投資顧問

Reorg(リオルグ)とは? ~今さら聞けない仮想通貨の基礎知識~

「Reorg(リオルグ)」とは、Reorganization(リオーガニゼーション) の略で、再編成という意味を指す。

つまり、ブロックチェーンにおいて「Reorg」とは、「分岐したブロックチェーンが一つに再編成される」ことを意味する。

ここでは、「Reorg」とはどんな事象なのか、どういった時に起こり、どういうケースが想定されるかなどを説明する。

Reorgとは?

Reorg は、ブロックチェーンの取引承認の構造を端的に表しており、Reorg 自体は問題視する事象ではなく、よく起こり得る事象だといえる。

Reorg の仕組み

取引データなどが記録されているブロックチェーンは、鎖のようにデータが連なっており、その1つ1つの鎖=データボックスに取引記録などが入っている。

仮想通貨の取引・マイニングが行われると、そのブロックチェーンが増えていくわけだが、その際に、システム上の理由からブロックチェーンが分岐することがある。

Reorg は、その分岐したブロックチェーンを統合しようとする動きである。

これは、複数のチェーンが同時に存在すると、取引承認の整合性が取れないため、必ず1本になるよう設計されているためである。

ちなみに、分岐したチェーンのうち、どちらが Reorg されるかは、チェーンの長さで決まり、短いブロックチェーンが長いブロックチェーンに統合され、短いチェーンは事実上削除されることとなる。

その後は、長いブロックチェーンの方ではそのまま取引承認が続き成長していく訳だが、そうなると短いブロックチェーンに取引承認していたデータはどうなるのだろう?と思われるだろう。

しかし、あくまで統合であるため、短いブロックチェーンに取引承認していたデータは、長いブロックチェーンに格納されるため、データ消失はせず、データが格納されたのち、短いチェーンだけが削除される。

これが「Reorg」であり、「巻き戻し」と呼ばれる所以だ。

Reorg はどんな時に生じる?

Reorg が生じる時には大きく分けて2つのパターンがある。

1つは、自然発生的に起きる場合。そしてもう1つが、悪意のある攻撃によって Reorg される事だ。

前者の場合は、マイニング時の取引承認で偶然起こるフォークを是正する為に、Reorg することもある。

また、仮想通貨のバージョンアップやビットコインなどで起きた、開発陣などの対立によってフォーク(分岐)されると Reorg が行われるケースもある。

しかしこの2つの場合は、特に問題は起きない。

だが、後者の場合、PoW 方式の仮想通貨で、ハッシュパワーつまりマイニング時の処理能力が低いと、その脆弱性を突いた攻撃により Reorg する場合がある。

流れとしてはまず、マイニング処理を行うのだが、最も多くの計算処理を行うようにする。

そうすると、自身が処理したブロックチェーンが最も長くなるのだが、一時的に取引承認されないよう隠すことで、システム上長いブロックチェーンが別のチェーンになる。

そして、あるタイミングで一気に取引承認作業を公開すると、本来最も長いブロックチェーンが出現し、それまで最も長いと認識されていたブロックチェーンと格納されていたデータが統合・消失する。

このように、意図的に Reorg を引き起こす事も可能となっている。

UASF と Reorg

UASF (User Activated Soft Fork)とは、ソフトフォークの事を指すわけだが、このソフトフォークも Reorg と関連性がある。

UASFは、仕様変更前のブロックチェーンと、互換性を持つブロックチェーンになる。

例えば、UASF後のマイナー(UASF)より UASF前のマイナー(nonUASF)が多い場合には、ソフトフォーク前のブロックチェーンが長くなる。

この場合、nonUASF で送金処理を行うと双方のブロックチェーンで一旦認識されるが、nonUASF のみで送金処理されることとなる。

そして、一旦UASFで認識されたブロックは、エラーのみで終了する。

反対に、UASFのマイナーが多く、nonUASFのマイナーが少ないと、UASFのブロックチェーンが長くなる。

そして、nonUASFで送金処理を行うと、nonUASFの方が短いブロックチェーンなので、Reorg されて送金分がエラーとなり戻ってくる。

つまり、この場合にのみ Reorg されるということになる。

因みに、昨今では UASF による Reorg も問題視されており、UASF対応ウォレットの使用が推奨されている。

Reorg により生じる問題

Reorg 自体は悪いことではなく、ブロックチェーンの仕様上起こりうる事象だが、一番厄介なのが、意図的な Reorg を引き起こすことで仮想通貨資産が消失するケースだ。

前述したように、ハッシュパワーの低い仮想通貨でマイニングを行い、更にそのブロックを隠すと、意図的に Reorg を引き起こすことが可能なことから、それまで最も長いと認識されていたブロックチェーンが消滅し、その結果、仮想通貨資産が全て消失するという事が起こりうる。

また、先ほど説明した UASF の場合でも、nonUASF による送金処理で仮想通貨が消失するケースがある。

このように、意図的な攻撃やシステムの仕様により、Reorg が引き起こされると場合によっては、各ユーザーの仮想通貨資産が消失する問題があるだろう。

今後の改善点

意図的な攻撃により引き起こされる Reorg を防止するには、悪意を持ったマイナーにマイニングをされても、最も多くのブロックチェーンを作成させないようにすることが1つの方法だ。

被害に遭いやすい仮想通貨の特徴は、総じてハッシュパワーの低いものが多い。

従って、最も多くの処理を行うマイナーになる為のハードルが低く、Reorgさせやすいのだ。

また、ハードルが低いということは、マイニングマシンも業務用のマシンを用意する必要性が無い場合もあり、個人で攻撃を行う事もできてしまう。

今後は、根本的なアルゴリズムの改善や、取引承認方式を巡る議論が起こると予想される。

また、個人でできる改善方法としては、必要以上の仮想通貨は自身のウォレットに保管して起き、Reorg が起きた際に被害を最小限に食い止めるように事前に対策をとっておくことが大切だ。

関連記事とブログランキング
現在、当ブログはブログランキングの上位エントリーを目指している。
主にLINE@登録している方のみを対象に仮想通貨・株に関する特別な情報の配信を行っているが、今後ブログランキングにて一定の期間上位にランクインしたあかつきには、さらなる仮想通貨【ICO情報】ならびに【極秘・仮想通貨情報】を配信していく事をお約束しよう。

人気ブログランキングをクリックして【極秘情報を解禁】
↓↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村をクリックして【ICO情報を解禁】
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ

1日1回の応援クリックならびにLINE@へ登録して、限定情報を投資に役立てて頂ければ幸いである。

完全無料配信のLINE@はこちらから登録が可能だ。ブログだけでは明かせない独自のルートから入手する株情報や最新の仮想通貨情報など、今旬の情報を定期的に配信している。本当に投資を成功させたいと懇願している諸兄姉は、是非とも登録してもらいたい。
オススメ投資顧問&仮想通貨取引所
▼株式投資のあなたに
株式投資において、さらに沢山の有益な情報が欲しい方は、プロが選定した銘柄情報が下記から完全無料で入手出来るのでそちらを紹介しておこう。どれも私が実際に使わせてもらっているサイトで、危険性は一切ない。安心して利用してほしい。

【株エヴァンジェリスト】
kabueva-e1479182133376 無料で提供している情報量で言えば、国内の投資顧問会社No.1と言っていい。中でも、推奨銘柄に強みを持っており、「株-1グランプリ」でも優勝経験のある『向後はるみ』氏が助言者としてサイトをバックアップしている事も大きいだろう。完全無料で毎朝かかさず、市場営業前に配信されるぞ

>>すぐに使える急騰候補株の最新情報を入手!!<<
【新生ジャパン投資】
shinsei

この投資顧問は、大化け株となりうる銘柄を推奨する事で支持が高いサイトだ。そんな大化けする銘柄に加え、国内のマーケットから、世界のマーケット情報なども、完全無料で配信されているため、市場を把握するためだけでも利用する価値は充分だ!

>>次なる【大化け候補株1銘柄】を即入手!!<<

【株プロフェット】
kabupro

ご存知、藤本誠之氏がメインパーソナリティーを務めるラジオ番組「相場の福の神・10ミニッツ(ラジオNIKKEI)」のスポンサーとして資金提供しているのが、この株プロフェットだ。スポンサーである株プロフェットに藤本さんが力を注がないわけがない。高確率で動意づく配信情報は必見だ!

>>藤本誠之氏も力を入れる【厳選無料3銘柄】を即入手!!<<

【グラーツ投資顧問】 graz
イメージキャラクターに「にしきのあきら」氏を起用する大手の投資顧問だ。ここはとにかく、無料の推奨銘柄の実績が、上昇率82%という驚くべき数字をもっていることに尽きる。有料情報に引けを取らないこの無料情報は、精度の高さで言えば、トップクラスの投資顧問と言えるだろう。

>>上昇率82%を誇る【厳選銘柄】を即入手!!<<

【ミリオンストック投資顧問】 ミリオン
この投資顧問の最高顧問を務めるのは、Yahoo!ファイナンスの「株価予想」にて、アクセスランキングを常に1位キープしている「橋本明男」氏だ。テクニカル分析において彼の右に出るものはいない。ランキング1位と業界でも一目置かれるだけに、推奨銘柄は間違いなくチェックが必要だ!

>>テクニカル分析から導き出された【厳選銘柄】を即入手!!<<
▼仮想通貨投資のあなたに
将来性からみて、仮想通貨はまだまだ成長市場だ。目先に停滞や暴落があっても、この先の長い年月での値上がりを考えれば少しでも早い段階で通貨を保有しておきたい。「億り人」を目指すのであればできるだけ多くの口座でそれぞれに通貨を所持しておこう!

【QUOINEX】
取扱通貨は、BTC・ETH・XRP・LTC・XEM・BCH・EHCの7種類に加え、独自トークンのQASHが購入可能。BTC・ETH・QASHはレバレッジ取引もできる。各種手数料が常に0円なのも魅力の一つだ。

>>QUOINEXで今すぐ口座開設!!<<
【bitbank】
取扱通貨は、BTC・ETH・XRP・LTC・MONA・BCHと豊富な6種類。取引は、どの通貨も取引板方式なので透明性も高く、安いスプレッドで購入が可能だ。また人気通貨のライトコイン、リップルの板取引はビットバンクだけ。

>>ビットバンクで今すぐ口座開設!!<<
【DMM Bitcoin】
取扱通貨は、BTC・ETH・XEM・XRP・LTC・ETC・BCHと豊富な7種類。またこれだけの種類のアルトコインのレバレッジ取引が可能なのはDMM Bitcoinだけ。日本円入出金手数料が常に無料なのも魅力だ。

>>DMM Bitcoinで今すぐ口座開設!!<<
【Zaif】
取扱通貨は、BTC・ETH・XEM・MONA・BCHの5種類に加え、COMSAを含む9種のトークンも取引可能。とにかく手数料が安く、ビットコインを日本円で購入すれば、取引手数料は-0.05~-0.01%と他社と比較してもその安さは一目瞭然。

>>Zaifで今すぐ口座開設!!<<
【GMOコイン】
取扱通貨は、BTC・ETH・LTC・XRP・BCHの5種類。販売所であるためどの通貨も提示価格ですぐさま売買が成立可能だ。また、他社の販売所と比べてスプレッドが安いのも特徴。ビットコインFXとしてレバレッジ取引もできる。

>>GMOコインで今すぐ口座開設!!<<
【bitFlyer】 bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
国内最大手の取引所として認知度も高い。取扱通貨は、BTC・ETH・LTC・MONA・BCH・ETC・LSKの計7種類。使い易さは業界随一で初心者にもオススメ。買い物や旅行でもビットコインを貯める事が可能だ。

>>ビットフライヤーで今すぐ口座開設!!<<


※免責事項※
当ブログの記事内容は、投資の勧誘、銘柄の推奨、投資助言ではありません。
当ブログの内容はあくまでも筆者の個人的な見解によるものであり、筆者が個人的に判断した情報に基づき構成されておりますが、その正確性について保証するものではありません。
投資は自己判断、自己責任によるものであり、当ブログによって、生じたいかなる損害に関しても、筆者は一切の責任を負いかねますことをあらかじめご了承ください。

これから仮想通貨投資を行いたい方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする