ビットコインキャッシュ(BCH)の将来性・オススメの取引所・購入方法

2017年8月1日、ビットコインが分裂を果たし、新たな仮想通貨として誕生した「ビットコインキャッシュ(BCH)」。今回はそんなビットコインキャッシュ(BCC)の経緯から今後の将来性、オススメの取引所、そして購入方法まで詳しく紹介したい。

ビットコインキャッシュ(BCH)の概要

ビットコインキャッシュ(BCH) とは、暗号通貨の一つであり、ビットコインのハードフォークである。

ちなみに、ハードフォークとは、該当仮想通貨のルールを変える際、旧ルールを無視し、新ルールに新たに適用することで旧ルールの互換性がなくなること。

つまり、ビットコインの仕様から一新した、全く新しい仮想通貨である事が言える。

ビットコインキャッシュ(BCH)の概要は以下

通貨名 ビットコインキャッシュ
ティッカーシンボル BCH / BCC
公開日 2017年8月1日
発行総数 21,000,000BCH
ブロックチェーン形式 パブリックブロックチェーン
コンセンサスアルゴリズム Proof of Work
公式サイト https://www.bitcoincash.org/

ビットコインキャッシュ(BCH)の特色

ビットコインキャッシュの主な特色は以下となる。

1ブロック 8MB で高度なブロック処理能力

仮想通貨はブロックに取引データを格納し、このブロックをつないで取引情報をまとめている。そのため、仮想通貨は「ブロックチェーン」と呼ばれる。

ビットコインのブロック容量は1MBと決まっており、10分に一回作られている。だが、仮想通貨の市場が広がっていくと、ビットコインの利用者も増え、ビットコインの取引量が増加した。1MBのブロック容量では処理が追い付かなくなった。

そこで誕生したのがビットコインキャッシュ(BCH)だ。

ビットコインキャッシュのブロック容量は8MBで、ビットコインの8倍という容量。毎秒20から90の取引に対応できるブロック処理能力を有している。

今後取引量が増加しても、十分に対応可能である数字と言える。

リプレイアタックに対応

リプレイアタックとは、ハッカーなどのビットコインネットワークへの攻撃のことである。財布をインターネットにつないでいる状態の仮想通貨において、ハッカーなどによる攻撃は課題の一つ。

ビットコインはまだリプレイアタックに対応していないため、攻撃された場合大きな混乱が生じる危険性がある。

その点、ビットコインキャッシュ(BCH)はリプレイアタックに対応しているため、セキュリティ面の安心度の高い通貨であるといえるだろう。

ビットコインキャッシュ(BCH)の最新ニュース

① 利用先増加

実社会と距離がある印象の仮想通貨。

しかし現在、仮想通貨は取引での利用が主であるが、ビットコインキャッシュ(BCH)は取引以外にも対応可能だ。

先日も、ビットコインキャッシュ(BCH)の新たな利用先として、音楽レコードやギフトカード、美容整形などが追加された。

アマゾンなどの大手のギフトカードに変換できる点で、非常に利便性が向上したといえる。

② McAfee氏の予想

ソフトウェア企業によって名声を得たJohn McAfee氏は、ビットコインキャッシュ現金基盤の支払いシステムになるだけではなく、ビットコインキャッシュが仮想通貨の首位の座を奪うと予想している。

大胆な予想だが、ビットコインキャッシュ(BCH)の価値は上がる見込みだと発表されたことは大きな影響を与えかねない。

③ ビットコインアンリミテッド・プロポーザルの提案

ビットコインキャッシュ(BCH)について、二つの提案がなされた。

一つ目が、ビットコインからビットコインキャッシュ(BCH)を取り出す方法を説明する文章を作ることである。

現在、コールドウォレットの中のビットコインから分岐されたビットコインキャッシュ(BCH)を取り出すのが難しいとされていた。そこで、より良いフォーク管理やウォレット管理の方法を広めることによりユーザーの利便性を高める。

二つ目の提案が、ビットコインキャッシュ(BCH)でなされた支払いが二重支払いになっていないかを警告するシステムの開発の提唱である。

二重支払いを警告するシステムが正しく動作するには、ネットワークに正しくこの情報を伝えさせ、ウォレット上でも二重支払いが発生していないかどうかを見るようにする必要がある。

これら二つの提案は、今後もビットコインキャッシュ(BCH)の価格変動に大きく影響するだろう。

ビットコインキャッシュ(BCH)の将来性

「ビットコインキャッシュはビットコイン考案者が目指した原理に最も忠実なビットコインだ」と主張されている事からも、元々可能性を秘めている通貨である。

現在は仮想通貨といえばビットコインという印象が強いが、ビットコインキャッシュ(BCH)は、速度の速い取引を実現し、セキュリティも向上した、安定した仮想通貨であることが今後さらに浸透していけば、世間が一度ビットコインキャッシュ(BCH)に目を向け、高騰することも大いに考えられるだろう。

ビットコインキャッシュ(BCH)の購入方法

ここでは、ビットコインキャッシュ(BCH)を扱うオススメの仮想通貨取引所について紹介しよう。

Zaif(ザイフ)

Zaif(ザイフ)では、指値取引が可能なため、余計な手数料がかからないため、結果的に安くビットコインキャッシュ(BCH)を手に入れられる。

また、積み立て投資も可能なため、投資のしやすさは随一だ。

リスク最小限に、堅実に取引したい方は、Zaif(ザイフ)でビットコインキャッシュ(BCH)を購入するといいだろう。


■Zaif(ザイフ)についての特長や登録方法はこちら
Zaif(ザイフ)の特長と口座開設方法

bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットフライヤーでも簡単にビットコインキャッシュ(BCH)を手に入れることは可能だ。

少々スプレッドが広いため、少々割高になってしまう事は否めないが、国内代表格という取引所である安心感、そしてビットフライヤーのアプリの使いやすさはもうお馴染みであり、簡単にビットコインキャッシュ(BCH)を購入できるという点では◎だ。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
■ビットフライヤーについての特長や登録方法はこちら
bitFlyerの特長と口座開設方法

bitbank(ビットバンク)

ビットバンクは、取引板を使ってビットコインキャッシュ(BCH)の売買ができるため、スプレッドが小さく、安くビットコインキャッシュ(BCH)を購入する事が可能だ。

取引板に慣れている人はこちらのビットバンクを選ぶのもいいだろう。

bitbank
■ビットバンクについての特長や登録方法はこちら
bitbankの特長と口座開設方法

ビットコインキャッシュ(BCH)の総評

安全性、利便性から将来性が高いビットコインキャッシュ(BCH)。

今後もビットコインと相乗していつ高騰してもおかしくはない。

セキュリティ面の高さや、速度を考えると、ビットコインを上回る可能性も充分ある。

ビットコインキャッシュ(BCH)をまだ持っていない人は、まずは少量からでも保有をはじめてみてはいかがだろうか?

関連記事とブログランキング

LINE@にて株師孔明から非公開情報や最新情報を受け取る!

・株師孔明の投資のイロハ
・今買うべき株式材料銘柄情報
・仮想通貨の最新ニュース
・特定仮想通貨の買い増しサイン など

1日2つ、ブログランキングの応援クリックも宜しくお願いします。
 にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ