オミセゴー(Omisego/OMG)とは? ~特徴・将来性・オススメの取引所~

近年、新興国のでは銀行口座を開設することが出来ないために様々な決済ができないという人が増えている。

そういった新興国の貧困層に向けたビジネスを展開する仮想通貨のプロジェクトがオミセゴー(Omisego/OMG)だ。

今回はそんなオミセゴー(Omisego/OMG)の特徴や将来性、取り扱っているオススメの取引所まで詳しく解説しよう。

オミセゴー(Omisego/OMG)とは?

オミセゴー(Omisego/OMG)は、国境を超え、法定通貨と仮想通貨の境界をなくす価値交換・決済を目的にしたプラットフォームだ。

決済システムに特化している事から、ユーザーは銀行口座を持っていなくてもモバイル端末を使用することで簡単に送金することが出来るようになる。

イーサリアムのブロックチェーンを基に開発されており、ERC20規格のコインである。

オミセゴー(Omisego/OMG)の主な概要は以下

通貨名 OmiseGo(オミセゴー)
ティッカーシンボル OMG
公開日 2017年6月
総発行枚数 140,000,000OMG
ブロックチェーン形式 Omisegoブロックチェーン
コンセンサスアルゴリズム PoS
暗号化アルゴリズム
プラットフォーム
公式サイト https://omisego.network/

オミセゴー(Omisego/OMG)の特徴

オミセゴー(Omisego/OMG)の主な特徴は以下。

タイで成功している「Omise」の子会社

「Omise」はタイで2013年に設立された企業であり、タイを中心とした東南アジアに、Omise というオンライン決済サービスを展開している。

この Omise を導入することで、ユーザーへ快適なオンライン決済を提供することができる。

具体的には、直観的で使いやすいユーザーインターフェース、支払い方法の多さ、企業が支払う利用費用は請求代のみ、振り込みなどの金銭記録を自動化するなど、魅力的な機能を多数備えたサービスといえる。

国、通貨の国境をなくす

東南アジアの多くの新興国では、銀行口座を持っている人が少なかったり、通貨の経由の問題から手数料が必要以上にかかってしまったりなどで、不便な状況にある。

そういった送金時の障害を取り除く解決策として活用される。

実際の送金技術に関しては、OmiseGoネットワーク上にて、法定通貨を送金し、イーサリアムで仲介し、別の法定通貨に変えるという仕組みを利用するようだ。

豪華アドバイザー

イーサリアムの基盤技術を活用した仮想通貨であることから、アドバイザー陣にイーサリアム創業者を招き入れている。

イーサリアムの創業者も期待を寄せているプロジェクトであると考えても間違いないだろう。

電子顧客確認(eKYC)ポータル

Omise は、タイ政府機関「ETDA」と協力し、「電子顧客確認(eKYC)」ポータルの開発を予定している。

これが開発されれば、顧客データは電子顧客台帳で管理され、詐欺行為や情報悪用から守れるようになる。

政府主導のプロジェクトということもあり、導入する個人や企業を獲得するにつれ、Omise の提供するサービスも導入への検討が進むだろう。

オミセゴー(Omisego/OMG)の将来性

以下の事からも、将来性に長けているといえる。

  • 既に「Omise」で顧客基盤を確立している点が大きい
  • リップルのように送金時の橋渡し的な役割を担うこともあり、SBIグループや三井住友銀行といった企業群から出資を受けている
  • イーサリアムの技術基盤を生かした仮想通貨であることで、スケーラビリティの問題があるが、これも Plasma(※1) や Lightning Network(※2) を開発・導入する予定である
  • OmiseGoネットワークの開発完了後、クロスチェーンの分散型取引所を視野に入れている

※1 沢山のブロックチェーンを階層的に接続して、それぞれのブロックチェーンで処理していくという、高速なトランザクションを実行する技術

※2 送信者と受信者の間でチャネルを作成し、その間でオフチェーンで取引を行い、閉じる際にトランザクションを生成する仕組み

オミセゴー(Omisego/OMG)が購入できる取引所一覧

オミセゴー(Omisego/OMG)はまだ国内の取引所では扱っていない事から海外の取引所しか選択肢がないため、日本円での直接入金ができない。

そのため、QUOINEX や Zaif など国内の取引所でビットコイン・イーサリアムを購入した後、海外の取引所に送金するという手順をとる必要がある。

ここでは安心してオミセゴー(Omisego/OMG)が取引できる海外の取引所を紹介しよう。

Binance(バイナンス)

バイナンス

取引高が高く、流動性も高い上に、手数料が安いという最強の仮想通貨取引所だ。

取引手数料も0.1%と安く「メールアドレス」と「パスワード」だけで最短一分で簡単に登録できる。

新規口座開設 や 購入方法 についての詳しい詳細はこちら
Binance の 取扱通貨・登録方法・購入方法

HitBTC(ヒットビーティーシー)

HitBTCはイギリスに本拠地を置く取引所だ。

ここではIOUと言って、発表された直後の未上場ICOコインを先物取引できる。

手数料は0.1%となっており、オミセゴー(Omisego/OMG)以外の草コインの購入を視野に入れているのであれば、なおオススメだろう。

新規口座開設 や 購入方法 についての詳しい詳細はこちら
Hit BTC の 取扱通貨・登録方法・購入方法

オミセゴー(Omisego/OMG)の購入手順

① 国内の取引所でビットコイン(BTC)かイーサリアム(ETH)を購入

② 購入した BTC か ETH を、「バイナンス」か「Hit BTC」へ送金

③ BTC建て または ETH建て で、オミセゴー(Omisego/OMG)を購入

送金するために必要な国内の取引所の口座をまだ持っていない人は、下記の国内取引所がオススメだ。

ビットコイン(BTC)・イーサリアム(ETH)を購入するのにオススメの取引所

オミセゴー(Omisego/OMG)の総評

オミセゴー(Omisego/OMG)は、新興国の貧困層に向けた銀行口座なしでの決済手段としてすでに利用が進んでいる。

東南アジアでのシェアが得られれば、さらにサービスの普及はより進むことからも、今後の将来性にも期待したい。

関連記事とブログランキング

LINE@にて株師孔明から非公開情報や最新情報を受け取る!

・株師孔明の投資のイロハ
・今買うべき株式材料銘柄情報
・仮想通貨の最新ニュース
・特定仮想通貨の買い増しサイン など

1日2つ、ブログランキングの応援クリックも宜しくお願いします。
 にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ