ライトコイン(LTC)の今後の将来性とオススメの取引所

2011年10月に開発されて以来、現在はアルトコインの中でも代表格となりつつある「ライトコイン(LTC)」。

今回はそんなライトコイン(LTC)の特長から今後の将来性、オススメの取引所、そして購入方法まで詳しく紹介したい。

ライトコイン(LTC)の概要

ライトコイン(LTC)は、ビットコインが公開された2年後の2011年10月に元Googleエンジニアのチャーリー・リー氏によって開発されたコインである。

現在多数あるアルトコインの中でも、ビットコインに次いで古いコインで、ビットコインには明確な開発者は公になっていないが、ライトコインはその開発者がしっかりと存在する。

そして、ライトコイン(LTC)は、ビットコインのプログラムコードに基づいて開発されているため、ビットコインの問題点を改善して開発されている。

ライトコイン(LTC)の概要は以下

通貨名 Litecoin(ライトコイン)
ティッカーシンボル LTC
公開日 2011年10月
発行総数 84,000,000LTC
ブロックチェーン形式 パブリックブロックチェーン
コンセンサスアルゴリズム Proof of Work
暗号化アルゴリズム SCRYPT
公式サイト https://litecoin.org/

ライトコイン(LTC)の特徴

決済スピードを改善

ライトコイン(LTC)は暗号通貨の問題点である決済スピードを解決している。

本来、ビットコインでは10分程度かかる決済を、ライトコイン(LTC)は高速なブロック生成の取引のおかげで2.5分程度の決済スピードにすることを可能にした。

しかしながら、取引時間が短縮されたことによるデメリットも存在する。

取引認証時間が短い分、ブロック生成時間が短くなり、マイニング難易度がより低く生成されているということも考えられる。

SCRYPTアルゴリズムを採用

マイニングにおいては、ビットコインと比較しても大きな点がある。

ビットコインでは演算の難易度が高いため、とにかく早い演算処理能力が必要となるが、ライトコイン(LTC)は、「SCRYPT」というアルゴリズムを採用していることで、PCでもマイニングすることが可能となっている。

ライトコイン(LTC)の最新ニュース

即時決済アプリ「ライトペイ」

2月14日、ライトコイン(LTC)を使った即時決済アプリ「ライトペイ」を発表した。

この「ライトペイ」では、コインを使った即時決済や法定通貨との量買いを可能にするというもので、手数料は1%となるという。

さらに、VISAと提携するデビットカードにより、VISAカードが使えるATMや商店などでもライトコインが使えるようになる。

今後さらに「ライトペイ」が普及すれば、ビットコインに代わってライトコイン決済が広く普及する可能性もあるだろう。

ライトコインキャッシュファンデーションがハードフォークを発表

2018年2月12日、ライトコインキャッシュファンデーションがハードフォークを発表した。

これによりライトコイン所有者は、1LTCに対し、10LCCのトークンが付与された。

実際には、ライトコインキャッシュはライトコインとは無関係のため、この時、ライトコインの創業者のチャーリー・リー氏はライトコインキャッシュは詐欺である可能性を警告した。

一方、ライトコインキャッシュの創業者は、マスコミのインタビューでこの新たな通貨は詐欺ではないと反論。

ブロックチェーンをフォークする場合、その名前の前にフォークされる仮想通貨の名前を付けるのが一般的という点から「ライトコイン」という名称を使っているだけで、チャーリー・リーや、ライトコイン開発チームとは関連性がないと断言した。

ライトコイン(LTC)の将来性

ライトコイン(LTC)は時価総額も高く、価格もビットコインより安定しているため、とても取引がしやすい暗号通貨と言われている。

また、ビットコインで決済できる店舗が増えている中、ビットコイン決済導入に従い、ライトコイン(LTC)も決済できる店舗が増えてきており、実用性の面ではビットコインより優れているという声もある。

そして、ライトコイン(LTC)を開発したチャリー・リー氏が中国人であるという事から、ライトコイン(LTC)は中国で非常に人気があり、取引量の75%は中国だとも言われている。

ツイッターで、「今後はライトコインの開発に専念し、月に行くように頑張る」と述べている事からも、ライトコイン(LTC)の今後はまだまだ期待できそうだ。

ライトコイン(LTC)の購入方法

ここでは、ライトコイン(LTC)を扱うオススメの仮想通貨取引所について紹介しよう。

販売所形式

販売所は、取引所が保有する通貨をユーザーが売買する方式だ。

アルトコイン販売所においては、一般的に手数料が割高となってしまう点が否めないが、取引板での取引とは違い、欲しい量を安定してすぐに売買できるのが利点だ。

また、基本的にあまり売買を繰り返さず、一度買ったら保有し続けて運用していく人にとっては、スプレッドは気にする必要がない事から販売所を利用する価値は高い。

bitFlyer(ビットフライヤー)

↓↓こんな人にオススメ↓↓

■ 取引初心者
ビットフライヤーのアプリの使いやすさは有名であり、取引にミスが生じにくく、取引初心者にもやさしい。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
■ビットフライヤーについての特長や登録方法はこちら
▶ bitFlyerのおすすめポイントと口座開設方法

GMOコイン

↓↓こんな人にオススメ↓↓

■ 安く買いたい上に、販売所を使いたい人
GMOコインは、販売所では他社と比べてスプレッドが安め。販売所を使いたいけど、スプレッドも差がないところが良いという人はGMOコインが良いだろう。

GMOコイン
■GMOコインについての特長や登録方法はこちら
▶ GMOコインのおすすめポイントと口座開設方法

取引所取引

取引所では、買いと売りの注文を板に並べ、ユーザーとコインの取引を直に行う方式だ。

取引板を使うので、慣れるまでは操作性として難しく感じるが、販売所と違い、購入価格を安く抑えることができる。

DMM Bitcoin

↓↓こんな人にオススメ↓↓

■ できるだけ安く買いたい or レバレッジ取引をしたい方

DMM Bitcoinでは、アルトコインでレバレッジを掛けたFX取引(証拠金取引)が可能だ。取引初心者や、FX取引を試したことが無い人にとってはうってつけの取引所と言える。

DMM bitcoin
■DMM Bitcoinについての特長や登録方法はこちら
▶ DMM Bitcoinのおすすめポイントと口座開設方法

ライトコイン(LTC)の総評

アルトコインの中でも長い歴史をもつライトコイン(LTC)。

ライトペイなどの独自のサービスで、今後さらなる普及が見込めれば、ビットコイン同様、単価の高い通貨に化ける可能性は充分ある。

国内の取引所ほとんどすべてで購入可能な通貨であることからも、「ひとまず保有しておく」といった感じで少量でも購入しておくのもまた一つの手かもしれない。

関連記事とブログランキング

LINE@にて株師孔明から非公開情報や最新情報を受け取る!

・株師孔明の投資のイロハ
・今買うべき株式材料銘柄情報
・仮想通貨の最新ニュース
・特定仮想通貨の買い増しサイン など

1日2つ、ブログランキングの応援クリックも宜しくお願いします。
 にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ