任天堂関連銘柄

日本が世界に誇る、コンピュータゲームや玩具を開発・販売する大手メーカー、任天堂。そんな同社は2017年3月に新型ゲーム機「Nintendo Switch」を発売した。発売前こそ、それほど評価は高くなかったが、国内外で入荷待ちになるなど好調な滑り出しを切っており、関連銘柄に対して注目が集まっている。今後も次々とキラータイトルを発売する予定で、目を離すことのできない任天堂に関して探っていく。

任天堂関連銘柄リスト

コード銘柄名企業情報・業務内容株師孔明の注目度
2432ディー・エヌ・エー「Mobage」などSNSサイトの運営を主軸とし、ゲーム課金が収益源。★★★★
3652ディジタルメディアプロフェッショナル研究開発型ファブレス半導体企業。★★★
3858ユビキタス自社開発の組み込みソフト会社。機器接続からクラウドまで★★★
6479ミネベアミツミ極小ベアリングで世界シェア6割。★★★
6658シライ電子工業プリント配線板専業の中堅メーカー。★★★
6804ホシデンコネクター、ジャック、スイッチ、電磁弁、マイク部品等、情報通信部品の製造を手掛ける大手。★★★★
7915日本写真印刷一般印刷から産業、電子関係の特殊印刷へ展開。★★★
7974任天堂玩具やコンピュータゲームの開発、製造、販売を行っている。★★★★
8369京都銀行京都府京都市左京区に本店を置き、京都府内を中心に営業している地方銀行のひとつ。★★★★

任天堂と関連銘柄

任天堂

創業は1889年と非常に古く、老舗企業として娯楽に関するさまざまな事業を展開している。今でこそコンピュータゲームのイメージが強い同社だが、それほどの技術力がなかった時代では花札やトランプなどを製造・販売しており、それは現代まで続いている。特にトランプに関しては日本で初めて製造を開始した企業としても知られている。

1970年代になると家庭用や業務用のコンピュータゲーム機の開発を開始し、1983年に家庭用ゲーム機「ファミリーコンピュータ」を発売。その2年後にリリースした「スーパーマリオブラザース」が世界的な大ヒットを記録し、同社はゲーム機の会社として広く認知されるようになっている。

その後も「ゲームボーイ」「スーパーファミコン」「NINTENDO64」「ゲームボーイアドバンス」「ニンテンドーゲームキューブ」「ニンテンドーDS」「Wii」「ニンテンドー3DS」「Wii U」といったゲーム機を次々と世の中に送り出し、そのすべてが大ヒットを記録した。また、最近ではスマートフォン用ゲームアプリ市場にも参入し始めており、「Pokémon GO」や「SUPER MARIO RUN」など世界中で爆発的な人気を得ている

任天堂が注目されている理由

国内のゲーム機市場ではソニーとともに、常にトップに君臨してきた任天堂。近年では若者のゲーム離れが問題視されている部分もあるが、世代を問わず楽しむことができるゲーム機で業界の常識を覆してきた。そして2017年3月に新型家庭用ゲーム機「Nintendo Switch」を日本を筆頭にアメリカやヨーロッパなど世界中で販売を開始。発売前こそ、そこまで評価は高くなかったものの、今までのものとは少し違う新感覚のゲーム機として、国内外で入荷待ちの状態が続くなど好調な滑り出しを切っている。

その要因はさまざまだが、同時発売の「ゼルダの伝説 ブレス オブザ ワイルド」や「マリオカート 8 デラックス」などキラータイトルの発売時期を事前に発表していることも、購買者側の安心感に繋がっているのかもしれない。また今後も7月に「Splatoon2(スプラトゥーン2)」、2017年冬には「スーパーマリオ オデッセイ」など続々と発売を予定している

任天堂関連銘柄【本命】

【7974】任天堂

玩具やコンピュータゲームの開発、製造、販売を行っている。海外シェアが高く、近年では家庭用ゲームに偏らず、スマートフォン事業にも重きを置いている。
言わずと知れた日本が世界に誇るゲーム機メーカー。数々のヒット作を生み出しており、3月に発売を開始した「Nintendo Switch」は国内外で入荷待ちが続出しているほど、高い評価を得ている。近年では「SUPER MARIO RUN」などスマートフォン関連事業にも積極的に着手している。このことからも任天堂関連銘柄として注目度は大きい。

任天堂関連銘柄【おすすめ】

【2432】ディー・エヌ・エー

「Mobage」などSNSサイトの運営を主軸とし、ゲーム課金が収益源。傘下にプロ野球球団を置くなど、スポーツ業界にも積極的に参入している。
キュレーションサイトに関する問題で騒がれていた同社だが、それを受けて、会長が代表取締役に復帰するなどツートップ体制を敷いている。そんな同社では任天堂と協業し、スマートデバイス上でのゲームビジネスを展開している。他にも人気タイトル「どうぶつの森」の新作発表を行うなど、任天堂関連銘柄として注目されている。

任天堂関連銘柄【注目】【出遅れ】

【6804】ホシデン

コネクター、ジャック、スイッチ、電磁弁、マイク部品等、情報通信部品の製造を手掛ける大手。ゲーム機組み立ても行っており、任天堂比率が5割を占める。
情報通信部品の大手として知られる同社だが、同時にゲーム機の組み立ても担っている。比率の割合としては任天堂製品が5割を占めており、少々落ち込んではいたが、Nintendo Switchが発売されたことで、値が戻ってきた。このことからも任天堂関連銘柄として期待されている。

【8369】京都銀行

京都府京都市左京区に本店を置き、京都府内を中心に営業している地方銀行のひとつ。京都府内融資シェア約3割を誇り、広域出店にも乗り出している。
京都府内を中心に店舗を展開している同社。任天堂も京都に本社を構え、任天堂株を数多く保有している。よって、任天堂の株価が上昇することで、同社もそれに合わせて任天堂関連銘柄として期待されている。

任天堂関連銘柄まとめ

数多くのヒット作を生み出すゲーム業界にとっても非常に価値の高い任天堂。2017年3月に新作家庭用ゲーム機「Nintendo Switch」を発売したことで、さらなる躍進を遂げている。今後も多くのキラータイトルの発売を控えており、まだまだ入荷待ちの状態が続くだろう。これに伴い、関連銘柄への注目度も高まっていくことは言うまでもない。

関連記事とブログランキング

LINE@にて株師孔明から非公開情報や最新情報を受け取る!

・株師孔明の投資のイロハ
・今買うべき株式材料銘柄情報
・仮想通貨の最新ニュース
・特定仮想通貨の買い増しサイン など

1日2つ、ブログランキングの応援クリックも宜しくお願いします。
 にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ