ハードフォークとは?~今さら聞けない仮想通貨の基礎知識編~

2017年は仮想通貨バブルとも呼ばれる長期上昇相場であった。

そんな中、同年にビットコインで起きた騒動が「ハードフォーク」だ。

多くの仮想通貨ユーザーは、この一連の報道に驚き、一部ではビットコインの価値が下がるとまで叫ばれた。

しかし実際には、ハードフォークが起きたことでは暴落には繋がらなかった。

この騒動からも、そもそもハードフォーク自体の仕組みや意味が、まだまだ分からない方も多いかもしれない。

そこで今回は、ハードフォークの仕組み意味を、ハードフォークに関連したニュースに触れながら説明していきたい。

ハードフォークとは?

ハードフォークとは、元々ソフト開発における専門用語で、アップデート前後に互換性のないプログラムといった場合に使われている。

しかし仮想通貨で使用されるハードフォークの意味は、既存の仮想通貨に実装されているブロックチェーンの機能を新しい仕様に変える際、旧仕様の仮想通貨と互換性のない状態で新たに発行していく現象を主に指している。

因みに、ソフトフォークという方法もあるが、こちらはシステム自体は変えずにブロックチェーンを新しい仕様へ変えることで新・旧仕様に分けずアップデートできる方法だ。

そして、2017年、実際にハードフォークによって新しい仕様に変更したブロックチェーンと、旧仕様のブロックチェーンが同時に存在することになった。

これがいわゆる世間でも言われた「分裂」と呼ばれるものだ。

もっと簡単に例えると、アナログ放送からデジタル放送に切り替わる段階で、デジタルとアナログテレビという別々の仕様が存在するイメージといえばわかるだろうか。

なぜ混乱も招く可能性のあるハードフォークを実行するのかというと、ひとつは技術的課題をクリアする為であるといえる。

仮想通貨を利用する人口が急増したことで、ブロックチェーンの処理速度は限界に近付いていた。

そこで、ハードフォークを行うことでその課題を早期に解決している。

もうひとつは、バグやハッキングなどの問題を解決する為に、アップデートを行う方法としてハードフォークを用いている場合がある。

どちらも問題改善やセキュリティ向上のために必要なアップデートを行うためであると言っていいだろう。

過去のハードフォーク案件

ビットコインの分裂騒動

仮想通貨の代表でもあるビットコインが、2017円8月1日にハードフォークを実行し話題となったのは記憶に新しい。

ビットコインは元々、ブロック容量に対してトランザクションが多く、承認作業が遅れていた(スケーラビリティ問題)ことが続いていたため、仕様変更が必要であった。

そこで、ビットコインを仕様変更する方向に事になったのだが、ここでビットコインマイナー側(旧仕様)と一般ユーザー(新仕様)で対立が起き、ハードフォークを行う事態に繋がった。

更に言えば、マイニングの7割が中国企業という状態で仕様変更反対派であったのも一つの要因だ。

ハードフォーク前のビットコインでは、前述の企業群が使用しているマイニングソフトが仕様可能だったため、事実上独占的にマイニングできていたわけだが、仕様変更を行うとソフトが仕様不可になり、マイニングできなくなるためであった。

そこで様々な問題との対立を解決する為に、2017年8月1日にハードフォークを実行させ、生まれた通貨がビットコインキャッシュ(BCH)だ。

しかし、このハードフォークによって改善点もいくつか発見されたのも事実だ。

法定通貨と違い、平等で自由な通貨・市場を謳っていた仮想通貨が、中央管理がないことで逆にユーザーや市場を混乱させる問題も起きやすいという側面があることがわかった。

イーサリアムは計画的にハードフォークが実施

仮想通貨のハードフォークは、ビットコインだけではない。

イーサリアムも4段階ハードフォークを計画・実行している。

ただし、イーサリアムの場合はビットコインの事例とは違い、発行当初からバグやセキュリティ強化の為にハードフォークの計画をユーザー向けに発表していた。

ただし実際には、ハッキング事件の影響により別にハードフォークも実行している。

イーサリアムの4段階ハードフォーク

1、フロンティア
2、ホームステッド
3、メトロポリス
4、セレニティ

上記の4段階となっており、2018年3月時点では3段階目のメトロポリスまで実行済みである。

今後ハードフォークの予定がある通貨

直近では、モネロ(Monero/XMR)もハードフォークを予定している。

こちらは、元々2018年3月14日にハードフォーク予定だったのが、4月30日に延期になることが発表された。

理由としては、取引所などが対応できるようにする為に時間的余裕をとったとのこと。

ハードフォーク まとめ

今回はハードフォークの仕組みや、過去に起きたハードフォークについて紹介した。

ユーザー側へ事前に知らせる計画的なハードフォークであれば、市場も混乱せずスムーズに移行できる。

しかし、突発的な問題が起きたことによるハードフォークだと、場合によっては保有していた通貨が消失する事や、市場が乱高下することもあるので注意が必要だ。

自分が保有している仮想通貨についてもハードフォークの計画がないか、もしくは現在、開発元や団体に問題が起きていないかについて、定期的に情報をチェックすることが必要となるだろう。

関連記事とブログランキング

LINE@にて株師孔明から非公開情報や最新情報を受け取る!

・株師孔明の投資のイロハ
・今買うべき株式材料銘柄情報
・仮想通貨の最新ニュース
・特定仮想通貨の買い増しサイン など

1日2つ、ブログランキングの応援クリックも宜しくお願いします。
 にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ