投資顧問

アイオータ(IOTA)の将来性・オススメの取引所

IoT(Internet of Things)と密接な関係があるとされる、仮想通貨のアイオータ(IOTA)。

この仮想通貨は異端児とも呼ばれ、仮想通貨の中でも特別な存在である。

今回はそんなアイオータ(IOTA)の特徴から今後の将来性、そして購入できる取引所まで詳しく説明しよう。

アイオータ(IOTA)とは?

通貨名 IOTA(アイオータ)
ティッカーシンボル MIOTA
公開日 2016年7月
総発行枚数 2800兆枚
ブロックチェーン形式 ブロックチェーンなし、代わりとなる技術「Tangle」
コンセンサスアルゴリズム PoW(Proof of Work)
暗号化アルゴリズム MAM
プラットフォーム IOTA
公式サイト https://iota.org/

アイオータ(IOTA)はIoTと深い関係があり、IoTのためにある仮想通貨と言っても過言ではない。

IoTとは<モノのインターネット>を意味しているわけだが、テレビや冷蔵庫などあらゆるモノをインターネットにつなぎ便利にしていく、近年加速度的に普及し始めている技術だ。

しかし、IoTは便利であると同時に、問題点も存在している。

その問題点を解決してくれるのが、アイオータ(IOTA)といえるだろう。

仮想通貨にしてアイオータ(IOTA)はブロックチェーンを使用しておらず、その点がIoTの問題点解決に大きく影響している。

アイオータ(IOTA)の特徴

ブロックチェーン不使用によるコスト低減

実は、アイオータ(IOTA)はブロックチェーンを使用していない。

ただ、ブロックチェーンの代わりに、「Tangle」と呼ばれる新たな技術を開発し使用されている。

結果、マイニングが存在しないため、コストがかからない事から「Tangle」を使う事で取引手数料が無料になると利点にいきつくわけだ。

便利なIoTの唯一の問題点とも言える、インターネットの料金、IoT上で決済する時に必要な手数料などといったコスト面を、独自の技術「Tangle」を使う事で問題を一気に解消してくれている。

決済の工程の簡略化に成功

ほかにも、「Tangle」を使う事で決済の工程の簡略化にも成功している。

そのため、送金やデータの送信が簡単にできるようにもなり、取引の高速化を実現した。

今後、アイオータ(IOTA)を利用することで、IoTが効率的、かつ、気軽に利用できる次なる技術革新へとステップアップを果たすこととなるだろう。

セキュリティ面が安全に

IoTはモノをインターネットにつなぐため、セキュリティ面が心配だと感じた方も多いはずだ。

しかし、アイオータ(IOTA)の「Tangle」は暗号計算することにより、データの改ざんや間違いなどを確認することができるようになっている。

そのためIoTを利用しても、安心できるネットワークを築くことが可能だといえる。

アイオータ(IOTA)の最新ニュース

世界的大手取引所『Hit BTC』に上場

2018年3月、アイオータ(IOTA)が世界トップ10に入るほどの取引量を誇るイギリスの仮想通貨取引所『Hit BTC』へ上場を果たした。

これにより価格も上昇。さらなる今後の成長が見込める。

アイオータ(IOTA)の将来性

アイオータ(IOTA)は、IoTにさらなる飛躍をもたらす仮想通貨として多くの企業と提携をしているわけだが、あのマイクロソフトや富士通などもそのうちのひとつだ。

大手企業との提携は、今後の将来性を計る意味でも大きな要因だろう。

また、最近ではフォルクスワーゲンとの提携が記憶に新しい。

車とIoTは今後さらに切っても切れない関係性となっていく事からも、自動運転技術など将来の自動車に必要な技術を考えれば分かるはずだ。

その点を踏まえれば、アイオータ(IOTA)の存在は今後さらに大きなものになる事が予想される。

アイオータ(IOTA)は現在はまだ発展途上の仮想通貨だが、IoTの普及とともにシナジーで成長していく可能性は高い。

アイオータ(IOTA)オススメの取引所

将来性からも、アイオータ(IOTA)をなるべく安いうちに入手して寝かせておきたいと思った方も多いだろう。

しかし、アイオータ(IOTA)を入手できる日本の国内取引所は2018年4月現在では、存在しない。

そのため、海外の取引所を利用する必要がある。

そこで、ここでは安心してアイオータ(IOTA)を購入できるオススメの海外取引所を紹介しておこう。

Hit BTC(ヒットビーティーシー)

2018年にアイオータ(IOTA)が上場されたばかりのHitBTCだ。

HitBTCはイギリスの取引所だが、Webサイトは日本語訳に対応となっており、使いやすさも、セキュリティ面の安全面も申し分ない。

最近もステラのほかに20種類もの通貨が上場しており、今海外取引所の中でも一番勢いのある取引所と言えるだろう。

Hit BTCの取扱通貨と口座開設方法

Binance(バイナンス)

バイナンス

仮想通貨取引量世界第1位も獲得した事のある、世界的にも利用者の多いバイナンスだ。

基本手数料が0.01%と安く、さらにBNB(バイナンストークン)を利用することで0.005%の手数料でも通貨を購入できるため、アイオータ(IOTA)をより安く購入できる。

アイオータ(IOTA)の取引量も多く、比較的安心して使用できるだろう。

Binanceの取扱通貨と口座開設方法

アイオータ(IOTA)を購入する手順

どちらの取引所でも、アイオータ(IOTA)を購入するには、BTC(ビットコイン)かETH(イーサリアム)建てで購入する事となる。

① 国内の取引所でBTCかETHを購入

② 購入した BTC か ETH を、「Hit BTC」か「バイナンス」へ送金

③ アイオータ(IOTA)を購入

送金するために必要な国内の取引所の口座をまだ持っていない人は、下記の国内取引所がオススメだ。

DMM bitcoin
DMM bitcoinの取扱通貨と口座開設方法

bitbank
bitbankの取扱通貨と口座開設方法

QUOINEX
QUOINEXの取扱通貨と口座開設方法

GMOコイン
GMOコインの取扱通貨と口座開設方法

手数料が安いZaif
Zaifの取扱通貨と口座開設方法

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
bitFlyerの取扱通貨と口座開設方法

アイオータ(IOTA) 総評

アイオータ(IOTA)についておわかりいただけただろうか。

ブロックチェーンを使用しない、仮想通貨界の異端児と言える存在のアイオータ(IOTA)。

「Tangle」と呼ばれる新たな技術の普及と、IoTの進歩がさらなるアイオータ(IOTA)の発展に繋がっていく事が期待される。

次なる未来を担う仮想通貨として今後も目が離せないだろう。

関連記事とブログランキング
現在、当ブログはブログランキングの上位エントリーを目指している。
主にLINE@登録している方のみを対象に仮想通貨・株に関する特別な情報の配信を行っているが、今後ブログランキングにて一定の期間上位にランクインしたあかつきには、さらなる仮想通貨【ICO情報】ならびに【極秘・仮想通貨情報】を配信していく事をお約束しよう。

人気ブログランキングをクリックして【極秘情報を解禁】

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ にほんブログ村をクリックして【ICO情報を解禁】

1日1回の応援クリックを是非とも宜しくお願いします。

また、完全無料配信のLINE@はこちらから登録が可能だ。ブログだけでは明かせない独自のルートから入手する株情報や最新の仮想通貨情報など、今旬の情報を定期的に配信している。