北海道地震関連銘柄 上がる株 一覧【9月6日・胆振東部・復興】

2018年9月6日に北海道で発生した大型の地震は今なお深刻な不安とダメージを与えている。

すでに今回の地震の復旧・復興に向けて、支援金の募りや各企業のサポートが実施されているが、まだまだ足りたものではない。

そこでこの記事では、どのような企業が災害対策に関わり、北海道地震関連銘柄となっているのかを紹介しておきたい。

平成30年北海道胆振東部地震とは

2018年9月6日3時8分頃、北海道胆振地方中東部を震源とするマグニチュード6.7の地震が発生し、厚真町では震度7を記録した。

北海道地震「激甚災害」指定へ NEW!!

今回の北海道での震災を受け、安倍晋三首相は9月13日、官邸で開かれた関係閣僚会議にて「被災地の復旧、復興を加速化させるため、激甚災害に指定する見込みとなった」と表明した。

この指定により、自治体の復旧事業に対する国の補助率が1~2割程度かさ上げされ、被災自治体への復旧支援を加速させることができる。

また、安倍首相は、被災した住宅の再建策や観光業の風評被害対策、農林漁業者や中小・小規模事業者への支援策に対しても早急にまとめるよう関係省庁に指示。

政府は農地や道路などの被害状況の調査を進め、閣議決定する方針だ。

北海道地震関連銘柄に注目

北海道地震関連銘柄とは、2018年9月6日に起きた北海道胆振地方中東部を震源とする地震で及んだ被害に対し復旧・復興に携わる企業や、支援金の募金に関わる企業など、震災に対し関係するすべての銘柄を指す。

北海道大地震で様々な銘柄が思惑買い

9月6日に起きた北海道の大地震を受けて、北海道を地盤に全国展開している、建機レンタル大手の<9678>カナモトが大幅高となった。

また、それと同様に北海道に本社を置く<3987>エコモットや、こちらも北海道を地盤とした<8085>ナラサキ産業なども上昇していることから、これらは投資家による思惑買いであることがわかる。

しかし、これらの銘柄はどれも今回の北海道震災における災害対策銘柄としては該当しているため、今後も注視が必要となってくる。

被災者支援策を発表した<9433>KDDIなどが株価上昇

今回の北海道の震災を受けて、KDDIは、被災者の基本料金などを減免、携帯電話料金などの支払期限を延長、災害により破損・故障した携帯電話機の修理費用を一部軽減、9月6日と7日の2日間に実施されたデータチャージの利用料金のうち 5Gバイト分までを無料化することなどを発表した。

これを受けて、<9433>KDDI は前日比+46.5(+1.6%) の株価上昇を見せている。

また、<9437>NTTドコモも一部のドコモショップでスマートフォンの無料充電サービスの提供を発表し、前日比+28.5(+1.0%)と物色が向かった。

被害経済損失は熊本地震を上回る5兆円超えも

一方、それとは逆に、この地震で被害を受け、経済損失を被った企業も多い。

震災直後には、日本製紙や王子製紙、トヨタ自動車、森永乳業、明治、キユーピー、カルビー、マルハニチロ、日清食品、京セラ、パナソニック、丸大食品、伊藤ハム、アサヒビール、キリンビールなどの工場が停止しており、2016年に発生した熊本地震の損失額を上回る5兆円に達する可能性もあるとしている。

中でも<7203>トヨタ自動車は、10日朝から完成車を生産する国内16の工場の操業を休止しており、再開時期についても10日中に判断するとしている。

物色が向かう銘柄がある一方、こういった経済損失から株価を落としかねない銘柄もあるため、そのへんは注意が必要だ。

地震被害の募金、大手企業が7日より受け付け

被災者を支援するための募金もまた、<4689>ヤフー、<4755>楽天、<3938>LINEなどが7日より受け付けている。

Yahoo!ネット募金

楽天クラッチ募金

LINE Pay で寄付

3銘柄とも受付開始後からわずかながら株価を上げている。

注目の要点をチェック!
  • 今回の震災で経済的なダメージを負った企業の株価暴落も懸念
  • 今後、全国各地から様々な形で支援に当たる企業が出てくる事が考えられる

北海道地震関連銘柄 一覧

コード 企業名 企業情報・業務内容 注目度
8594 中道リース 北海道地盤の総合リース企業。建機・車両リースに強み。 ★★★
9812 テーオーHD 北海道中心に流通事業を展開しているが、木材事業、住宅事業も手掛ける。 ★★★
8104 クワザワ 北海道を地盤とする内外装建材など建設資材の総合商社。 ★★★★
1840 土屋HD 北海道が地盤の注文住宅会社。 ★★★★★
9433 KDDI 総合通信会社大手。震災復興の際は無料のサービスなどを提供。 ★★
9437 NTTドコモ 総合通信会社大手。震災復興の際は無料のサービスなどを提供。 ★★
4825 ウェザーニューズ 気象情報サービス会社。 ★★
9678 カナモト 北海道地盤の建機レンタル最大手。 ★★★★
3987 エコモット 北海道に本社を置き、IoTインテグレーション事業を展開。 ★★★★
8085 ナラサキ産業 北海道地盤の商社で、建材・燃料関連事業、も展開。 ★★★★

主な北海道地震関連銘柄はこの通りとなっている。

出遅れとして出てきた銘柄があれば、随時更新していくのでこまめにチェック頂きたい。

注目すべき災害対策関連銘柄

ここでは数ある企業の中で、とくに注目しておくべき北海道地震関連銘柄を紹介していこう。

<1840>土屋ホールディングス

土屋ホールディングスの株価

市場名 東証2部、札幌
業種 建設業
上場年月日 1993年5月28日
単元 100株
比較されやすい銘柄 住友林、タマホーム、三井ホーム
株主優待 なし

北海道が地盤の注文住宅会社で、リフォームや不動産の賃貸、仲介も展開。

住宅の施工やリフォームのなどの売上高の約6割を道内が占めていることから、震災の災害復旧ではなく、街の復興という観点で関連銘柄となっている。

実際に6日の地震直後には、投資家の思惑買いにより急伸し、株価は一時ストップ高となった。

今後は復興に向けて実際の需要がさらに増えるであろうことからも、北海道地震関連銘柄としてさらに注目しておきたい銘柄だ。

<3987>エコモット

エコモットの株価

市場名 マザーズ札幌アンビシャス
業種 情報・通信
上場年月日 2017年6月21日
単元 100株
比較されやすい銘柄 JIGSAW、チェンジ、インフォコム
株主優待 なし

北海道を地盤に、IoTインテグレーション事業を手掛けるエコモット。

同社の事業の主体でもある建設情報化支援「現場ロイド」は、建設現場の遠隔監視サービスで、センサーによる常時警戒や、異常を検知してからの迅速な警告発報をワイヤレスで行うことが可能。

北海道地震の復興で活躍する可能性があり、すでに地震直後に物色が向かっている。

引き続き北海道地震関連銘柄として今後の動きはこまめにチェックしておきたい。

<9678>カナモト

KDDIの株価

市場名 東証1部、札幌
業種 サービス業
上場年月日 1991年6月12日
単元 100株
比較されやすい銘柄 西尾レント、サコス、応用地質
株主優待 北海道の新鮮な商品3,700円相当

建設機械器具のレンタル会社で北海道・東北で高シェアを誇っている カナモト。

建設機械器具のレンタルは、災害復旧工事等で建機需要が急激に高まる事から、北海道地盤の同社は、今回の震災直後も注目を集め大幅高となった。

今後も北海道地震関連銘柄として物色される可能性は高く引き続き注視しておきたい。

注目の要点をチェック!
  • 北海道を地盤とした、建設・住宅・土木関係の企業はひとまず全てチェックが必要
  • 短期的な災害支援だけでなく、長期的な街の復興も視野に

北海道地震関連銘柄 まとめ

夏の終わりと共に突如訪れた北海道の震災は、まだまだ余震なども危惧していかないといけない事からしばらくは油断できない状況だ。

電気や水道といったライフラインの供給が安定され次第、今後は街の復興がはじまっていくことから、道内の住宅・建設会社の需要は高まっていくと考えられる。

今後も新たな企業が出遅れ銘柄として出てくる可能性もあるため、わかり次第随時更新していく予定だ。

関連記事とブログランキング

LINE@にて株師孔明から非公開情報や最新情報を受け取る!

・株師孔明の投資のイロハ
・今買うべき株式材料銘柄情報
・仮想通貨の最新ニュース
・特定仮想通貨の買い増しサイン
・国内で一般公募されないICOの参加枠情報 など

1日2つ、ブログランキングの応援クリックも宜しくお願いします。
 にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ