ホテル関連銘柄

1人1人の消費額は確かに減ってきてはいるものの、それでも訪日外国人観光客の数は衰えることを知らず、都市部に集中していたのが、地方へと流れているという見解もある。それでも期待ができるのがホテル業界だ。2020年までに国内ホテル新規客室供給が6万室を超えるという見通しもあり、ホテル関連銘柄に注目していきたい。

ホテル関連銘柄リスト

コード銘柄名企業情報・業務内容株師孔明の注目度
9723京都ホテル「ホテルオークラ」「からすま京都ホテル」など、京都に拠点を置く企業で、レストラン事業も展開。★★★
4681リゾートトラスト会員制によるリゾートホテルではトップシェアを誇るほか、高級ホテル「エクシブ」を全国規模で展開。★★★
8920東祥愛知県を中心にスポーツクラブや、ビジネスホテル、賃貸マンションなどの事業を展開。★★★★
9722藤田観光高級ホテル「椿山荘」のほか、箱根「小涌園」、「ワシントンホテル」など、数多くのホテルを運営。★★★
5261リソルHD三井不動産傘下で、ゴルフ場やホテルの運営受託、保養所、社宅の運営など多岐に渡ってビジネスを展開。★★★★
9708帝国ホテル高級ホテルを運営する老舗企業。外国人顧客に強い人気を誇っている。無借金経営という点も評価できる。★★★★
4842USEN日本における有線ラジオ放送の最大手。IT精算システム、光回線販売なども手掛ける。★★★★
3287星野リゾート・リート投資法人高級ホテル「星のや」のほか、温泉旅館「界」などを運営。2017年1月には海外進出として「星のやバリ」をオープン。★★★
9731白洋舎クリーニング業界においてトップを走り続けている最大手企業。ホテル向けのリネンサプライや食品向けユニホームのレンタルなど法人向けの事業でも人気が高い。★★★★

ホテルと関連銘柄

ホテル

普段、旅行に出かける際やビジネスで出張するときなどに、必ずと言って良いほど利用しているのがホテルだ。リゾート地に建てられている高級ホテルや観光ホテル、駅近くにあり利便性の良いビジネスホテル、都市の繁華街に立地する大型ホテル、格安で泊まることができて若者や外国人を中心に人気の高いカプセルホテルなど様々な種類のホテルが混在している。最近では、ペット専用のホテルも珍しくなくなってきた。

用途に合わせて利用されるホテルだが、近年ではインバウンド事業の恩恵もあり、外国人観光客の宿泊が年々増加傾向にある。こうした多様化も進んでいることもあって、ホテル内では外国語表記の案内板や、従業員が英語を話すことができるといったことは当たり前になりつつある。これは都市部に限った話ではなく、観光地として栄えている所を中心に、地方でもこの風潮が徐々に定着しつつある。

ホテルが注目されている2つの理由

ホテルとホテル関連銘柄が注目を集めている理由は大きく分けて2つあると考えられる。ホテル関連銘柄を投資対象として考えている諸兄姉は、シッカリと頭にインプットしておくべきだろう。

インバウンド

最近では、中国人による爆買いが減少しつつあり、インバウンドにも終わりが近づいているといった噂も立てられていたが、外国人旅行客の数は安定している。例え「爆買い」が終了したとしても、訪日外国人が減ることがなければ宿泊者数は安定し続けるだろう。また、今まで都市部に集中していた外国人観光客だが、最近では地方に流れていっているという噂もあり、地方では盛り上がりを見せているとのことだ。

インバウンド事業の発展はホテル以外でも恩恵を受けている。ホテルへの宿泊を予約するサイトの運営会社も格安の料金で提供するなど、インターネットサイトを通しての買い物などが当たり前となってきた現代において大きな注目を浴びている。

2020年の東京オリンピックに向けて

今、政府をはじめとして各方面で中心に考えられているのが2020年に開催される東京オリンピックということは言うまでもない。先日、その2020年までに国内ホテルの新規客室供給が6万室を超える見通しであると報道されていた。これは言うまでもなく、東京オリンピックやインバウンドでの更なる観光客の需要を見込んでのことだ。

更には、政府が現在掲げている2020年までの訪日外国人客の目標数4,000万人に対して、全国でも4.4万室もの不足客室数があると言われている。これを解消するために、各ホテルも新規開業に乗り出しているが、果たして東京オリンピックの開催までに間に合うのか。今後、大手ホテルチェーンを中心に、どれだけこの不足事態に解消することができるのか、注目をしていきたい。

ホテル関連銘柄【本命】

【9708】帝国ホテル

私がホテル関連銘柄の中で本命視しているのが、この帝国ホテルだ。数ある高級ホテルの中でもその知名度、存在感は一歩抜きんでるものがあり、外国人の利用者も非常に多い事が特長的である。不動産賃貸で安定収益を確保しており、その潤沢な資金から先手を打って出ることも可能で、企業も無借金経営で経営出来ていることから、安定感もバツグンである。

ホテル関連銘柄【おすすめ】

【9731】白洋舎

クリーニング業界においてトップを走り続けている最大手企業。ホテル向けのリネンサプライや食品向けユニホームのレンタルなど法人向けの事業でも人気が高い。

特にホテル向けのリネンサプライにおいては業界最大手であり、そのネームバリューと実績の高さからも扱っているホテルは多い。安定した事業という面からも、おすすめのホテル関連銘柄ではないだろうか。

【5261】リソルHD

ホテル関連銘柄のおすすめとして、もうひとつ推しておきたい銘柄がリソルホールディングスである。三井不動産傘下で、ゴルフ場やホテルの運営受託、保養所、社宅の運営など多岐に渡ってビジネスを展開している。企業の福利厚生サービスも行っている。

全国各地にホテルや旅館、ゴルフ場を有しており、主要株主に三井不動産やコナミホールディングスがいることも安心材料。着実に業績を伸ばしており、株式市場においても安定した動きを見せている。このことからもホテル関連銘柄において安心できる銘柄ではないか。

ホテル関連銘柄【注目】【出遅れ】

【9616】共立メンテナンス

独立系の寮運営企業の共立メンテナンスは、ホテルや寮、シニア向け賃貸住宅といった事業を展開している。ホテルに関しては「ドーミーイン」というビジネスホテルが有名。

特にドーミーインに関しては、全国各地に建物を構えており、出張のビジネスマンをはじめとして多くの宿泊者が利用している。大浴場もあり、長期滞在者向けにコインランドリーや、部屋にミニキッチンが併設されている所も多い。また、2018年3月までに約1500室を増室する見通しもあることから、ホテル関連銘柄として注目しておくべきだろう。

【8920】東祥

愛知県を中心にスポーツクラブや、ビジネスホテル、賃貸マンションなどの事業を展開している。

ホテル事業に関しては、愛知県内でABホテルを展開。また、スポーツクラブとゴルフ練習場が全国的にも有名で多くの利用者を抱えている。インバウンド事業が都市部だけに限らないことや、2017年の4月1日には名古屋でレゴランドがオープンを控えていることから需要が高まっているという期待も込めて、ホテル関連銘柄として注目しておいて損はないだろう。

【4842】USEN

日本における有線ラジオ放送の最大手。IT精算システム、光回線販売なども手掛けるほか、飲食店向け集客支援事業も育成をしている。

飲食店や小売店、医療機関など様々な場所で利用されているUSENは、ホテルなどでも流れている。また、訪日外国人向けにグルメなどのポータルサイトの運営や、リアルタイムで通訳をしてくれる電話サービスと多岐に渡ってビジネスを展開していることからも、有線放送だけでなく様々な視点で注目される。これはホテル関連銘柄においても同じことが言えると私は考えているぞ。

ホテル関連銘柄まとめ

ホテル関連銘柄として注目すべき点は、ホテル事業プラスアルファで別の事業を展開しているかどうかという所。競争率の激しいホテル業界において生き残ることができるのは別の魅力を持っていてそれが発揮できているかということに尽きる。2020年までにまだまだ客室数が足りていない面も含めて、今後新たなホテルが開業していくのは間違いない。そういった中で、新たな魅力を出していける企業が株式市場でも一歩抜け出すことができるポイントとなってくる。

関連記事とブログランキング

LINE@にて株師孔明から非公開情報や最新情報を受け取る!

・株師孔明の投資のイロハ
・今買うべき株式材料銘柄情報
・仮想通貨の最新ニュース
・特定仮想通貨の買い増しサイン など

1日2つ、ブログランキングの応援クリックも宜しくお願いします。
 にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ