【仮想通貨】失敗しない ICO の選び方

近年目覚ましく成長する仮想通貨市場において、加速度的に増えているのが ICO だ。

ICO は、実施する企業が資金調達できるのはもちろんの事、通貨が値上がりすれば投資する側も大きな利益を得れるため注目度は高い。

しかし ICO は、詐欺や ICO割れなどのリスクも持ち合わせており、昨今これが問題になりつつもある。

ICO に参加してみたいものの、「投資しようとしているICOが詐欺ではないか」「このICOは期待通り値上がりするのか」と不安になっている方も多いのではないだろうか。

そこで、この記事ではできるだけ失敗しない ICO を選ぶ基準について、わかりやすく解説したい。

ICO の メリット・デメリット

ICO は、他の投資手法とは違い直接投資が可能なことから、仲介会社の手数料がかからず、利益を大きく出しやすい点がメリットといえる。

一方 デメリットは、詐欺の可能性、通貨が上場しない可能性、したとしても ICO割れといった購入価格よりも価格が大幅に下がる危険性があることなどがあげられる。

従来、株や投資信託といった投資を行うためには、証券会社やベンチャーキャピタルなどの仲介が必要となる

仲介会社が詐欺的な商品を排除し、ある程度リスクを選別したうえで、投資商品を投資者に提供してくれる。

しかし ICO では、インターネット経由で世界中の案件に直接投資が可能だが、リスクを選別してくれる組織が存在しない。

そのため、詐欺的な ICO を見分け投資リスクを測定するのは、投資者自身で行う必要がある。

とはいっても、ICO =詐欺という風潮が大きくなっている昨今だが、実施されている ICO のうち、ハナから詐欺目的で実施している ICO は実際のところそこまで多くはない

詐欺目的で資金調達をしても、それが詐欺だったと世間に知られればその企業のイメージは大きく落ちるリスクがあるからだ。

むしろ、ICO で注意しなければならないのは、そのトークンが取引所に上場するのか、そして上場後に価格を維持できるのか、この2点が大きい。

そのため、ICO 自体は詐欺でなくても、プロジェクトがうまくいかず上場できないことや、ICO割れによる大幅な損失の可能性があることが、ICO におけるデメリットにつながってしまう。

その分、ICO は成長通貨を掴んだ時は大きな利益を生むことができるため、しっかりと見極めて投資をおこなえば大きなリターンを得れる投資法だといえる。

ICOに関するさらなる詳しい記事はこちらを

ICOとは?~今さら聞けない仮想通貨の基礎知識編~
現在仮想通貨への投資は、個人投資家でなくとも、一般のサラリーマンでも何かしらのコインを所有している人...

ICO を選ぶべき基準とポイント

ICO を選ぶ基準は以下の3つの観点から考えよう。

1)運営組織
2)運営メンバー
3)市場

運営組織

プロジェクトを運営元が信頼できる組織かどうかを確認するのは必須事項だ。

信頼できるかどうかの判定基準となる点は以下の通り。

■SNSで情報発信を積極的に行っているか(Twitter、Telegram、Reddit、Medium等)
情報発信が盛んであれば、開発が進んでいる可能性が高いため、プロジェクトが遂行する可能性が高いと言える。ただし、頻繁に発信されてても、内容の薄いプロジェクト進展のない情報ばかりの場合はカウントできない。

■調達した資金の具体的な使い道がロードマップに記載されているか
調達した資金の具体的な使い道が書かれていなければ、当然ながら信頼性に欠ける。また、使い道の方法が非現実的すぎる内容でもよくない。

■出資企業の知名度
プロジェクトによっては、企業から出資を受けている場合がある。知名度が高い企業が出資している場合、信頼性が増すだろう。そういった ICO は上場後も値を上げる事があるため、しっかりと把握しておこう。

■プロジェクトの進行度合い
すでに一部利用可能な機能があれば、プロジェクトがとん挫してしまう可能性は少ないと言える。ロードマップに記載されている内容の進捗率も、しっかりとチェックしておこう。

運営メンバー

運営メンバーは、ICOが成功するか測るための大きな指標だ。

例をあげると、ICO が成功したプロジェクト『OmiseGo』では、アドバイザーにイーサリアムの開発者ビタリック・ブテリン氏を迎えていた。

知名度が高いため、彼がアドバイザーに入っているのなら成功するに違いないという期待が高まり、大きく注目されたことも ICO 成功の一因といえるだろう。

運営メンバーで着目する点は以下の通り。

■開発メンバーの過去の経歴
開発メンバーが以前携わったプロジェクトを確認しよう。社会的にインパクトがあるプロジェクトに携わっていれば、期待値は高いと言える。

■アドバイザーの知名度
アドバザーに著名人がいるかどうか確認しよう。

市場

製品・サービスが実際にリリースされたとき形成されるトークン流通市場は、大きなものになる可能性が高いかどうかを予測しよう。

市場でチェックするポイントは以下の通り。

■プロジェクトは社会のニーズとマッチしているか
プロジェクトが解決しようとしている問題は、本当に社会が解決を必要としているものなのか確認しよう。需要の高さが目に見えたプロジェクト内容で、社会のニーズとあっているほど、ICO 成功の可能性は高いと言える。

■市場規模
トークンが流通する市場はどのくらいの規模か、小さくないか確認しよう。

■ほかのプロジェクトと比べて強みがあるか
既存のサービスや、同じ市場を獲得しようとしているほかのプロジェクトと比べて、独自の強みがあるか確認しよう。すでにリリースされている別の通貨やサービスで代用が利くのであれば、当然ながらそのトークンの需要はないといえる。

詐欺 ICO の見極め方

以下の特徴を持った ICO は詐欺 ICO の可能性が高いため、注意しよう。

高配当が約束されている

ICOの中には、「2年後には100倍になる」「月利45%」など、高配当を謳っているものがある。

仮想通貨は価格変動が激しいため、そもそも価格を保証することさえ難しい。

仮想通貨に詳しくない人をあおって購入させるための口説き文句であるため、こういった高配当が約束されている仮想通貨には注意すべきだ。

プロモーターに芸能人などの有名人がいる

有名人が宣伝していると、「あの人がやっているんだったら大丈夫」と思ってしまいがちだ。

一見勘違いしやすいが、このパターンでも有名人の名前を利用し、信頼を得ようとしているプロジェクトもある。

もちろん、実際に有名人や芸能人がプロモーターにいる本物のプロジェクトも存在するため、それだけを理由に詐欺 ICO とは判断できない。

よって、有名人や芸能人がプロモーターにいる場合は、それのみを安心要素にはせず、ほかの観点から判断するのがいいだろう。

知人から勧誘される

直接知人から個人的に ICO の勧誘を受けた場合、ほとんどは報酬目当てだと思っていいだろう。

このような勧誘手法を展開している ICO は、組織の上部だけが儲かる仕組みになっている。

大々的にネットなどで推奨されているものとは違い、個人的に人づてに勧誘を受ける場合は注意が必要だ。

注意補足

ここまで解説した基準を全て満たした、『詐欺ではない ICO』を見つけたとしても、100%利益につながるわけではない。

前述したように、詐欺ではない ICO を見つける事は出来ても、プロジェクト自体がうまくいかず上場しない場合や、ICO割れするリスクもあるため、そこは普通の投資と同じと思っていただきたい。

失敗しない ICO の選び方 まとめ

失敗しない ICO の選び方について解説した。

成功した ICO のひとつである『OmiseGO』は、ICO 時の価格は約29.5円だったが、2018年1月には約2,600円を推移し、およそ90倍近い値上がりとなった。

もしも ICO に参加し、1ETH分だけ OMG を購入していれば、結果的に600万円ほどまでになっているため 1ETH が 600万円まで高騰する事よりもよほど現実的な数字だと言える。

選別可能な詐欺 ICO をできるだけ排除し、成功する ICO を見極めて安心かつ夢のある投資をおこないたいものだ。

関連記事とブログランキング

LINE@にて株師孔明から非公開情報や最新情報を受け取る!

・株師孔明の投資のイロハ
・今買うべき株式材料銘柄情報
・仮想通貨の最新ニュース
・特定仮想通貨の買い増しサイン など

1日2つ、ブログランキングの応援クリックも宜しくお願いします。
 にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ