投資顧問

ダッシュ(DASH)の今後の将来性とオススメの取引所

2014年1月に開発され、アルトコインの中でも歴史ある仮想通貨のダッシュ(DASH)。

今回はそんなダッシュ(DASH)の特長から今後の将来性、オススメの取引所、そして購入方法まで詳しく紹介したい。

ダッシュ(DASH)の概要

ダッシュ(DASH)は、2014年1月に開発された仮想通貨だ。

当初は「Darkcoin(ダークコイン)」という名称であったが、2015年5月に「ダッシュ(DASH)」と改名されている。

ダッシュ(DASH)の概要は以下

通貨名 DASH(ダッシュ)
ティッカーシンボル DASH
公開日 2014年1月
発行総数 22,000,000DASH
トランザクション形式 Darksend
コンセンサスアルゴリズム Proof of Work
公式サイト https://www.dash.org/jp/

ダッシュ(DASH)の特徴

Darksendによる高い匿名性を実現

ダッシュ(DASH)は、匿名性が高いことがまず特徴として挙げられる。

一般的な仮想通貨取引は、ブロックチェーン上に「どのアドレスからどのアドレスにいくら送金したか」が記録として残る。

もちろんここで言うアドレスとは、暗号化されているため容易に解読することは出来ないが、もしアドレスと個人を結びつけることが出来たならば、少なからず取引情報は解析されてしまう事となる。

しかしダッシュ(DASH)の場合、Darksendと呼ばれるトランザクション形式を用いている事から、送信者と受信者の間に“プール”(情報を一括に集約する場所)を設け、他の取引情報と混ぜ合わせる作業を行う。

その混ぜ合わせた中から受信者へ改めて送金を行うという仕組みを作っている。

これにより、どのアドレスがいくら受け取ったかという記録は残るが、どのアドレスから送金したかという記録は解明が不可能という事になる。

「誰に」は分かっても、「誰から」は分からないという事である。

一般的な仮想通貨も暗号化技術により匿名性は高いとされているが、ダッシュはさらに匿名性が高いと言えるのではないだろうか。

マスターノードによる取引スピードの早さ

ダッシュ(DASH)のもう一つの特徴は、取引スピードの早さだろう。

時価総額1位で最も知名度の高いビットコインと比較をしてみると、ビットコインは取引時間が最短でも10分かかると言われているが、それに対しダッシュ(DASH)は、取引スピードを1秒未満で完了すると言われている。

これは、ブロックチェーンにおいてブロックを生成する上で、ダッシュ(DASH)では、ある一定の条件をクリアするとマスターノードの権限が与えられる事が大きく影響している。

「ブロックを生成するのはあなたです」と不特定多数ではなく、特定してしまう事で、最初から誰が作業するのかが決まっているため、高速取引が実現できるというものだ。

ダッシュ(DASH)の最新ニュース

ジンバブエの決済サービスKuvaCashに投資

ダッシュ(DASH)がジンバブエの公式デジタル通貨を目指しているようだ。

2017年11月27日、ジンバブエの決済サービスKuvaCashとの共同決済システムに約6,240万円投資をした。

ジンバブエではおそらく今年中にダッシュ(DASH)を利用しての即時決済が出来るのではないだろうか。

ジンバブエはハイパーインフレにより、自国の法定通貨の価値はほとんで無いに等しい状態。

それも導入のきっかけになっていると思うが、もしこの導入が成功し、世界の注目が集まれば主要国でも同様の動きが出てくるかもしれない。

ダッシュ(DASH)の将来性

ダッシュ(DASH)は中長期的にも上昇する可能性があるとみている。

匿名性の高さと取引スピードの早さは実用性が非常に高く魅力的な要素であるといえる。

それに加え、ジンバブエでダッシュ(DASH)を利用しての即時決済ができるようになり、ジンバブエの公式デジタル通貨となれば、その普及もまた広がる。

現在の課題が解決され、国家も認める存在になれれば、仮想通貨の信頼性が高まり、ダッシュ(DASH)の価格も上昇する可能性は十分に考えられるだろう。

ダッシュ(DASH)の購入方法

ここでは、ダッシュ(DASH)を購入するのにオススメの仮想通貨取引所について紹介しよう。

Binance(バイナンス)

ダッシュ(DASH)を取り扱っている取引所としてオススメしたいのは、やはり世界的にも大手と言われるBinance(バイナンス)だろう。

こちらは海外の取引所ではあるため、とっつきにくい印象はあるものの、サイトは日本語にもしっかりと対応されており、取り扱われているコインも100種類以上という世界再大手の取引所であることからも、セキュリティ面でも評判でも安心な取引所と言える。

Binace(バイナンス)に関する詳しい情報は過去に書いた記事があるので、そちらを参照いただきたい。

⇒『Binance(バイナンス)の特長と口座開設方法

国内の取引所からビットコインやイーサリアムをバイナンスに送金し、バイナンスでダッシュ(DASH)を購入するのがベターだ。

送金するための国内取引所の口座をお持ちでない方は、下記の取引所をオススメする。

bitFlyer(ビットフライヤー)

↓↓こんな人にオススメ↓↓

■ 取引初心者
ビットフライヤーのアプリの使いやすさは有名であり、取引にミスが生じにくく、取引初心者にもやさしい。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
■ビットフライヤーについての特長や登録方法はこちら
▶ bitFlyerのおすすめポイントと口座開設方法

Zaif(ザイフ)

↓↓こんな人にオススメ↓↓

■ とにかく安く購入したい人
Zaif(ザイフ)は、手数料が安い事でも有名な取引所。通貨を安く手に入れるならZaif(ザイフ)がオススメだ。


■Zaif(ザイフ)についての特長や登録方法はこちら
Zaif(ザイフ)の特長と口座開設方法

ダッシュ(DASH)の総評

匿名性が高く取引スピードが早い点はビットコインよりも優れており、実用性のある仮想通貨だと考えられるダッシュ(DASH)

これらのことからも中長期的には上昇が見込めるのではないだろうか。

今後は、ジンバブエでのダッシュ(DASH)利用などといった大きな需要が見込まれ、今後注目を集める事も想定し、上昇前に保有しておくのもいいだろう。

関連記事とブログランキング
現在、当ブログはブログランキングの上位エントリーを目指している。
主にLINE@登録している方のみを対象に仮想通貨・株に関する特別な情報の配信を行っているが、今後ブログランキングにて一定の期間上位にランクインしたあかつきには、さらなる仮想通貨【ICO情報】ならびに【極秘・仮想通貨情報】を配信していく事をお約束しよう。

人気ブログランキングをクリックして【極秘情報を解禁】

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ にほんブログ村をクリックして【ICO情報を解禁】

1日1回の応援クリックを是非とも宜しくお願いします。

また、完全無料配信のLINE@はこちらから登録が可能だ。ブログだけでは明かせない独自のルートから入手する株情報や最新の仮想通貨情報など、今旬の情報を定期的に配信している。