ビットコインゴールド(BTG)とは? ~特徴・将来性・オススメ取引所~

ビットコインからハードフォークによって生まれたビットコインゴールド(BTG)。

しかし現在、ビットコインゴールド(BTG)はまだ謎な部分が多い。

そこで今回は、ビットコインゴールド(BTG)の特徴・将来性から、取り扱われているオススメの取引所まで、詳しく紹介していきたい。

ビットコインゴールド(BTG)とは?

ビットコインのマイニングはすでに飽和状態であることから、その問題を解決すべくビットコインからハードフォークして生まれたのが、このビットコインゴールド(BTG)である。

今後は、買い物でビットコインゴールド(BTG)が使える経済圏を拡大すべく、開発が進められている。

ビットコインゴールド(BTG)の主な概要は以下

通貨名 Bitcoin Gold(ビットコインゴールド)
ティッカーシンボル BTG
公開日 2017年11月12日
総発行枚数 210,000,00 BTG
ブロックチェーン形式
コンセンサスアルゴリズム PoW algorithm
暗号化アルゴリズム Equihash
プラットフォーム
公式サイト https://bitcoingold.org

ビットコインゴールド(BTG)の特徴

ビットコインゴールド(BTG)の主な特徴は以下。

マイニングが平等に設計されている

現在のビットコインのマイニングは、 ASIC(※) を使ってマイニングされている。

※ビットコインマイニングを行うことに特化した集積回路(ICチップ等に組み込まれる電子部品)

基本的には、一般の人たちの参入は非常に高いものになっており、事実上ビットコインのマイニングは一部の企業に独占されている。

さらに、このビットコインのマイニングはすでに飽和状態であり、利益をとるためには、いかに電気代の安い国で大量の ASIC を使ってマイニングできるかということになってくる。

一部のグループしかマイニングできない問題を解決しようとして、ビットコインからハードフォークして生まれたのがビットコインゴールド(BTG)になる。

ビットコインの使われていたアルゴリズムとは違うアルゴリズム Equihash を採用しているため、ASIC ではマイニングできないようになっている。

さらにマイニングの難易度が下がり、多くの人がマイニングに参入できる環境を整えたことになる。

このシステムはほかの仮想通貨でも望まれていたことであり、実際にライトコインでもその機能を実装していた。

リプレイアタック保護の適用

ビットコインゴールド(BTG)は、ビットコインからハードフォークして生まれてきているため、そこにはリプレイアタックという危険を含んでいる。

しかし、この通貨はそれを見越した対策がなされており、ハードフォークによる危険は現状ないとされている。

ビットコインゴールド(BTG)の将来性

ビットコインゴールド(BTG)の将来性としては、ビットコインと比べマイニングが簡単で、多くの人が参入することができる事からも、非中央政権という目標に近づく事が可能だ。

また、今後のロードマップや、BTGPayの開発なども大きく影響していくと言え、期待値は自ずと高くなる。

今後のロードマップ

公開されているロードマップでは、2018~2019年の予定としてに以下のことが記載されている。

ライトニングネットワークの実装

ライトニングネットワークが実装される事で、スケーラービリティ問題が解決され、決済や送金の遅延が改善される。

サイドチェーンやクロスチェーンの開発

サイドチェーンやクロスチェーンが開発されれば、手数料の軽減や処理時間の短縮などが実現される。また、スマートコントラクトなどの新しい機能も追加可能となる。

アトミックスワップの開発

アトミックスワップが開発されれば、ユーザー同士の異種通貨を直接取引できると同時に、持ち逃げのリスクなく安全に持ち逃げされるリスクなしで取引が可能となる。

BTGを使用した支払いシステムの開発を発表

公式ツイッターより

ビットコインゴールド開発チームはBTGPayの開発を始めたことを発表。これはビットコインゴールドの流動性を高め、ビットコインゴールド経済圏を作る役割を担うものである

デビットカードの実装

支払いをよりスムーズにするためにビットコインゴールド(BTG)での支払いが可能なデビットカードの開発を進める方針だ。

BTGでの支払いが可能な市場の開発

ビットコインで支払いができるようになっているサイトや、店は多いだろうが、現状ではまだビットコインゴールド(BTG)を使える場所をあまり耳にしない。

そのため、より流動性を高めるために、ビットコインゴールド(BTG)が使えるサイト等を開発していく意向だ。

ブランド力の強化

ビットコインゴールド(BTG)に限らず、アルトコインと呼ばれる多くは、ブランド力があまり高くなく、ビットコインやイーサリアム、リップルなどに比べると、どうしても見劣りしてしまう。

そういった事からも、ビットコインゴールド(BTG)は将来を見据えて、ブランド力を高めることを意識していく模様だ。

これからの方針を的確に示したことがこのプロジェクトの大きな意味であろう。

ビットコインゴールド(BTG)が購入できる取引所一覧

ビットコインゴールド(BTG)はまだ国内の取引所では扱っていない事から海外の取引所しか選択肢がないため、日本円での直接入金ができない。

そのため、QUOINEX や Zaif など国内の取引所でビットコイン・イーサリアムを購入した後、海外の取引所に送金するという手順をとる必要がある。

ここでは安心してビットコインゴールド(BTG)が取引できる海外の取引所を紹介しよう。

Binance(バイナンス)

バイナンス

取引高が高く、流動性も高い上に、手数料が安いという最強の仮想通貨取引所だ。

取引手数料も0.1%と安く「メールアドレス」と「パスワード」だけで最短一分で簡単に登録できる。

新規口座開設 や 購入方法 についての詳しい詳細はこちら
Binance の 取扱通貨・登録方法・購入方法

HitBTC(ヒットビーティーシー)

HitBTCはイギリスに本拠地を置く取引所だ。

ここではIOUと言って、発表された直後の未上場ICOコインを先物取引できる。

手数料は0.1%となっており、ビットコインゴールド(BTG)以外の草コインの購入を視野に入れているのであれば、なおオススメだろう。

新規口座開設 や 購入方法 についての詳しい詳細はこちら
Hit BTC の 取扱通貨・登録方法・購入方法

ビットコインゴールド(BTG)の購入手順

① 国内の取引所でビットコイン(BTC)かイーサリアム(ETH)を購入

② 購入した BTC か ETH を、「バイナンス」か「Hit BTC」へ送金

③ BTC建て または ETH建て で、ビットコインゴールド(BTG)を購入

送金するために必要な国内の取引所の口座をまだ持っていない人は、下記の国内取引所がオススメだ。

ビットコイン(BTC)・イーサリアム(ETH)を購入するのにオススメの取引所

ビットコインゴールド(BTG)の総評

ビットコインゴールド(BTG)はビットコインと比べて性能自体に大きな違いはなく、マイニングがしやすいかどうかの違いくらいである。

ビットコインと比べマイニングが簡単で、多くの人が参入することができる事からも、非中央政権という目標に近づくと彼らは考えている。

たしかに、ビットコインのマイニングの問題は、いくつかの海外の大規模マイニング企業が寡占しているという現状が問題視され、仮想通貨の方向性においては、それを支えるマイナーたちの意向がどうしても反映される。

一部のグループに寡占されている状態だと、その通貨の発展性において恣意的な意図が反映される恐れがあるため、それは仮想通貨の発展には望ましくない。

しかし、それを踏まえた上でのハードフォークしたビットコインゴールド(BTG)が、これからどう受け入れられていくかも、今後注目すべき点となるであろう。

関連記事とブログランキング

LINE@にて株師孔明から非公開情報や最新情報を受け取る!

・株師孔明の投資のイロハ
・今買うべき株式材料銘柄情報
・仮想通貨の最新ニュース
・特定仮想通貨の買い増しサイン など

1日2つ、ブログランキングの応援クリックも宜しくお願いします。
 にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ