間のサポート体制が整えられている点も安心だ。

【PC版取引システム】

 取引に必要な機能・情報が集約。

 レイアウト変更も自由自在。オリジナル仕様にカスタム。

 充実のチャート機能。チャートから注文も可能。

【スマホ版取引システムアプリ】

iOS、Androidに対応したネイティブアプリで、PC版取引システムに匹敵する機能がアプリに搭載。

チャートを見ながらの「ワンタッチ」発注も可能。

その他の大きな特徴

  • ウォレット口座と取引口座を分けて管理している
  • 国内FX口座1位の会社が運営しており安心(DMM.comグループの運営のため財務力もあり安心といえる。多額の資産を預けることになるのでこうした資金力も重要である)
  • 差額決済や証拠金維持率80%で守られている
  • 取引レバレッジ取引が5倍
  • 口座開設が簡単。(本人確認書類の郵送も数日で送られてくる)
  • スマホアプリで外出先でもチェック可能
  • 土日含む24時間サポートがついていてLINEにも対応(問い合わせフォームなど土日含め24時間しっかりサポートしている)

DMM Bitcoin のセキュリティ

コールドストレージによるオフライン保管

DMM Bitcoin では、ユーザーの資産を「コールドストレージ」にて保管している。

インターネット上で仮想通貨を管理していれば、攻撃を受けるリスクにさらされてしまうが、ネットに接続されていないオフライン環境で仮想通貨を保管することで、比較的外部からの攻撃に強くなる。

2段階認証がより細かく設定

どこも取引所でも、セキュリティに特化していれば比較的「2段階認証」は施されている。

しかし、DMM Bitcoin の2段階認証では、より細かな設定が多く揃っており、全て設定するとより強固なセキュリティをかけることができる。

大事な資産を守るためにも、この2段階認証システムを使用し、自ら不正アクセスを防ぐ事が可能だ。

資産の分別管理

DMM Bitcoin では、ユーザー用の資産口座と、DMM Bitcoin の資産口座が別々となっている。

そのため、ユーザーから預かった仮想通貨と、DMM Bitcoinが保有する仮想通貨はしっかりと分別されて管理されている。

SSL暗号化通信

SSL暗号化通信を行っており、インターネット上でやりとりされるデータが暗号化されている。

そのため、入力された個人情報が、悪意のある第三者に「盗聴」やデータの「改ざん」などをされることなく、安全に通信することができる。

DMM Bitcoinで取引ができる通貨

DMM Bitcoinでは、全部で7種類の仮想通貨が取引できる。

  

現物取引ペア

通貨名 JPY BTC
ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)

レバレッジ取引ペア

通貨名 JPY BTC ETH
ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
リップル(XRP)
ビットコインキャッシュ(BCH)
ライトコイン(LTC)
ネム(XEM)
イーサリアムクラシック(ETC)

DMM Bitcoin の各種手数料一覧

現物取引における手数料

取引手数料:無料
法定通貨(日本円など)による入出金:無料
仮想通貨の入手庫:無料(※)

レバレッジ取引における手数料

取引手数料:無料
法定通貨(日本円など)による入出金:無料
仮想通貨の入手庫:無料(※)
レバレッジ手数料:建玉を翌営業日に持ち越した場合のみ、建玉金額の0.04%/日

※ 仮想通貨の入手庫(送金手数料)は無料であるが、マイナーへ支払う手数料がかかる。(この手数料により送金時間の長さが変わってくる)

マイナーに支払う手数料は送金時に必ずかかる。
・ビットコイン送金手数料「0.0008〜」
・イーサリアム送金手数料「0.001」
送金依頼は24時間365日可能、送金時間は約3営業日以内。

(ビットコインやイーサリアムは比較的送金に時間がかかることが多い)

DMM Bitcoinはこんな人にオススメ

以下のような利用をしたい人はDMM Bitcoin を強くオススメしたい。

  • アルトコインでのレバレッジ取引を豊富に行いたい方
  • 頻繋に売買を繰り返してデイトレードの要領で利益を上げたい方(手数料が無料)
  • 見やすい画面でチャート分析をしながら投資をしたい方
  • すぐさまにでも仮想通貨投資を始めたい方(口座開設が速くて簡単)

DMM Bitcoin は、ビットコインやイーサリアムが日本円で現物取引できるので、初心者の方でも比較的はじめやすい取引所だ。

その上、FX取引にも特化してるため、中級者以上の人でもそのまま使い続けられる。

上記の点からも、幅広く投資家に利用される取引所だと言えるだろう。

DMM Bitcoin の登録方法

DMM Bitcoin の口座開設は、簡単な手続きで可能だ。

ここではその手順をわかりやすく解説しよう。

※スマートフォンから登録をしたい場合は、こちらの動画をチェック ⇒ 動画1動画2

① メールアドレスでかんたん申請


DMM BitcoinのWebサイトにアクセスし、ページの一番下部にある入力欄にてメールアドレスを入力して送信。

② 届いたメールを確認

直後に DMM Bitcoin からメールが届くので、そのメール本文にあるリンクをクリックして、パスワード設定の画面を表示させる。

③ パスワードを登録

アルファベットと半角数字を交えて、推測されにくい 8~20文字のパスワードを設定入力する。

確認用の欄にも同じパスワードを入力し、「送信する」ボタンをクリック。

④ マイページへ移動

仮口座登録が完了するので、画面中央にある「マイページにログイン」のボタンをクリックして、マイページへ移動する。

⑤ 本人登録設定をおこなう

上部に見える『「未登録」こちらから本登録をおこなってください』という文章リンクをクリックして、口座開設フォームへ移る。

・氏名、生年月日、住所などの個人情報・全32項目を入力

・全5項目の DMM Bitcoin の規約を読み、確認した上で同意のチェックを入れる

上記2つが完了したら、「確認画面へ」をクリック。

ページが切り替わったら再度記入情報を確認し、「申し込む」をクリック。

⑥ 本人確認書類をアップロード

  • 運転免許書
  • パスポート
  • 住民台帳基本カード
  • 在留カード
  • 各種保健証及び住民票の写し

上記のいずれかを画像で用意し、画像をアップロードして「登録する」をクリック。

(※顔写真のない書類の場合は、2点アップロードが必要)

⑦ 携帯番号認証をおこなう

携帯電話番号認証の画面に切り替わったら、「コードを発行する」をクリック。

携帯番号宛にSMSで6桁の認証コードが送られてきたら、そのコードを「認証コード6桁」という欄に入力し、「認証する」をクリック。

⑧ 本登録完了

後日、郵送にて郵便物が届くので、そこに記載されている手順に従って認証コードを認証させたら本人確認手続きが完了し、本登録は完了となる。

このあとは実際に口座に入金をし、仮想通貨取引をおこなおう。

DMM Bitcoin の使い方<入金・購入方法>

日本円の入金手順

DMM Bitcoin で日本円をアカウントに入金する方法

  • 銀行振込入金
  • クイック入金

銀行振込の場合

① マイページにログインし、左メニューの「入金・入庫」から「日本円入金(銀行振込)」を選択

② 表示された銀行の口座へ、入金したい金額分の日本円を振り込み

手数料は実費負担なので、「りそな銀行」や「住信SBIネット銀行」を利用するとお得だ。

また、振込に利用する銀行口座は必ず DMM Bitcoin に登録した名義人と同じ名義の銀行口座を利用する。

異なる名義人の口座で振り込みをおこなった場合、入金が反映されないなどケースがあるため、注意が必要だ。

クイック入金の場合

① マイページにログインし、左メニューの「入金・入庫」から「日本円入金(クイック入金)」を選択

② 利用したい金融機関を選択

③ 「銀行名」と入金したい金額を入力し、「入金手続きを開始する」をクリック

④ 申請内容を確認したら「金融機関にログインする」をクリック

⑤ 指定した金融機関のページに移動するので、案内に従って入金処理を行う

住信SBIネット銀行であれば、取引所と提携しているため、入金手数料が無料になる。

仮想通貨の購入手順

ここでは現物取引のビットコイン/イーサリアムを日本円で購入する方法を紹介する。

① マイページにログインし「トレード口座」をクリック。

② 画面左上の「メニュー」を選択し「現物注文(購入・売却)」をクリック。

③ 「現物BTC/JPY」または「現物ETH/JPY」を選択。

④ 注文タイプから「ストリーミング」を選択。

⑤ 数量を入力し、「買」ボタンをクリック。

⑥ 購入完了。

※ 指値で購入する場合は、注文タイプから「指値」を選択し、金額と数量を入力し注文実行すればOK

DMM Bitcoin まとめ

個人的な意見としては、現状のみで判断するのではなく、先を見据えて「DMM Bitcoin」には登録しておいた方が良い取引所だと思っている。

とうのも、やはりDMMグループという大きなグループ企業であることからも、今後さらなるアップデートがなされる可能性があるからだ。

「それならアップデートされてから登録すればいいのでは?」

という人もいるかもしれないが、過去にもビットフライヤーや Zaif などで、申し込みが殺到し新規登録をストップさせていた事例がある。

そういった事も踏まえ、確実に口座開設ができるうちに登録だけでも済ませておく事を個人的にはオススメしたい。

関連記事とブログランキング

LINE@にて株師孔明から非公開情報や最新情報を受け取る!

・株師孔明の投資のイロハ
・今買うべき株式材料銘柄情報
・仮想通貨の最新ニュース
・特定仮想通貨の買い増しサイン
・国内で一般公募されないICOの参加枠情報 など

1日2つ、ブログランキングの応援クリックも宜しくお願いします。
 にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ