投資顧問

今後高騰の可能性がある今はまだ低額の草コイン【2018年5月版】

仮想通貨の普及と共に、必ずやっておきたいのが「まだ低価格な草コインの保有」だ。

保有と言っても「低価格な草コインに多くの資産を投じて賭けに出ろ」という訳ではない。

あのビットコインでさえ、出た当時1000円分を保有しておいただけでも今現在それが100億円の価値を生んでいる。

それを踏まえても、将来性のある今はまだ安価な通貨にホンノ少しでも投資しておけばその可能性は無限大に広がるわけだ。

そこで今回も、今現時点で将来性の高いと思える草コインを5つほど紹介しよう。

【2018年5月最新版】将来有望な草コイン5選

ビットゼニー(BitZeny/ZNY)

特徴

公開日は、2014年11月8日と草コインの中では、比較的長く続いている仮想通貨だ。発行上限枚数は、25,0000,000枚とビットコインの上限枚数よりも多いことが分かる。一見すると、海外で開発・発行された仮想通貨にも見えるが、実際は国内で開発された仮想通貨だ。

大きな特徴は、マイニングに関する機能について、一般のパソコンのCPUでもマイニング報酬を貰う事が可能な点だろう。一般的なマイニングの方法は、マイニングマシンの計算処理能力で判断されるが、BitZney の場合は、パソコンのキャッシュメモリ(データの一時保管)が重要とされている。従って、一般のパソコンでもキャッシュメモリが多いタイプであれば、マイニングを行う事が可能になっている。

将来性

草コインの中でも、特に開発状況が不安定な時期があったのが BitZney だ。その理由は、BitZney の開発者が行方不明となり、開発が一時中断した事があったためだ。従って、過去の相場を分析すると、2017年の10月頃まで1ZNY=0,007~0,01円のレートで推移していた。

しかし、2018年5月の時点では、1ZNY=2円前後で推移しており、更に4月にはCryptopia取引所への上場が開始されたことで、少しずつ価値が上昇してきている。将来性では、まだ大きなファンダメンタル要因は確認されていないが、初代開発者から引き継いだ開発陣が2018年5月時点で、プロジェクトを進めていることを考慮すると、今後高騰する可能性もあるだろう。

オススメの取引所

2018年時点、国内の仮想通貨取引所では BitZeny を取り扱っていない。従って、海外の仮想通貨取引所である Cryptopia で、取引するとよいだろう。Cryptopia は、仮想通貨を400種類以上取り扱っている大手仮想通貨取引所のため、システムの信頼性も高いだろう。

トロン(TRON/TRX)

特徴

公開日は、2017年12月22日と、発行されてから日が浅い草コインだ。開発陣は、主に中国人で構成されており、上場した仮想通貨取引所も中国の業者となっている。発行上限枚数は100,000,000,000 TRXと、仮想通貨の中でも特に発行枚数が多い。

特徴は、TRON の開発理念でもあるブロックチェーンや、分散型ストリームを用いてデジタルコンテンツのプラットフォームを完成させることにあるだろう。これまでよりも、自由にコンテンツを発信しクリエイターにとって、有益なプラットフォームとしていく事を掲げている。2018年から仮想通貨市場全体でも、新たな分野との連携が求められている為、TRON もデジタルコンテンツとの連携という意味で注目されている。

将来性

TRON は、2018年5月時点で1TRX=8円と、いわゆる草コインに分類できる価格だが、時価総額は世界19位付近で推移していることから、今後大きな資金流入も期待できる。

将来性という点では、技術的に成長性がある点と出来高や資金流入の両方で、大きな価格上昇が見込める仮想通貨だろう。しかし、ホワイトペーパーのコピー問題等があったことや、既存の動画配信サービスを超えるシステムを構築できるかという課題等をクリアすることが、高騰へのポイントといえる。

オススメの取引所

TRON は、2018年5月時点で国内の仮想通貨取引所で取り扱っていない。従って、国内の仮想通貨投資家が利用しやすい、バイナンスで取引することがおすすめだろう。バイナンスは、登録作業のスピーディさやインターフェイスの実用性などで評価されている。

さらに詳しいトロン(TRON)の詳細はこちら

トロン(TRON/TRX)とは?~特徴・将来性・オススメ取引所~
2017年末、突如高騰を見せ、一躍有名となったトロン(TRON/TRX)。 しかし名前を聞く機...

シリン(SIRIN LABS Token/SRN)

特徴

公開日は 2017年12月27日と、TRON 同様発行されてから日が浅いタイプの草コインだ。開発元は、スイスの SIRIN LABS という会社が開発・発行している。で発行上限枚数は、573,145,073 SRN となっている。

特徴は、同社が開発・販売している世界初のブロックチェーン対応 FINNEYデバイス、つまりスマートフォンだ。元々、FINNEYデバイスの開発資金を調達する為の ICO として、発行された SRN で安全な送金手段として注目されている。また、2018年1月にはバンコールとの提携により、イーサリアムと直接取引することが可能になったことも大きな特徴だろう。

将来性

FINNEYデバイスや FINNEYネットワークといったシステムの、根幹技術として利用されている SRN は、上場から日が浅い為に草コインとなっている可能性が高い。つまり、開発会社や提携企業、開発プロジェクトや SRN 自体の機能といった様々な側面から分析すると、ビットコインやイーサリアムといったメジャー仮想通貨に並ぶ価値になり得るだろう。

2018年5月時点では、1SRN=45円と2017年末の仮想通貨市場の高騰を除くと、低価格帯だ。しかし、前述の理由から、他の一般的な草コインよりも開発基盤が盤石といえ、ブロックチェーン対応スマートフォンも、今後の成長のファンダメンタル要因といえる。

オススメの取引所

SRN も、国内の仮想通貨取引所では取り扱っていない。従って、海外の仮想通貨取引所でしか取引することができない。おすすめの取引所は、国内でも比較的有名なビットレックスがよいだろう。他の仮想通貨取引所は、日本では情報が少ない所が多い為、登録作業等を考慮するとビットレックスで取引することがおすすめだ。

ストラクス(STRAKS/STAK)

特徴

公開日は、2017年12月17日で、こちらも日が浅い仮想通貨の1つである。発行上限枚数は15,000,000枚となっている。

特徴は、草コインの中でも時価総額が500位台と低いが、仮想通貨に関する新しい技術を積極的に導入している所にある。特に、他の仮想通貨が、他分野のプラットフォームとして開発されている事例が多い中、STRAKS は電子取引つまり仮想通貨としての決済機能を高める事を目的としている点も大きな特徴だろう。因みに、新技術とは、セグウィット4xやスマートコントラクトなどの事を指している。

将来性

Signatum という仮想通貨コミュニティのメンバーが開発している STRAKS は、新技術を盛り込んだ電子取引・決済に特化した仮想通貨だ。

2018年5月時点では、1STAK=40円台付近を推移している低価格だが、今後仮想通貨が更に決済機能や電子商取引として中心を担う存在として台頭してきた時に、高騰するのではないかと予想されている。通貨としての機能面でも見ても、将来性は十分に見込めるだろう。

オススメの取引所

STRAKS も国内の仮想通貨取引所では、取り扱っていない事と、海外の大手取引所でも取り扱っていない。そこで、おすすめの取引所は、CryptoBridge だ。2017年8月に開設した新しい取引所だが、日本語対応しているので登録作業や取引ツールの操作がしやすいだろう。

ドージ(DOGECOIN/DOGE)

特徴

公開日は、2013年12月で、仮想通貨市場の中でも特に長く取引されている通貨だ。発行上限枚数はなく制限なく発行することができる。

遊びで開発された仮想通貨だったが、コミュニティの拡大や送金スピードがビットコインよりも早いことが特徴に挙げられる。一般的には、遊びで開発された多くの草コインは、機能的にも不足している部分もあるが、DOGEは、ライトコインをベースにしている為、送金手段として活用することが可能だ。

将来性

技術的な発展やプラットフォームとしての大きな変化は、考慮しにくいが長い歴史や比較的大きなコミュニティが出来上がっている為、草コインながら通貨としての信頼性で期待されている側面がある。また、通貨としての機能は、前述でも紹介したようにライトコインをベースにしている為決済や送金手段として実用性に耐えうる。

2018年5月時点では、1DOGE=0,4円と低価格だ。発行枚数が無限であるため、高騰しにくいという評価もされているが、その評価に反して2017年末には、1月頃と比較して約100倍の高騰を一時的に記録している。従って、仮想通貨市場全体の上昇傾向が強まれば、DOGE も高騰が期待できる。

オススメの取引所

DOGE も国内の仮想通貨取引所では取引出来ない。購入の際は、海外の大手仮想通貨取引所の1つである ビットレックス がおすすめの取引所といえるだろう。

海外の仮想通貨取引所に登録するにあたって大切なことは、国内でも情報が入っているかどうかだ。その点で、ビットレックスは登録方法等の、情報が比較的広まっているので取引しやすいといえる。

関連記事とブログランキング
現在、当ブログはブログランキングの上位エントリーを目指している。
主にLINE@登録している方のみを対象に仮想通貨・株に関する特別な情報の配信を行っているが、今後ブログランキングにて一定の期間上位にランクインしたあかつきには、さらなる仮想通貨【ICO情報】ならびに【極秘・仮想通貨情報】を配信していく事をお約束しよう。

人気ブログランキングをクリックして【極秘情報を解禁】
↓↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村をクリックして【ICO情報を解禁】
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ

1日1回の応援クリックならびにLINE@へ登録して、限定情報を投資に役立てて頂ければ幸いである。

完全無料配信のLINE@はこちらから登録が可能だ。ブログだけでは明かせない独自のルートから入手する株情報や最新の仮想通貨情報など、今旬の情報を定期的に配信している。本当に投資を成功させたいと懇願している諸兄姉は、是非とも登録してもらいたい。
オススメ投資顧問&仮想通貨取引所
▼株式投資のあなたに
株式投資において、さらに沢山の有益な情報が欲しい方は、プロが選定した銘柄情報が下記から完全無料で入手出来るのでそちらを紹介しておこう。どれも私が実際に使わせてもらっているサイトで、危険性は一切ない。安心して利用してほしい。

【株エヴァンジェリスト】
kabueva-e1479182133376 無料で提供している情報量で言えば、国内の投資顧問会社No.1と言っていい。中でも、推奨銘柄に強みを持っており、「株-1グランプリ」でも優勝経験のある『向後はるみ』氏が助言者としてサイトをバックアップしている事も大きいだろう。完全無料で毎朝かかさず、市場営業前に配信されるぞ

>>すぐに使える急騰候補株の最新情報を入手!!<<
【新生ジャパン投資】
shinsei

この投資顧問は、大化け株となりうる銘柄を推奨する事で支持が高いサイトだ。そんな大化けする銘柄に加え、国内のマーケットから、世界のマーケット情報なども、完全無料で配信されているため、市場を把握するためだけでも利用する価値は充分だ!

>>次なる【大化け候補株1銘柄】を即入手!!<<

【株プロフェット】
kabupro

ご存知、藤本誠之氏がメインパーソナリティーを務めるラジオ番組「相場の福の神・10ミニッツ(ラジオNIKKEI)」のスポンサーとして資金提供しているのが、この株プロフェットだ。スポンサーである株プロフェットに藤本さんが力を注がないわけがない。高確率で動意づく配信情報は必見だ!

>>藤本誠之氏も力を入れる【厳選無料3銘柄】を即入手!!<<

【グラーツ投資顧問】 graz
イメージキャラクターに「にしきのあきら」氏を起用する大手の投資顧問だ。ここはとにかく、無料の推奨銘柄の実績が、上昇率82%という驚くべき数字をもっていることに尽きる。有料情報に引けを取らないこの無料情報は、精度の高さで言えば、トップクラスの投資顧問と言えるだろう。

>>上昇率82%を誇る【厳選銘柄】を即入手!!<<

【ミリオンストック投資顧問】 ミリオン
この投資顧問の最高顧問を務めるのは、Yahoo!ファイナンスの「株価予想」にて、アクセスランキングを常に1位キープしている「橋本明男」氏だ。テクニカル分析において彼の右に出るものはいない。ランキング1位と業界でも一目置かれるだけに、推奨銘柄は間違いなくチェックが必要だ!

>>テクニカル分析から導き出された【厳選銘柄】を即入手!!<<
▼仮想通貨投資のあなたに
将来性からみて、仮想通貨はまだまだ成長市場だ。目先に停滞や暴落があっても、この先の長い年月での値上がりを考えれば少しでも早い段階で通貨を保有しておきたい。「億り人」を目指すのであればできるだけ多くの口座でそれぞれに通貨を所持しておこう!

【QUOINEX】
取扱通貨は、BTC・ETH・XRP・LTC・XEM・BCH・EHCの7種類に加え、独自トークンのQASHが購入可能。BTC・ETH・QASHはレバレッジ取引もできる。各種手数料が常に0円なのも魅力の一つだ。

>>QUOINEXで今すぐ口座開設!!<<
【bitbank】
取扱通貨は、BTC・ETH・XRP・LTC・MONA・BCHと豊富な6種類。取引は、どの通貨も取引板方式なので透明性も高く、安いスプレッドで購入が可能だ。また人気通貨のライトコイン、リップルの板取引はビットバンクだけ。

>>ビットバンクで今すぐ口座開設!!<<
【DMM Bitcoin】
取扱通貨は、BTC・ETH・XEM・XRP・LTC・ETC・BCHと豊富な7種類。またこれだけの種類のアルトコインのレバレッジ取引が可能なのはDMM Bitcoinだけ。日本円入出金手数料が常に無料なのも魅力だ。

>>DMM Bitcoinで今すぐ口座開設!!<<
【Zaif】
取扱通貨は、BTC・ETH・XEM・MONA・BCHの5種類に加え、COMSAを含む9種のトークンも取引可能。とにかく手数料が安く、ビットコインを日本円で購入すれば、取引手数料は-0.05~-0.01%と他社と比較してもその安さは一目瞭然。

>>Zaifで今すぐ口座開設!!<<
【GMOコイン】
取扱通貨は、BTC・ETH・LTC・XRP・BCHの5種類。販売所であるためどの通貨も提示価格ですぐさま売買が成立可能だ。また、他社の販売所と比べてスプレッドが安いのも特徴。ビットコインFXとしてレバレッジ取引もできる。

>>GMOコインで今すぐ口座開設!!<<
【bitFlyer】 bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
国内最大手の取引所として認知度も高い。取扱通貨は、BTC・ETH・LTC・MONA・BCH・ETC・LSKの計7種類。使い易さは業界随一で初心者にもオススメ。買い物や旅行でもビットコインを貯める事が可能だ。

>>ビットフライヤーで今すぐ口座開設!!<<


※免責事項※
当ブログの記事内容は、投資の勧誘、銘柄の推奨、投資助言ではありません。
当ブログの内容はあくまでも筆者の個人的な見解によるものであり、筆者が個人的に判断した情報に基づき構成されておりますが、その正確性について保証するものではありません。
投資は自己判断、自己責任によるものであり、当ブログによって、生じたいかなる損害に関しても、筆者は一切の責任を負いかねますことをあらかじめご了承ください。

これから仮想通貨投資を行いたい方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする