投資顧問

モネロ(Monero/XMR)とは? ~特徴・将来性・オススメの取引所~

モネロ(Monero/XMR)は匿名性の高さが特徴の仮想通貨で、同じ特徴をもった仮想通貨としては、他にもジーキャッシュ(ZEC)、ダッシュ(DASH)バージ(Verge)などがある。

2016年後半から値上がりをみせ、2017年仮想通貨市場の人気とともに大きく高騰し、現在でも時価総額上位を位置する人気の高いモネロ(Monero/XMR)の特徴・将来性・オススメの取引所や購入方法まで詳しくまとめていく。

モネロ(Monero/XMR)とは?

モネロ(Monero/XMR)は、Bytecoin(バイトコイン)からフォークしてその技術を基に開発された匿名性の高い仮想通貨だ。

通貨略号は XMR で、2014年4月にICO公開された。

リング署名やステレスアドレスという仕組みを利用することで、送金や決済時に、取引履歴や送金者が第三者にわからないようにし、プライバシー保護の高さもっている。

また、ビットコインのように専用のマイニング設備が必要ないことや、発行枚数上限がないことなどから、平等にひらかれた仮想通貨ともいえる。

取引承認速度についても、ビットコインが10分程度を要するのに対して2分程度で完了するため、スケーラビリティの問題も起こりにくくなっている。

モネロ(Monero/XMR)の主な概要は以下

通貨名 Monero(モネロ)
ティッカーシンボル XMR
公開日 2014年4月
総発行枚数 18,400,000XMR
ブロックチェーン形式 PoW
コンセンサスアルゴリズム CryptoNote
暗号化アルゴリズム
プラットフォーム
公式サイト https://getmonero.org/

モネロ(Monero/XMR)特徴

モネロ(Monero/XMR)の匿名性の高さを実現する技術として、主にリング署名とステルスアドレスがある。

ビットコインの抱える送金者の特定が可能という問題を解決するため、導入された技術だ。

リング署名

一般的な取引で行われる署名では、秘密鍵によって暗号化され、公開鍵によって復号するので、誰が行った署名かの特定は可能だ。

一方でリング署名では、取引決済の時に署名者自身の秘密鍵とグループメンバーの複数の公開鍵によって署名を生成するという仕組みなので、個人の特定は不可能といわれている。

この技術により送金者の情報を他の取引の中に紛れさせてわからなくする。

ステルスアドレス

ステルスアドレスの仕組みは以下

  • 送金先の人が受取人との間で使用する専用の鍵(共有鍵)を生成
  • 送信者が受取人宛のワンタイムアドレスを作成し、送金
  • 受取人は共有鍵を利用して、ワンタイムアドレスが自分宛てに送られていると判断
  • 送金の際にワンタイムアドレスを送るので、公開アドレスを見ただけでは取引履歴はわからない

つまり、送金者はまず一旦匿名のアドレスに送金した後、そのワンタイムアドレスから着金者へ送金するという仕組みをとるので、送信者と受信者だけが支払いがどこに送られているか判断することができ、第三者には一切わからないようになっている。

PaymentID

モネロ(Monero/XMR)での取引は一度、ワンタイムアドレスを経由するので、送金者にとって支払いの証明が為されないという問題点を抱える。

そこで、送金時にPaymentIDを指定することができ、取引の際に着金者に知らせることができ、送金したことを保証することが出来る。

モネロ(Monero/XMR)の最新ニュース

モネロ(Monero/XMR)に関しては、様々なプロジェクトが進行しており、新たな技術の導入により仮想通貨の向上を図っている。

Bulletproofs

このプロジェクトは、取引手数料が削減され、ブロックサイズが最大80%拡張される可能性がある。

もともとモネロ(Monero/XMR)はブロックサイズに制限がないことで定評があったが、多額の取引と承認時間の高速化において、更なるUIの向上が図られる予定だ。

ハードフォークが実施

2018年4月30日にハードフォークが実施される予定で、それにより新たに「モネロV(MoneroV/XMV)」が誕生する。

発行上限枚数は2億5600万枚と設定とされており、スケーラビリティの問題の解消のためにMimblewimbleプロトコル(※1)を実装することなどが特徴だ。

そして、モネロ(Monero/XMR)の保有者にはairdropが行われ、保有分の10倍のモネロV(MoneroV/XMV)が配布される

今後フォークコインを手に入れたい方は、この機会に購入を検討するのもいいだろう。

※1 秘匿性の高さを維持しながらトランザクションを簡単に圧縮できる新しい仕組み

モネロ(Monero/XMR)の将来性

匿名性ゆえ、マネーロンダリングや闇市場で利用される可能性が懸念される。

実際に、現在は閉鎖されているものの、麻薬や銃器を取り扱うマーケットのひとつである「AlphaBay」という世界最大級の闇サイトで使用されていた。

しかし、匿名性からそういった不安点がある反面、セキュリティーやプライバシーに保護において優秀な モネロ(Monero/XMR)は、カジノなどでも使われる可能性がある。

また、取引の速さも優れている点もカジノ運用にうってつけと言えるだろう。

モネロ(Monero/XMR)が購入できる取引所

モネロ(Monero/XMR)はまだ国内の取引所では扱っていない事から海外の取引所しか選択肢がないため、日本円での直接入金ができない。

そのため、QUOINEX や Zaif など国内の取引所でビットコイン・イーサリアムを購入した後、海外の取引所に送金するという手順をとる必要がある。

ここでは安心してモネロ(Monero/XMR)が取引できる海外の取引所を紹介しよう。

Binance(バイナンス)

バイナンス

取引高が高く、流動性も高い上に、手数料が安いという最強の仮想通貨取引所だ。

取引手数料も0.1%と安く「メールアドレス」と「パスワード」だけで最短一分で簡単に登録できる。

Binance(バイナンス)の特色・取扱通貨・口座開設方法・購入方法
Binance(バイナンス)は、ビットコインといった代表的な仮想通貨はもちろん、日本の仮想通...

HitBTC(ヒットビーティーシー)

HitBTCはイギリスに本拠地を置く取引所だ。

ここではIOUと言って、発表された直後の未上場ICOコインを先物取引できる。

手数料は0.1%となっており、モネロ(Monero/XMR)以外の草コインの購入を視野に入れているのであれば、なおオススメだろう。

Hit BTC(ヒットビーティーシー)の特徴・取扱通貨・口座開設方法・購入方法
Hit BTC(ヒットビーティーシー)は、世界トップ10に入るほどの取引量を誇るイギリスの仮想通貨取...

モネロ(Monero/XMR)の購入手順

① 国内の取引所でビットコイン(BTC)かイーサリアム(ETH)を購入

② 購入した BTC か ETH を、「バイナンス」か「Hit BTC」へ送金

③ BTC建て または ETH建て で、モネロ(Monero/XMR)を購入

送金するために必要な国内の取引所の口座をまだ持っていない人は、下記の国内取引所がオススメだ。

ビットコイン(BTC)・イーサリアム(ETH)を購入するのにオススメの取引所

モネロ(Monero/XMR)の総評

モネロ(Monero/XMR)は、匿名性の高さが特徴の仮想通貨であり、プライバシー保護が高い事から非常に価値の高い通貨と言えるだろう。

犯罪や資金洗浄に利用されるリスクも指摘されているものの、匿名性の高い通貨は現在、ジーキャッシュ(ZEC)、ダッシュ(DASH)バージ(Verge)など様々な通貨が増えてきており、その需要も伺える。

仮想通貨決済においてプライバシーの保護は最も重要な点である事からも、今後の仮想通貨の決済面としての普及が高まりとともに、匿名性通貨の健全な実用化は充分に考えられ、一方的な規制ではなく、どのように活かしていくかが今後の注目ポイントとなりそうだ。

関連記事とブログランキング

LINE@にて株師孔明から非公開情報や最新情報を受け取る!

・株師孔明の投資のイロハ
・今買うべき株式材料銘柄情報
・仮想通貨の最新ニュース
・特定仮想通貨の買い増しサイン
・国内で一般公募されないICOの参加枠情報 など

1日2つ、ブログランキングの応援クリックも宜しくお願いします。
 にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ