カジノ関連銘柄 おすすめ

国会終幕が12月14日に迫る中、是が非でも成立を目指す自民党は参院内閣委員会の採決を省略して本会議の場へ持ち込む「中間報告」を行う姿勢をみせている。これらの法案成立に向けた動きを材料に動意づくカジノ関連銘柄の最新情報をまとめていきたいと思う。市場の注目を集めているカジノ関連銘柄の波に乗り遅れないよう、しっかりと頭に入れておこう。

カジノ関連銘柄の最新情報

カジノ法案は12月13~14日に可決か?

contest-1767672_1280

安倍首相率いる自民党は14日までの法案成立を目指しており、参院内閣委員会で民進党の難波奨二委員長が12月13日の採決に応じない場合は、「中間報告」の手段を使って本会議に持ち込んで採決に踏み切る姿勢を見せている。

2020年の東京オリンピック開催に間に合わせるためには、1日も早く法案を成立させなければならないのが現状だ。

強引さが否めないこともあり、与野党の合意は得られていないが、12月13~14日の会期内にカジノ法案成立となる可能性は決して低くないのではないかと考えられる。

会期内の法案成立となれば、カジノ関連銘柄は急動意をみせることは容易に想像がつくだろう。

ギャンブル依存症対策

game-bank-1003148_1280

カジノ法案成立を難航させている要因に、ギャンブル依存症が挙げられている。

厚労省研究班の調べによると、ギャンブル依存症患者は、536万人にまでのぼると言われている。これは日本国民の成人のうち、約5%にあたる人数だ。

カジノでは入場料の徴収やドレスコードを設けるなど、パチンコよりも敷居を高く設定する案などが検討されているが、反対意見を納得させるまでには至っていない模様だ。

ギャンブル依存症患者の8割がパチンコ・パチスロ

medications-257333_1280

このギャンブル依存症人数の内訳だか、実に8割がパチンコ・パチスロと言われており、カジノと混同して考える事がナンセンスだという意見もある。

たしかに「パチンコ・パチスロは暗黙の了解で、カジノ設立には猛反発」では、道理が通っていないように思える。

カジノ設立がギャンブル依存症の温床となる可能性もあるだろうし、それはしっかりと対策を練っていかなければならない問題には違いない。

しかし、ギャンブル依存症の8割を生み出しているパチンコ業界への指導こそが急がれるべきギャンブル依存症対策ではないだろうか。

カジノ関連銘柄のおすすめ

今回はおすすめのカジノ関連銘柄を紹介していくぞ。これまでのカジノ関連銘柄の記事と併せて目を通して頂ければと思う。

【9006】京浜急行電鉄

さまざまな業種が名乗りをあげるカジノ関連銘柄のなかで、京浜急行電鉄はカジノ、ホテル建設などのIR構想を2014年8月に打ち出している。

カジノ建設予定地は大阪の夢洲なども候補に挙がっているが、同社は羽田空港や横浜駅なから直通バスを運行し、外国人観光客を取り込むことで収益アップを狙う。

また、宿泊施設や商業施設の建設、運営で1万人規模の雇用創出も期待されているぞ。

東京からのアクセスも抜群でカジノ建設予定地として有力候補を横浜と考えている投資家も少なくないだろう。法案成立に向けて徐々に動意づきを見せ始めている銘柄なので、おすすめのカジノ関連銘柄と言えるだろう。

【6730】アクセル

パチンコ・パチスロ機向けの製品を開発しているアクセルも有力なカジノ関連銘柄だろう。今日までの実績から、カジノ設立で遊戯機の製造で同社のグラフィックスLSIが使われる可能性がある。

パチンコ・パチスロ業界ほど機器の入れ替えローテーションは多くないと考えられるが、頻度が少ないならば採用される業者も絞られてくる可能性は高いと言える。

同社もカジノ法案成立が騒がれる昨今で急動意をみせており、注目している投資家は少なくないカジノ関連銘柄のひとつだろう。

【2780】コメ兵

海外のカジノを利用したことのある人はご存じだと思うが、カジノ施設の周辺には質屋が非常に多い。

カジノと質屋の関係性だが、カジノ利用者が質屋の商品をクレジットカードで購入し、その場で質入れをして現金に変えてカジノのタネ銭にするというものだ。

カジノ建設地への店舗進出で、収益増加が期待出来るおすすめのカジノ関連銘柄といえる。

12月14日まで目を離すべからず

cat-1285634_1280-1

カジノ法案成立のリミットが迫ってきているが、週明けからの国会審議の動向に注目が必要だろう。

カジノ法案が成立するならば、12月13~14日のいずれかになるだろうと考えられる。

ギャンブル依存症やマネーロンダリングの懸念など、不安材料も少なからず抱えているが遅かれ早かれカジノは設立されると私は睨んでいる。

カジノ関連銘柄を投資対象として追いかけていくならば、ニュースや関連企業のIR、プロのアナリストなどから、しっかりと情報を掴んで精査していくべきだろう。

これまで当ブログでもカジノ関連銘柄の記事は多数書かせてもらっているので、そちらも含めて役立ててもらえれば幸いである。

>>カジノ関連銘柄まとめ<<

関連記事とブログランキング

LINE@にて株師孔明から非公開情報や最新情報を受け取る!

・株師孔明の投資のイロハ
・今買うべき株式材料銘柄情報
・仮想通貨の最新ニュース
・特定仮想通貨の買い増しサイン など

1日2つ、ブログランキングの応援クリックも宜しくお願いします。
 にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ