トランプ氏の就任式迫る!新政権の政策と関連銘柄について

2017年1月20日は、トランプ次期大統領の正式な就任式が行われる。過激な発言がクローズアップされた反面、政策に関しては閉鎖的な政策が見込まれている。ドナルド・トランプ氏が大統領になり、世界経済にどう影響が出るのか、トランプ関連銘柄を再度チェックしておこう。

>>トランプ関連銘柄まとめ<<

トランプ関連銘柄リスト

コード銘柄名企業情報・業務内容株師孔明の注目度
7011三菱重工業火力発電所用のガスタービン、航空、防衛、造船など多岐に渡る事業を展開。★★★★
7721東京計器航海及び航空計器の大手企業。米国をはじめ、ベトナム、中国、韓国に現地法人のグループ企業を経由して、海外でも活発に事業を展開。★★★
6208石川製作所段ボール製函印刷機を主体とする機械メーカーで、医療機器や防衛機器も。★★★
6203豊和工業火器や防音サッシ、空・油圧機器などの製造販売。★★★
6301コマツトランプ氏のインフラ整備発言を発端に注目を集めている企業。実績も世界トップクラス。★★★★★
1414ショーボンド道路や鉄道などのインフラ補修や補強などを手掛ける。★★★★
5233太平洋セメントインフラ業界最大手でアメリカ西海岸に複数の工場を所有。★★★
4274細谷火工自衛隊向けの照明弾、発煙筒の製造及び販売の大手。取引先に官庁関係が多い。★★★
7013IHI総合重機の大手企業。天然ガスの生産増政策から同社のLNG貯蔵タンクの需要増などに期待。★★★
6432竹内製作所超小旋回型ミニショベルなどの建設機械や、工業用撹拌機の開発及び販売。★★★
7012川崎重工業航空機、LNG、LPGなどのガス船、潜水艦などの製造開発。★★★★
5711三菱マテリアルセメント、銅、加工、電子材料などの製造販売。★★★
9984ソフトバンクグループトランプ氏との会談報道を受け、トランプ関連銘柄に浮上。★★★★
2656ベクタートランプ氏との親和性が高いとされる孫正義氏率いるソフトバンク傘下の企業。★★★
4726ソフトバンク・テクノロジーソフトバンクグループの子会社。★★★
4689ヤフーこちらmソフトバンクグループの子会社。★★★
6240ヤマシンフィルタ建設機械に使用するフィルタを取り扱っている。★★★★
7731ニコンコンクリートのひび割れを自動的に検出する技術を開発。★★★
6752パナソニックアメリカのコロラド州で、スマートシティ事業に参入。★★★

ドナルド・トランプ氏について

1946年生まれのドナルド・トランプ氏はアメリカ有数の実業家として知られている。

不動産王と呼ばれるとおり、ホテル経営や家事の経営、オフィスビルの開発などを行い、大成功した実業家だ。

そんな成功の陰には苦労もあり、1980年代後半には多額の負債を背負ったものの、1990年代後半には危機を乗り越えて再び不動産王として君臨する。

彼の成功に対し、運が良かったからだと考える人もいるようだが、学生時代に学んだマーケティング戦略や人事戦略が背景にあるため、実業家のしての能力も高いようだ。

ただ、政治経験はゼロであるため、不動産王といわしめた経営能力が政治能力にも結び付くのかは未知数だろう。その分、トランプ関連銘柄の動きには細心の注意を払いたい。

《トランプ新政権》主要閣僚の総資産は60億ドル

ドナルド・トランプ次期大統領候補新政権による閣僚や閣僚候補の顔ぶれは、富裕層が中心となっており、「総資産60億ドル政権だ」と米ブルームバーグ通信が指摘した。

新政権の主要閣僚の顔ぶれは、ドナルド・トランプ氏の人脈で、米ウォール街や財界の中で、つながりが深い面々が中心となっている。

米ブルームバーグ通信の指摘どおり、メンバーは富裕層が多く、主要閣僚の総資産は60億ドル近くとなっているようだ。

また、メンバーの半数は政治経験がなく、オバマ政権時の様子とは大きな違いとなっている。

男性白人の富裕層が特に目立っており、副大統領にマイク・ペンス氏、国務長官にレックス・ティラーソン氏、スティーブン・ムニューチン氏、国防長官にジェームズ・マティス、司法長官にジェフ・セッションズなど、男性白人の富裕層が名を連ねている。

トヨタのメキシコ工場計画の撤回を要求

ドナルド・トランプ次期米大統領は、トヨタ自動車が計画しているメキシコ工場の撤回を要求した。

撤回要求はツイッターへの投稿によるもので、「トヨタ自動車は米国向けカローラを製造する新工場をメキシコのバハに建設すると言っている。絶対にダメだ! 米国に工場を建設しなければ、重い国境税を課す」と投稿した。

10億ドルの投資額と伝えられているメキシコ工場は、昨年11月に起工式が行われ、すでに建設が進められている。

ちなみに、ドナルド・トランプ氏は、米国外に投資する自動車メーカーを批判しており、米フォード・モーターは、16億ドルを投資したメキシコ工場計画を撤回。

トヨタはどう判断するのか、今後のトヨタの動きに注目が集まっている。

ドナルド・トランプ氏の政策や発言に注目

ドナルド・トランプ氏が宣言している政策は数多く、それらの成否は世界中から注目されるだろう。

まず、貿易に関しては、環太平洋連携協定(TPP)には署名せず、北米自由貿易協定(NAFTA)において、カナダやメキシコと再度交渉するようだ。

税に関しては減税と税制簡素化をかかげ、低所得者に対する所得税免除を目指している。

移民に関しては、移民制度改革を撤廃し、不法移民を強制送還すると宣言。

医療に関しては、医療保険制度改革法を撤回し、医療貯蓄口座制度に置き換えた上、持病のある人にも保険に加入できるように保険会社に義務付ける方針だ。

これらの政策の動向は、関連銘柄の値動きに直結するため、今後もドナルド・トランプ氏の発言には注目必至といえる。

トランプ関連銘柄【大本命】

【6301】コマツ

コマツは、ドナルド・トランプ氏の政策であるインフラ投資の恩恵を受けると考えられ、米国の売上比率35パーセントの実績に好感がある。

交通インフラや公共投資の事業により、トランプ関連銘柄として期待されている。

トランプ関連銘柄【注目】【出遅れ】

【1414】ショーボンド

ショーボンドは、道路や鉄道などのインフラ補修や補強を行っているため、政策に合致したトランプ関連銘柄として注目されている。

トランプ関連銘柄は、トランプ氏の発言によって乱高下する場合もあるため、政策の方向性に合っている銘柄を押さえておきたい。

【7731】ニコン

ニコンもインフラ関連の事業を展開している企業だ。コンクリートのひび割れを自動的に検出する技術を開発している企業で、インフラ関連のトランプ関連銘柄として、今後の需要拡大と成長の可能性が期待されている。

【6752】パナソニック

パナソニックは、アメリカのコロラド州で、スマートシティ事業に参入している。そのため、インフラにおける恩恵がありそうだ。

また、今後のインフラ整備にはインターネットやIoTなどの次世代の技術も欠かせないため、トランプ関連銘柄以外の面でも注目しておきたい銘柄だ。

【6240】ヤマシンフィルタ

ヤマシタフィルタは、建設機械に使用するフィルタを取り扱っている。インフラ投資拡大によって、建設機械の需要が高まれば、必然的にフィルタの需要も高まるため、株価上昇への期待が高まる。建設機械用のフィルタで世界トップシェアの同社はトランプ関連銘柄として目が離せない。

【7013】IHI

ドナルド・トランプ氏は、米国内の石油や天然ガスを増産する政策を宣言しており、IHIのような大型ボイラーやLNG貯蔵タンクなどを扱っている企業には追い風となるだろう。引き続き材料に対するアンテナを張っておくべきだろう。

トランプ氏就任式と関連銘柄まとめ

トランプ大統領就任についての関連銘柄は、ドナルド・トランプ氏の政策の是非や、ドナルド・トランプ氏の発言などによって、値動きに影響を及ぼす。いち早く材料をキャッチできるかどうかが、値動きに乗れるかのカギとなるだろう。

過去に書かせてもらったトランプ関連銘柄の記事も含めて目を通してもらえれば、トランプ関連銘柄の知識が深まると思うので、参考にして欲しい。

関連記事とブログランキング

LINE@にて株師孔明から非公開情報や最新情報を受け取る!

・株師孔明の投資のイロハ
・今買うべき株式材料銘柄情報
・仮想通貨の最新ニュース
・特定仮想通貨の買い増しサイン など

1日2つ、ブログランキングの応援クリックも宜しくお願いします。
 にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ