現物取引とは?レバレッジ取引とは?~今さら聞けない仮想通貨の基礎知識編~

昨今、仮想通貨を始めたばかりの人や、はじめてみたいと考えている人はどんどんと増加している。

しかしその一方で、やりたくとも取引の方法が分からないという方も増えてきているのではないか?

そこで今回は、仮想通貨取引をする上で、基礎知識でもある、「現物取引」や「レバレッジ取引」について詳しく説明しておきたい。

これらは、理解すると仮想通貨の取引の幅が広がり、利益にもつながる。

しっかりと把握して、これからの仮想通貨ライフに役立てていただきたい。

現物取引とは?

現物取引とは、仮想通貨取引所から直接通貨を購入する方法で、仮想通貨の取り引きに於いて、一番シンプルな取引であるとも言える。

現物取引では、自身が持つ資産内での取引が可能だ。

例えば資産が10万円ならば、その10万円内で手数料も含んだ仮想通貨購入することができる。

そしてその通貨は、自身の資産内での取引で得た通貨であるため、資産の増減はあっても、その以上のマイナスを背負う事は一切ない。

これが現物取引の一番のポイントと言えるだろう。

つまり、極端な話をすれば、購入した仮想通貨の価値が0円になっても、投資した100万円がなくなるだけであり、それ以下になる事は絶対的にないというわけだ。

レバレッジ取引とは?

レバレッジ取引とは、一般的に言うところの信用取引であり、資産の何倍もの金額を扱い取引をこなうことができるというものだ。

現在国内では、日本円を証拠金にして最大25倍までのレバレッジを効かせることができる。

仮にビットコインで5倍のレバレッジ取引するとすると、10万円を証拠金として入金すれば、最大50万円分のビットコインの取引を行える計算だ。

そのため、取引がマイナスの結果に終われば、資産以上のマイナスを生むことになり、そのマイナス額も大きなものとなる。

しかし、取引がプラスになれば、資産だけで運用した時に得れる利益の数倍もの大きな利益が見込めるハイリターンな取引となる。

レバレッジ取引がハイリスクハイリターンと言われている理由はここにある。

ロスカットにご用心

レバレッジ取引には、ロスカットというものが存在する。

ロスカットとは、含み損が一定金額以上になれば、強制的に仮想通貨が決済される仕組みのことだ。

つまり、レバレッジ取引している仮想通貨が一定以上のマイナス損になれば、そこで仮想通貨が強制的に決済されてしまい、損失が生まれるのだ。

知っての通り、仮想通貨はボラティリティ(価格変動)が大きいため、下がってもまた上昇する可能性が比較的高い。

仮想通貨をやっている人は、価格が下がってもまた上がるのを待つという方は多いだろう。

しかし、レバレッジ取引ではロスカットがあるのが一般的なため、その戦略は取りづらい。

だが、レバレッジ取引でも高確率で利益が出る場合も存在する。

最近では、コインチェックの仮想通貨流出問題がそのタイミングであった。

この問題の直後は価格が下がるのは目に見えているため、レバレッジ取引をしても利益を生む可能性は高い。

そのため、レバレッジ取引は、仮想通貨の大きな問題が出た際に利用すると比較的成功を生む可能性が高いといえる手法だろう。

まとめ

現物取引とレバレッジ取引について理解いただけただろうか?

どちらの取引方法が良くて、どちらの取引方法は良くない、という事は無い。

それぞれのスキルや資産に合った取引方法を使用するのが一番の取引方法だと言えるだろう。

しかし、どの取引方法も、しっかりと把握しておくことが大事だ。

理解せずに取引を行えば、大きなマイナス損失も生みかねない。

無知のまま取引を続け、大きな資産を失わないためにも、取引方法についてはしっかりと把握し、有意義な仮想通貨ライフを送っていただきたい。

関連記事とブログランキング

LINE@にて株師孔明から非公開情報や最新情報を受け取る!

・株師孔明の投資のイロハ
・今買うべき株式材料銘柄情報
・仮想通貨の最新ニュース
・特定仮想通貨の買い増しサイン など

1日2つ、ブログランキングの応援クリックも宜しくお願いします。
 にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ