モナコインが攻撃を受け、大規模なReorgを実施 ~仮想通貨ニュース<2018年5月18日>~

今日もわたくし株師孔明が注目した仮想通貨ニュースを紹介しよう。

仮想通貨ニュース一覧<2018年5月18日>

モナコインが攻撃を受け、大規模なReorgを実施

2018年5月18日未明、モナコインが Block withholding attack(selfish mining)という攻撃を受けたことが判明した。

この攻撃は、悪意あるマイナーが、ハッシュパワーの低いブロックから先のブロックをネットワーク全体に隠したままマイニングを進め、後から公開するといったものだ。

モナコインはコンセンサスアルゴリズムにプルーフ・オブ・ワークス(PoW)を採用しており、マイニングはマイナーによる計算処理によって承認され、一番長いブロックチェーンを正しいものとするルールになっている。

そのため、後から公開された長いチェーンを認めざるを得なくなり、Reorg と呼ばれる処理を行わなくてはいけなくなった。

モナコインが各ブロックで難易度調整されているため、ハッシュパワーが低いブロックをマイニングされたことがきっかけとなったと考えられる。

この攻撃のため、Zaif や bitbank、bitFlyer などモナコインを扱う取引所は対応に追われ、取引に必要な承認数を一時的に上げる対応を取った。

もともとこの攻撃の危険性は提唱されていたものの、あくまで理論的な話として受け入れられていたが、実際に行われたことで衝撃を与えた。

また、PoWを採用する以上避けては通れないものだが、この攻撃を防ぐ方法はほとんどなく、取引を完了させるための承認数を上げるかPoSなどのコンセンサスアルゴリズムに変更するといった数少ない方法しかない。

モナコインに限らず、ビットコインやライトコインのようなPoWを採用している仮想通貨やハッシュパワーの低い仮想通貨は同じく攻撃を受ける可能性は考えられる

ブロックチェーン技術は分散型で安全性の高い技術であるとされている。

もちろん、今回の事件でそれが覆されたわけでは決してないが、ブロックチェーン技術の根底を再度見直すきっかけとなる歴史的な事件となりそうだ。

G20で仮想通貨を金融資産と認める事に合意、韓国では規制を緩和させる動き

G20の金融政策機関が、仮想通貨を金融資産と認めることに同意し、規制の延期を決定した。

また、7月までに仮想通貨のグローバルスタンダードになる統一された規制の提言を行うこととしており、今年中頃までに国際社会における仮想通貨に対する態度が明確になるとみられている。

それに伴い、韓国の金融監視院(FSS)もこれまで仮想通貨を非金融資産として強硬な態度を軟化させ、グローバルスタンダードに準じた規制に変えていこうとしている。

今後の各国の態度がどのように変化していくのか継続してチェックする必要があるが、比較的軟化する方向に進んでいくことが期待できそうだ。

関連記事とブログランキング

LINE@にて株師孔明から非公開情報や最新情報を受け取る!

・株師孔明の投資のイロハ
・今買うべき株式材料銘柄情報
・仮想通貨の最新ニュース
・特定仮想通貨の買い増しサイン など

1日2つ、ブログランキングの応援クリックも宜しくお願いします。
 にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ