投資顧問

Zaif(ザイフ)の特長と口座開設方法<徹底解説>

Zaif(ザイフ)は、国内の仮想通貨取引所で、最も取引量が多いと言われる3大取引所の1つだ。とにかく手数料が安い事でも有名であり、運営しているテックビューロ社は独自の仮想通貨『COMSA』も発行しているなど、仮想通貨投資をおこなう上で、絶対的に口座開設しておきたい取引所のひとつと言えるだろう。

ここでは、アカウントの作成方法から、日本円でのビットコインの購入方法まで、わかりやすく解説していく。

Zaif(ザイフ)とは?

Zaif(ザイフ)は、暗号通貨技術とブロックチェーン技術を活用したサービスやソフトウェアを提供しているテックビューロ株式会社が運営している。

国内の取引所としては一番の歴史を持っている取引所のため、当然、金融庁にも仮想通貨交換業者として登録されており、安心のできる仮想通貨取引所だ。

Zaif(ザイフ)の特長

他の仮想通貨取引所と比べ、Zaif(ザイフ)はどんな点に特徴があるのか、5つのポイントを挙げてみた。

① 手数料がとにかく安い

『安い』というか、『むしろもらえる』と言った方がわかるだろうか。

通常、通貨の取り引きの際、取引手数料が少なからずかかるわけだが、Zaif(ザイフ)はこの手数料が、通常は-0.01%、キャンペーン中であれば-0.05%と設定されている

つまり、手数料がかかるどころか、むしろ通貨取引をするのに、少し通貨の価格が安くなるという事になる。

他社ではたまに手数料無料というキャンペーンをみかける事があるが、手数料がマイナスに設定されているのはここだけだろう。

しかも常時この数字設定でやっている。

② オリジナルのブロックチェーン技術「mijin」を開発

mijinとは、Zaif(ザイフ)を運営するテックビューロ社が開発したオリジナルのブロックチェーン技術だ。

クラウド上や自社データセンター内に、プライベート・ブロックチェーン環境を構築することができ、金融機関や民間企業など様々な分野への応用が期待されている。

また、この『mikin』の新バージョンである通称『カタパルト』が今年に入りβ版のテスト開始され、年内中にもNEMなどといった通貨に実装される予定だ。リップルの2倍、ビットコインの約500倍のスピードで処理できるという『カタパルト』に今後の期待が高まる。

③ Zaif独自のトークンや、『COMSA』も取引が可能

Zaif(ザイフ)を運営するテックビューロ社がmijinと共に手掛けているプロジェクトが『COMSA』だ。COMSAでは、一般企業が手間をかけずにICOができるためのプラットフォーム環境を提供している。

そんなCOMSAのトークンは、2017年10月2日~11月6日の期間でICOを実施された。ここでは、総額109億円を調達したことでも注目を集めた事は記憶に新しい。

このCOMSAが取引出るのは、現在国内ではZaif(ザイフ)だけとなっている。

また、Zaifは独自の『Zaifトークン』も発行している。こちらも当然Zaif(ザイフ)だけの取扱いとなるため、希少性は高い。

④ NEM/XEMを購入するのにうってつけ

Zaif(ザイフ)を運営するテックビューロ社の代表・朝山貴生氏がNEM財団の理事に就任していることからも、国内においてはZiafがNEMに対して一番関わりが深い事取引所だと言える。

以前はコインチェックでネムを取引する際は6%~10%の手数料がかかることもあったというが、その点でもZaif(ザイフ)は0%(maker)で取引が可能だ

国内の取引所でNEMの購入を検討しているのであれば、Zaif(ザイフ)選択する事は圧倒的に有益だと言えるだろう。

⑤ 『Zaifコイン積立』サービスが便利

月々一定額を銀行から自動引き落としをして、コインを自動購入していくサービスだ。これにより、安定した長期運用成果が期待できる。

自動購入できる対象のコインは以下

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ゼム(XEM)
  • モナコイン(MONA)

少額での積み立てが可能なため、貯金箱に小銭を貯めていく感覚で無理のない範囲で仮想通貨投資できるのが魅力といえるだろう。

⑤ 剛力彩芽起用のCMでさらなる利用者増加への期待

人気女優の剛力彩芽さんを起用したCMが、2018年2月16日より全国で放送を開始している。

ビットフライヤーやコインチェック、DMM bitcoinなど、各社有名芸能人の起用で利用者を大きく増やしていたが、今回Zaif(ザイフ)もこのCMにより口座開設者が大幅に増える事が予想される。

口座開設の申請が多数寄せられると、それだけでも本人確認までの手続き処理に大幅な時間がとられる事が予想されるため、口座開設の手続きはとにかく早いうちにしておくに越したことはない

Zaif(ザイフ)で取扱可能な通貨・トークン

Zaif(ザイフ)では、以下の仮想通貨・トークンが取引可能だ。

仮想通貨

  • ビットコイン【BTC】
  • イーサリアム【ETH】
  • ネム【NEM】
  • モナコイン【MONA】
  • ビットコインキャッシュ【BCH】

トークン

  • COMSA(CMS:ERC20/CMS:MOSAIC)
  • ZAIF
  • CounterPartyトークン(XCP)
  • BitCrystals(BCY)
  • Storj(SJCX)
  • フィスココイン(FSCC)
  • ペペキャッシュ(PEPECASH)
  • CAICAトークン(CICC)
  • ネクスコイン(NCXC)

このように、Zaif(ザイフ)では性格の異なる7種の仮想通貨に投資できる。価格急騰を見込めると思った仮想通貨に投資できるほか、7種類すべてに分散投資するといった投資手法も実現可能だ。

Zaif(ザイフ)の口座開設・本人確認の方法

Zaif(ザイフ)で仮想通貨投資を始めたい場合は、口座開設を行う必要がある。簡単な手続きで口座開設を無料で行えるので、手順を確認しておこう。

口座開設の手順

アカウントの登録

① Zaifの公式サイトへアクセス

② ホーム画面右上の「無料会員登録」をクリック。

③ 登録用メールアドレスを入力し、「私はロボットではありません」という項目にチェックを入れたら「登録」ボタンをクリック。

④ その直後に送られてくる確認メールに記載されたURLをクリック。

⑤ パスワード入力し、「利用規約」と「プライバシーポリシー」に目を通したら、「同意して登録」ボタンをクリック。

本人確認

① 「基本情報の登録」をクリックし、必要な基本情報の入力したら「変更」ボタンをクリック。
※Zaifで取引を行うには基本情報の登録が必須のためしっかりと登録しよう

② その後、画面上部に「本人確認が終了していません。」というメッセージがあるので、そちらをクリック。

③ Step1からStep3までの「ユーザー情報登録」の工程があるので、そちらをすべて入力していき、次へ進む。

④ 最後のStep4で、『本人確認書類』をアップロードし、「本人確認の申請をする」をクリックしたら、本人確認の申請は完了となる。

⑤ この後、本人確認が承認されると、先ほど登録したメールアドレスに『本人確認が完了』のメールが届く。

これで口座開設は完了となる。

仮想通貨の購入方法

Zaif(ザイフ)へ入金

Zaif(ザイフ)での入金方法は以下の3種類。

  •  銀行振込
  •  コンビニ決済入金
  •  ペイジー入金

このいずれかから日本円をZaifへ送金する。

仮想通貨を購入

日本円の入金が完了したら、あとは好きな仮想通貨を購入する事ができる。

画面右上にある「簡単売買」、または「取引」で購入が可能だ。

ちなみに、簡単売買は購入手続きが簡単だが、手数料が高いため、「取引」で購入をオススメする。

Zaif(ザイフ) まとめ

Zaif(ザイフ)は、取引手数料も安く、独自のトークンを含めた様々なアルトコインやトークンが購入できる魅力満載の歴史ある仮想通貨取引所だ。

金融庁への登録も済ませているため、当然安心して幅広い仮想通貨への投資を進めることができる。

今後、海外通貨を海外の取引所で購入しようと思った際、ビットコインやイーサリアムといった通貨を、国内の取引所から送金しなくてはいけない事が多々ある。

そういった場合もこのZaifがあれば連携して手続きがかんたんにおこなえる。国内の仮想通貨取引所としては間違いなく口座開設しておきたい取引所のひとつだろう。

関連記事とブログランキング

LINE@にて株師孔明から非公開情報や最新情報を受け取る!

・株師孔明の投資のイロハ
・今買うべき株式材料銘柄情報
・仮想通貨の最新ニュース
・特定仮想通貨の買い増しサイン
・国内で一般公募されないICOの参加枠情報 など

1日2つ、ブログランキングの応援クリックも宜しくお願いします。
 にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ