投資顧問

【2018年最新版】ビットコイン(bitcoin/BTC)とは? ~将来性・安全性・取引所・買い方~

ビットコイン(BTC)は、かんたんに言えばブロックチェーン技術システムで生まれた、世界で初めての仮想通貨である。

2017年は「億り人」と言われる「ビットコイン(BTC)億万長者」も輩出され、近年の仮想通貨ブームにより、「ビットコイン」という名称は現在ほとんどの人が聞いた事あるだろう。

しかしながら、その名称は知っていながらも、実際に仮想通貨を購入した事がない人は、まだまだ「ビットコイン」がどういったものなのかわからない人も多い。

そこで今回は、そんなビットコイン(BTC)の特徴・将来性を紹介していくとともに、ビットコイン(BTC)が買える取引所や購入方法まで徹底的に解説していきたい。

ビットコイン(BTC)とは?

ビットコイン(BTC)は、2009年1月にサトシ・ナカモトと複数人により運用がスタートされた、世界初の仮想通貨だ。

「ブロックチェーン」や「分散型ネットワーク」などの技術システムで守られ、世界中の投資家がどこにいても安全に取引に参加することが出来る。

将来は、日常生活の通貨として、ビットコイン(BTC)で買い物したり、海外旅行のチケットをビットコイン(BTC)で清算したりする日も、そう遠くはないだろうと予想されている。

仮想通貨は一般的に、仮想通貨取引所という国から認可された機関を通して売買され、国内の取引所であればビットコイン(BTC)も日本円で買うことが出来る。

2018年現在は16社の取引所が認可され、様々な仮想通貨取引所で仮想通貨の売買がおこなわれている。

ビットコイン(BTC)の概要は以下。

通貨名 Bitcoin(ビットコイン)
ティッカーシンボル BTC
公開日 2009年1月
上限発行量 20,999,999.9769BTC
ブロックチェーン形式 パブリックブロックチェーン
コンセンサスアルゴリズム Proof of Work
暗号化方式 ハッシュ関数

ビットコイン(BTC)の特徴

近年続々と発行されている新たな仮想通貨は、利益を追求されて開発されているのに対し、ビットコイン(BTC)は国家単位の共通通貨となることを目標につくられている。

主だった特徴は以下。

ブロックチェーン技術で開発

お金の取引では、銀行などの金融機関が膨大なデータを一括して管理している。

一方、ブロックチェーンは「分散型ネットワーク」とも呼ばれ、一定の量ごとに分かれた「1ブロック」のかたまりが、チェーンのように無数に連なった形でネット上に保存されている。

つまり、銀行のように膨大なデータベースを持たずに、ビットコインを保有している複数の人達が 1ブロックを形成して同じデータを管理するシステムだ。

仮に、1ブロックの中の一人が、何らかの理由でハッキングの障害にあったとしても、他の複数の人達のコンピューターから復元が可能になるため、セキュリティも万全な仕組みとなっている。

ビットコインの中核を担っているといえるこの「ブロックチェーン」技術は、仮想通貨の生みの親といわれる(サトシ・ナカモト)が原型を開発したものだ。

この分散型仮想通貨は、データ改ざんなどの障害が起こりにくく、世界中のどこにいても安全に取引が行える。

ブロックチェーンのさらに詳しい説明はこちら

仮想通貨におけるブロックチェーンとは?~今さら聞けない仮想通貨の基礎知識編~
ブロックチェーンは、仮想通貨取引を支える大切な技術だ。 ブロックチェーン技術が開発されたことで...

コンセンサスアルゴリズムで形成

分散型暗号通貨であるビットコイン(BTC)を形成している基盤が、コンセンサスアルゴリズム =(合意形成)といわれるものだ。

今あるブロックに新しくブロックを追加するための、いわば、ルールを設定したアルゴリズムのことで、ビットコイン(BTC)のブロックチェーンネットワークの中核を成している。

投資家の所有する個々の端末(Peer)が、お互いに対等の関係で通信しあうことを可能にする、つまり通信方式のことを指している。

「暗号化アルゴリズム」の仕組み

現在、仮想通貨は2018年1月の時点で約2000種ほど存在しているという。

その中でもビットコイン(BTC)は、世界で初めて共通鍵暗号アルゴリズム(対称鍵)と公開鍵暗号アルゴリズム(非対称鍵)の2種類のカギ持った「暗号仮想通貨」となっている。

「暗号化アルゴリズム」とは、当事者どうしの通信内容の文字や記号を一定のルールで、他人に解読できないよう暗号として他の記号に置き換えられる仕組みだ。

ビットコイン(BTC)を始めとする暗号仮想通貨の多くは、この「暗号化アルゴリズム」や「ブロックチェーン」などの技術システムのセキュリティで守られ、取引記録の改ざんや2重払い、ハッキングなどの障害から、顧客を厳重に守っている。

ビットコイン投資における魅力

仮想通貨の中でも群を抜いて価格の高いビットコイン(BTC)。

現在、時価総額は18兆円ほどで、1BTC は 100万円を超えている。(※2018年5月5日現在)

しかし、ビットコインは初めてこの世に登場した2009年当初、その時は 1BTC=0.09円ほどであった。

もしこの時、1,000円分だけ試しにビットコインを買ってみた場合、約11,000BTCを保有していた事になるが、それが9年の時を経て、11,000BTC×100万円となり、1,000円が110億円になってしまう計算だ

実は、それに近い実例もある。

世界で初めてビットコインが決済で使われたのは2010年5月。

この時、2枚のピザ(25ドル)と10,000BTCを交換したという。

2010年5月のビットコインの価格は、1BTC=約0.25円であった事から、10,000BTCを2,500円として利用した訳だが、そこで受け取ったピザ代金 10,000BTC が、今なお存在していれば、ピザ2枚が100億円で売れた事になる・・・。

ビットコインに夢を抱かずにいられないのは、こういった事があるからだろう。

ビットコイン(BTC)の将来性

ビットコイン(BTC)を含む主要な仮想通貨の相場が乱高下を繰り返している事から、市場の安定化を図り、世界的に仮想通貨の規制がはじまっている。

しかしそんな中でも、アメリカの楽天ではいち早く一部ビットコインでの決済を導入しているなど、次世代の通貨としてビットコイン(BTC)が流通する日も近いだろうと予想される。

また、インドネシアのフィンテック企業は「ビットコインは(利息を禁止する)イスラム法で許容される」といったリポートを公表し、再び市場が活性化すると読んでいる。

日本国内においても、銀行や「SBI」「LINE」「マネックス」「Yahoo!」「メルカリ」などといった大手企業が、ビットコイン(BTC)の価値や信頼性を認め、仮想通貨市場に続々と参入しはじめているのも、将来に向け利益を確信しての動きともいえる。

関連記事:

ヤフーが仮想通貨交換業へ参入へ!
ヤフーが仮想通貨交換業への参入を検討しているようだ。 参入へ向けて ヤフーの子会社から「...
マネックスによるコインチェック買収の背景
マネックスグループが週内にもコインチェックの買収を発表しようと、最終調整に入っている模様。...

ビットコイン(BTC)が購入できるオススメの取引所

「仮想通貨取引業社」は、取引記録の改ざんや偽造などの障害から、厳重なセキュリティを持って、顧客資産を安全に管理しなければならないと義務付けられている。

平成30年3月 現在の金融庁が認可している16社のうち、ビットコイン(BTC)を買うにあたり、オススメしたい取引所は以下だ。

bitFlyer(ビットフライヤー)

2014年1月から運営が始まった bitFlyer(ビットフライヤー)は、ビットコイン(BTC)を含む 7種類の仮想通貨を取り扱っている。

日本で最初仮想通貨取引所である事からも、顧客からの信頼も厚く、ビットコインの総合プラットフォームとして万全のセキュリティを誇っている。

そんな bitFlyer(ビットフライヤー)では、業界初となる2種類の損害保険を導入している。

・メールアドレス・パスワード等の盗取に対しての損害完全補償。

・万が一 サイバー攻撃などを受けた場合に発生した損害への保証。

万全のセキュリティを誇っている上、しっかりと保証が約束された保険が完備されているのは、これから仮想通貨をはじめたいという初心者にとっても安心できるポイントと言えるだろう。

bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴・取扱通貨・口座開設方法
ビットフライヤーは、日本最大のビットコイン取引量を誇る仮想通貨取引所だ。 もちろんビットコイン...

Zaif(ザイフ)

2014年6月から運営が始まった Zaif(ザイフ)は、ビットコイン(BTC)を含む 14種類の仮想通貨・トークンを取り扱っている。

取引手数料が「-0.01%」と設定されており、本来はこちらが払うべきところをキャッシュバックのような形で手数料がもらえる事から、ビットコインをできるだけ安く買うという点においてはかなり特化している。

また、日本円での指値取引が可能となっており、日本円で安くビットコインを購入したいのであれば、マイナス手数料も含めてこの Zaif(ザイフ)はうってつけといえるだろう。

デイトレードなど頻繁に取引する人には特にオススメだろう。

Zaif(ザイフ)の特長と口座開設方法<徹底解説>
Zaif(ザイフ)は、国内の仮想通貨取引所で、最も取引量が多いと言われる3大取引所の1つだ。とにかく...

bitbank(ビットバンク)

2014年にサービスを開始させた bitbank(ビットバンク)は、ビットコイン(BTC)を含む 6種類の仮想通貨を取り扱っている。

取引板を使ってビットコイン(BTC)の売買ができるため、スプレッドが小さく、安くビットコイン(BTC)を購入する事が可能だ。

また、指値取引においてのみ、こちらもマイナス手数料が設定されているため、指値取引でビットコイン(BTC)を購入するのであれば、国内では最も安く購入できる取引所だと言える

効率重視で仮想通貨取引をおこなっていきたい人はこちらのbitbank(ビットバンク)を選ぶのがいいだろう。

bitbank(ビットバンク)の評判・取扱通貨・使い方!
bitbank(ビットバンク)は、2014年にサービスを開始させており、他社と比較しても多くのノウハ...

ビットコイン(BTC)購入の際にかかる手数料比較

ビットコイン(BTC)を現物取引する場合の手数料比較表は以下。

取引所名 取引所形式 販売所形式
bitFlyer 0.01% ~ 0.15% 無料
bitbank -0.05% ~ 0.05% 取り扱い無し
Zaif -0.05% ~ -0.01% 取り扱い無し
DMM Bitcoin 取り扱い無し 無料
GMOコイン 取り扱い無し 無料

ビットコイン(BTC)の購入手順

購入方法は取引所によって少々異なるが、大体の手順は以下となる。

取引所でアカウント(口座)を作る

まずは、自分が取引をおこないたい取引所へアクセスし、口座開設をおこなう。
必要なものは、メールアドレスと氏名・住所・年齢などといった個人情報のみ。
パソコンやスマートフォンで数分でおこなえる。

日本円を入金する

登録が完了したらビットコインを購入するための資金を口座へ入金。

主な日本円の入金手段は以下

  • インターネットバンキングによる入金
  • 銀行のATMからの入金
  • コンビニからの入金

その他、取引所によってはペイジーや即時入金のサービスもあるので、各取引所の詳細を確認しておこう。

いざビットコインを購入

日本円が口座に反映されたら、いよいよビットコイン(BTC)を購入しよう。

ここでは、現物取引の成行注文の方法を紹介する。

  1. ビットコイン(BTC/JPY)の購入画面へ
  2. 希望の BTC 数量を入力
  3. 「注文/購入」をクリックして購入完了

ビットコインを購入する場合、大体はこの3ステップで注文が完了する。

成行注文であれば、難しい操作も必要なく、欲しい量がその場ですぐに購入できるので、初心者でもかんたんに購入が可能だ。

ビットコイン(BTC)の総評

数年前であれば、ビットコイン(BTC)にそこまでの価値が付くなんて誰も思っていなかっただろう。

だがそんな予想に反し、今は国が仮想通貨の価値を認めている時代だといえる。

様々な懸念材料もまだまだあるが、将来的に見ても投資の側面だけではなく、本来の利用用途である通貨としての普及はさらに増えていくことが予想される事からも、ビットコイン(BTC)のこれからにはまだまだ目を離せない。

しかしながら、仮想通貨相場は流動的で時には足をすくわれる事もあるため、常に資産管理はしっかりとおこない、安全な取引と管理を心がける事が大事だ。

関連記事とブログランキング
現在、当ブログはブログランキングの上位エントリーを目指している。
主にLINE@登録している方のみを対象に仮想通貨・株に関する特別な情報の配信を行っているが、今後ブログランキングにて一定の期間上位にランクインしたあかつきには、さらなる仮想通貨【ICO情報】ならびに【極秘・仮想通貨情報】を配信していく事をお約束しよう。

人気ブログランキングをクリックして【極秘情報を解禁】

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ にほんブログ村をクリックして【ICO情報を解禁】

1日1回の応援クリックを是非とも宜しくお願いします。

また、完全無料配信のLINE@はこちらから登録が可能だ。ブログだけでは明かせない独自のルートから入手する株情報や最新の仮想通貨情報など、今旬の情報を定期的に配信している。