投資顧問

バージ(Verge/XVG)とは? ~特徴・将来性・オススメ取引所~

仮想通貨の下落が続く中、沸々と価格上昇を見せているバージ(Verge/XVG)。

投資対象として今後も目が離せない事から、バージ(Verge/XVG)という通貨がどんな通貨であるか知っておく必要がある。

そこで今回は、バージ(Verge/XVG)の特徴、将来性、オススメの取引所を紹介していこう。

バージ(Verge/XVG)とは?

2014年10月9日に公開されたバージ(Verge/XVG)は、匿名性の通貨として送金における技術に長けた仮想通貨だ。

2017年1月9日には、バージ(Verge/XVG)の送金システム・取引システムのもととなる「レイス・プロトコル」が、新しく完全版としてリリースされている。

主な概要は以下

通貨名 Verge(バージ)
ティッカーシンボル XVG
公開日 2014年10月9日
総発行枚数 16,500,000,000XVG
ブロックチェーン形式 Wraith Protocol(レイスプロトコル)
TOR,i2P
コンセンサスアルゴリズム Proof of Work
暗号化アルゴリズム Script,x17,groestl,blake2s,lyra2rev2
公式サイト https://vergecurrency.com/

バージ(Verge/XVG)の特徴

バージ(Verge/XVG)の特徴は大きく以下の3つ。

取引の際の匿名性を選ぶことが可能

ビットコインなどでは、「いくら」「誰から誰に」などが可視化されていることが特徴だが、バージ(Verge/XVG)では匿名で送金することが可能となっている。

これは、バージ(Verge/XVG)の目的として個人間はもちろん、ビジネス時にも使える通貨として考えられているためだろう。

法人同士の決済時、すべて可視化されていては困るという問題を見事に解決している。

決済スピードの速さ

ビットコインの決済スピードがおおよそ10分くらいなのに対し、バージ(Verge/XVG)は驚きの30秒の速さで決済が可能。

仮想通貨において、決済スピードは今後の大きな課題と言われているが、バージ(Verge/XVG)はそれを解決していると言えるだろう。

しかも、今後さらにスピードアップを図っているという話だ。

規模の大きいコミュニティー

バージ(Verge/XVG)は、バージの思想に共感した強力なボランティアスタッフによって成り立っている。

ビットコインなどはマイニング一つとっても莫大なコストがかかるため、マイニングチームが世界にはいくつも存在し、そのチーム形成のためのビジネスすらも存在する。

そのため、ある特定の団体などによるコイン保持が起こりうるが、バージ(Verge/XVG)ではそれが起こりうる可能性は少ない。

バージ(Verge/XVG)に関する最新ニュース

2018年2月には、25倍以上の上昇を見せたバージ(Verge/XVG)。

そんなバージ(Verge/XVG)だが、5月4日にハードフォーク(※)をおこなう事が決まっているため、現在は価格が軟調気味だ。

ハードフォークとは?

しかし、バージ(Verge/XVG)の公式ツイッターで「我々は最終段階に入っている」とコメントしている。

公式の強気な姿勢からも、今後の上昇を期待し、引き続き保持しておくのも手だろう。

バージ(Verge/XVG)が購入できる取引所

バージ(Verge/XVG)は国内の取引所では扱っておらず海外の取引所しか選択肢がないため、日本円での直接入金ができない。

そのため、DMM bitcoinやZaifなど国内の取引所でビットコインを購入した後、海外の取引所に送金するという手順をとる必要がある。

Hit BTC(ヒットビーティーシー)

取り扱っている仮想通貨の数がトップクラスのHitBTC。

サイトは日本語対応で、匿名取引可も可能。

また、ビットコインのハードフォーク後である「ビットコインゴールド(BTG)」の受け口として利用されたことがある事からも、オススメできる取引所だ。

Hit BTCの取扱通貨と口座開設方法

Binance(バイナンス)

バイナンス

取引高が高く、流動性も高い上に、手数料が安いという最強の仮想通貨取引所。

サイトは英語であるため、その点のみ少々手間取るかもしれないが、こちらも匿名取引可。

ハードフォークによって派生した通貨の付与も積極的に行っている。

Binanceの取扱通貨と口座開設方法

バージ(Verge/XVG)を購入する手順

どちらの取引所でも、バージ(Verge/XVG)を購入するには、BTC(ビットコイン)かETH(イーサリアム)建てで購入する事となる。

① 国内の取引所でBTCかETHを購入

② 購入した BTC か ETH を、「Hit BTC」か「バイナンス」へ送金

③ バージ(Verge/XVG)を購入

送金するために必要な国内の取引所の口座をまだ持っていない人は、下記の国内取引所がオススメだ。

ビットコイン(BTC)・イーサリアム(ETH)を購入するのにオススメの取引所

バージ(Verge/XVG)の将来性と総評

匿名性の通貨であることからも、送金の技術は長けており、決済スピードも速いことから、今後もさらに注目されていく可能性は高い。

また、5月4日に行われるハードフォークがひとつのポイントになってくる可能性もある。

ビットコインでもハードフォークは幾度となく繰り返してきていたり、他の仮想通貨でもハードフォーク後は価格上昇を見せているものもあるため、ここも期待せずにはいられないだろう。

バージ(Verge/XVG)の運営陣が今後の成長に自信を持っている事からも、将来性としては自ずと期待せずにはいられない。

関連記事とブログランキング

LINE@にて株師孔明から非公開情報や最新情報を受け取る!

・株師孔明の投資のイロハ
・今買うべき株式材料銘柄情報
・仮想通貨の最新ニュース
・特定仮想通貨の買い増しサイン
・国内で一般公募されないICOの参加枠情報 など

1日2つ、ブログランキングの応援クリックも宜しくお願いします。
 にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ