投資顧問

仮想通貨市場がベアマーケットに、3つの下落原因 ~仮想通貨ニュース<2018年5月17日>~

今日もわたくし株師孔明が注目した仮想通貨ニュースを紹介しよう。

仮想通貨ニュース一覧<2018年5月17日>

 仮想通貨市場がベアマーケットに、3つの下落原因

ビットコインをはじめとする多くの仮想通貨の価格が10日連続で下落している。

その大きな原因は3つに整理される。

1つ目はマウントゴックスがビットコインを大量に売りに出していることが挙げれる。

同社が破綻して以降、保有しているビットコインを換金する動きが幾度があったが、今回も約84億円相当のビットコインを売却している。

2つ目は、韓国の大手取引所であるUpbitが地元警察による捜査を受けたという報道があった点だ。

この問題では、保有している仮想通貨の情報開示に偽りがあったとされており、報道以降、韓国国内では売りが先行した。

3つ目は、Bing が仮想通貨広告を禁止したことが挙げられる。

すでにFacebook や Google などは広告を禁止しているがそれに続いた形になっている。

 ビットコインキャッシュ、ハードフォークによってブロックサイズを32MBに

2018年5月15日、ビットコインキャッシュはハードフォークによりブロックサイズを32MBに拡大するなどのアップグレードを行った。

ビットコインキャッシュはビットコインからハードフォークして誕生した仮想通貨で、元々、ビットコインよりもブロックサイズが大きくなっている。

ブロックサイズはスケーラビリティ問題の原因となる事から、ビットコインではSegWit 技術を採用し、データサイズを圧縮することでこの問題を緩和している。

一方、ビットコインキャッシュは、ブロックサイズそのものを大きくすることでこの問題を解決しようとしている。

今後ビットコインキャッシュの送金速度や手数料の側面がより改善されていくことが期待されるだろう。

 IBMとVeridium Labが提携、トークン発行を計画

アメリカの大手コンピュータ関連企業 IBM は、環境テックベンチャーのVeridium Lab と提携して、環境保全に繋がるようなスムーズなカーボンクレジット取引の実現に向け取り組みを進めていくと発表した。

具体的には、時価総額8位の Stellar のブロックチェーンを利用してカーボンクレジットトークンを発行することで実現する。

カーボンクレジットとは、二酸化炭素の排出権を経済的に取引するもので、多くの企業や国家間で実際に行われている。

しかし、従来の方法では、様々なコストがかかり、手続きも複雑になってしまう欠点があった。

そこで、ブロックチェーンを活用することで、スムーズで透明性の高い取引が可能になる。

今回は、IBM が技術的なリソースを提供し、Veridium Lab がカーボンクレジットの価値算出のノウハウを提供することで、2018年中をめどに販売を目指す。

この件が成功すれば、今後カーボンクレジット以外にもブロックチェーンの活用が進んでいくことが期待されるだろう。

関連記事とブログランキング
現在、当ブログはブログランキングの上位エントリーを目指している。
主にLINE@登録している方のみを対象に仮想通貨・株に関する特別な情報の配信を行っているが、今後ブログランキングにて一定の期間上位にランクインしたあかつきには、さらなる仮想通貨【ICO情報】ならびに【極秘・仮想通貨情報】を配信していく事をお約束しよう。

人気ブログランキングをクリックして【極秘情報を解禁】
↓↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村をクリックして【ICO情報を解禁】
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ

1日1回の応援クリックならびにLINE@へ登録して、限定情報を投資に役立てて頂ければ幸いである。

完全無料配信のLINE@はこちらから登録が可能だ。ブログだけでは明かせない独自のルートから入手する株情報や最新の仮想通貨情報など、今旬の情報を定期的に配信している。本当に投資を成功させたいと懇願している諸兄姉は、是非とも登録してもらいたい。
オススメ投資顧問&仮想通貨取引所
▼株式投資のあなたに
株式投資において、さらに沢山の有益な情報が欲しい方は、プロが選定した銘柄情報が下記から完全無料で入手出来るのでそちらを紹介しておこう。どれも私が実際に使わせてもらっているサイトで、危険性は一切ない。安心して利用してほしい。

【株エヴァンジェリスト】
kabueva-e1479182133376 無料で提供している情報量で言えば、国内の投資顧問会社No.1と言っていい。中でも、推奨銘柄に強みを持っており、「株-1グランプリ」でも優勝経験のある『向後はるみ』氏が助言者としてサイトをバックアップしている事も大きいだろう。完全無料で毎朝かかさず、市場営業前に配信されるぞ

>>すぐに使える急騰候補株の最新情報を入手!!<<
【新生ジャパン投資】
shinsei

この投資顧問は、大化け株となりうる銘柄を推奨する事で支持が高いサイトだ。そんな大化けする銘柄に加え、国内のマーケットから、世界のマーケット情報なども、完全無料で配信されているため、市場を把握するためだけでも利用する価値は充分だ!

>>次なる【大化け候補株1銘柄】を即入手!!<<

【株プロフェット】
kabupro

ご存知、藤本誠之氏がメインパーソナリティーを務めるラジオ番組「相場の福の神・10ミニッツ(ラジオNIKKEI)」のスポンサーとして資金提供しているのが、この株プロフェットだ。スポンサーである株プロフェットに藤本さんが力を注がないわけがない。高確率で動意づく配信情報は必見だ!

>>藤本誠之氏も力を入れる【厳選無料3銘柄】を即入手!!<<

【グラーツ投資顧問】 graz
イメージキャラクターに「にしきのあきら」氏を起用する大手の投資顧問だ。ここはとにかく、無料の推奨銘柄の実績が、上昇率82%という驚くべき数字をもっていることに尽きる。有料情報に引けを取らないこの無料情報は、精度の高さで言えば、トップクラスの投資顧問と言えるだろう。

>>上昇率82%を誇る【厳選銘柄】を即入手!!<<

【ミリオンストック投資顧問】 ミリオン
この投資顧問の最高顧問を務めるのは、Yahoo!ファイナンスの「株価予想」にて、アクセスランキングを常に1位キープしている「橋本明男」氏だ。テクニカル分析において彼の右に出るものはいない。ランキング1位と業界でも一目置かれるだけに、推奨銘柄は間違いなくチェックが必要だ!

>>テクニカル分析から導き出された【厳選銘柄】を即入手!!<<
▼仮想通貨投資のあなたに
将来性からみて、仮想通貨はまだまだ成長市場だ。目先に停滞や暴落があっても、この先の長い年月での値上がりを考えれば少しでも早い段階で通貨を保有しておきたい。「億り人」を目指すのであればできるだけ多くの口座でそれぞれに通貨を所持しておこう!

【QUOINEX】
取扱通貨は、BTC・ETH・XRP・LTC・XEM・BCH・EHCの7種類に加え、独自トークンのQASHが購入可能。BTC・ETH・QASHはレバレッジ取引もできる。各種手数料が常に0円なのも魅力の一つだ。

>>QUOINEXで今すぐ口座開設!!<<
【bitbank】
取扱通貨は、BTC・ETH・XRP・LTC・MONA・BCHと豊富な6種類。取引は、どの通貨も取引板方式なので透明性も高く、安いスプレッドで購入が可能だ。また人気通貨のライトコイン、リップルの板取引はビットバンクだけ。

>>ビットバンクで今すぐ口座開設!!<<
【DMM Bitcoin】
取扱通貨は、BTC・ETH・XEM・XRP・LTC・ETC・BCHと豊富な7種類。またこれだけの種類のアルトコインのレバレッジ取引が可能なのはDMM Bitcoinだけ。日本円入出金手数料が常に無料なのも魅力だ。

>>DMM Bitcoinで今すぐ口座開設!!<<
【Zaif】
取扱通貨は、BTC・ETH・XEM・MONA・BCHの5種類に加え、COMSAを含む9種のトークンも取引可能。とにかく手数料が安く、ビットコインを日本円で購入すれば、取引手数料は-0.05~-0.01%と他社と比較してもその安さは一目瞭然。

>>Zaifで今すぐ口座開設!!<<
【GMOコイン】
取扱通貨は、BTC・ETH・LTC・XRP・BCHの5種類。販売所であるためどの通貨も提示価格ですぐさま売買が成立可能だ。また、他社の販売所と比べてスプレッドが安いのも特徴。ビットコインFXとしてレバレッジ取引もできる。

>>GMOコインで今すぐ口座開設!!<<
【bitFlyer】 bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
国内最大手の取引所として認知度も高い。取扱通貨は、BTC・ETH・LTC・MONA・BCH・ETC・LSKの計7種類。使い易さは業界随一で初心者にもオススメ。買い物や旅行でもビットコインを貯める事が可能だ。

>>ビットフライヤーで今すぐ口座開設!!<<


※免責事項※
当ブログの記事内容は、投資の勧誘、銘柄の推奨、投資助言ではありません。
当ブログの内容はあくまでも筆者の個人的な見解によるものであり、筆者が個人的に判断した情報に基づき構成されておりますが、その正確性について保証するものではありません。
投資は自己判断、自己責任によるものであり、当ブログによって、生じたいかなる損害に関しても、筆者は一切の責任を負いかねますことをあらかじめご了承ください。

これから仮想通貨投資を行いたい方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする