投資顧問

bitbank(ビットバンク)の評判・取扱通貨・使い方!

bitbank(ビットバンク)は、2014年にサービスを開始させており、他社と比較しても多くのノウハウを蓄積している仮想通貨取引所だ。

最近ではリップルを売買するための取引所としても浸透されつつある。

そこで今回は、bitbank(ビットバンク)の特長や取扱通貨を解説するとともに、口座開設の方法まで細かく解説していく。

bitbank(ビットバンク)とは?

bitbank(ビットバンク) は、2014年5月に設立されたビットバンク株式会社によって運営されている仮想通貨取引所だ。

最近ではコインチェック問題が世間を騒がせているが、2017年9月に金融庁の仮想通貨交換業の認定もしっかりと受けており、そういった点も安心材料と言えるだろう。

またbitbank(ビットバンク)では、板形式と呼ばれる「個人対個人」のトレードに対応しており、市場価格と同じ金額で各仮想通貨を購入することができる。

現物取引のみを扱っていることらも長期保有が可能で、初心者だけでなく上級トレーダーになっても使うことができる。

bitbank(ビットバンク)の特徴

bitbank(ビットバンク)で仮想通貨取引を行うことによって、どのような恩恵を受けられるのか、その特徴を解説していく。

すべての通貨で板取引が可能

「板取引」とは、仮想通貨を保有している個人同士が取引することを意味している。

「板取引」は、確実に取引が可能な「販売所」での売買と比較すると、売買が確実に成立しないという面では安定性に欠けるかもしれない。

その一方で、通常の取引よりも安く購入できる可能性があるのが利点だ

確かに最初は取り扱いにくさもあるかもしれないが、売買にロスがないため無駄なく利益を上げることができる。

初心者にとっては少しハードルが高いと思われがちだが、実際には操作も簡単で、取引所よりも簡単に利益を出すことが可能となっている。

また「ビットコインのみ板取引可能」と銘打っている取引所は多いが、bitbank(ビットバンク)ではすべてのコインで板取引が可能となっている。

また事前に手数料が上乗せされているということもなく、正真正銘の手数料0円のため、大胆な取引が可能となっている。

セキュリティも完備

最近では、コインチェックによる580億円分のXEMハッキング事件があった事もあり、仮想通貨においてはセキュリティ面で厳しい視線がよせられている。

この事件では、コインチェック側が顧客から預かっていたXEMをすべてホットウォレットで管理していたことが事の発端と言われている。

この問題を受けて、bitbank(ビットバンク)はセキュリティに関して万全の対策を行っていると発表

そもそもbitbank(ビットバンク)のホットウォレットには顧客資産は含まれず、自己資産のみを運用しており、このことに関しても金融庁への報告も済んでいるという。

そして顧客から預かっている仮想通貨のすべてはコールドウォレット上で管理していることも明らかにした。

これはインターネット上から完全に切り離した状態で保管されたウォレットを意味しており、マルチシグネチャにも可能な限り対応している。

セキュリティ面でいえばかなり特化した取引所だと言えるだろう。

bitbank(ビットバンク)の取扱通貨

bitbank(ビットバンク)で取り扱われている通貨は以下。

取扱通貨一覧

   
 

【現物取引】
BTC、ETH、XRP、LTC、BCH、MONA

すべての通貨が板取引に対応しているため、ロスなく取引が可能となっている。

またbitbank(ビットバンク)ではリップルの取引に力を入れており、リップルの取引は全体の50%以上を占めていることも特徴として挙げられるだろう

bitbank(ビットバンク)の利用方法

ここでは、bitbank(ビットバンク)の口座開設手順と仮想通貨の購入方法を紹介する。

口座開設

口座開設は非常にシンプルであり、初心者でも簡単に行うことができる。

所要時間は3分程度ということからも、とりあえず登録から始めてみてはいかがだろうか。

アカウントの登録

① bitbankの公式サイトのトップページでメールアドレスを入力

② bitbankからメールが届いたら記載URLをクリック

③ パスワードを設定する(他所で設定しているものは使わない)

④ 住所と名前の入力

⑤ 取引の目的や職業を入力

⑥ 登録内容を最終チェックし、登録ボタンをクリック

口座開設に関してはこれでひとまず完了となる。

実際に、入金・購入する場合は、本人確認もしっかりとおこなおう。

本人確認

① 本人確認書類のアップロード(運転免許証・パスポート・住民基本台帳カード・在留カード)

② 本人確認はがきが届いたら「口座の有証化暗証番号を入力」

③ 本人確認完了。

仮想通貨の購入方法

口座開設が済んだら、実際に日本円を入金し、仮想通貨を購入してみよう。

口座へ日本円を入金

① 管理画面を開いたら、左のメニューから「入出金」をクリック

② 「日本円」の項目の「入出金」をクリック

③ 表示された入金番号をコピーし、記載されている振込先へ振り込み。
(※この際、振り込み名義人の前に入金番号を入力)

④ bitbank(ビットバンク)に入金されているか確認をする

仮想通貨を購入

① 管理画面右上にある、「トレード」をクリック

② 左上のロゴマークのとなりにある部分から、どの通貨を購入するか選択
(※ビットコイン、リップル、モナコイン、ビットコインキャッシュは日本円で購入可能だが、イーサリアム、ライトコインはビットコイン立てでの購入となるため、予めビットコインの購入が必要)

③ 画面右部分にて、「数量」を入力し、「注文」をクリック

これで購入は完了となる。

bitbank(ビットバンク) まとめ

bitbank(ビットバンク)の最大の特徴は、リップルの取引は全体の50%以上を占めていることと、すべての取扱仮想通貨で「板取引」が可能ということに尽きるだろう。

「板取引」に関しては、初心者にとってははじめ取り掛かりづらい印象があるが、仮想通貨投資をおこなっていけば誰しもが必要になり、自ずと対応できるようになるため、予め口座を持っておいてもなんら損な事はない。

手数料が0円ということも大きな利益を上げるためには必要なことなので、複数口座の持ち合わせとしても、登録しておくことを是非オススメしたい。

関連記事とブログランキング
現在、当ブログはブログランキングの上位エントリーを目指している。
主にLINE@登録している方のみを対象に仮想通貨・株に関する特別な情報の配信を行っているが、今後ブログランキングにて一定の期間上位にランクインしたあかつきには、さらなる仮想通貨【ICO情報】ならびに【極秘・仮想通貨情報】を配信していく事をお約束しよう。

人気ブログランキングをクリックして【極秘情報を解禁】

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ にほんブログ村をクリックして【ICO情報を解禁】

1日1回の応援クリックを是非とも宜しくお願いします。

また、完全無料配信のLINE@はこちらから登録が可能だ。ブログだけでは明かせない独自のルートから入手する株情報や最新の仮想通貨情報など、今旬の情報を定期的に配信している。