ペプチスター関連銘柄 上がる銘柄 一覧【ペプチドリーム・塩野義製薬・積水化学工業】

2017年8月7日、東京大学発のベンチャー企業であるペプチドリームが、塩野義製薬、積水化学工業と共同出資会社を設立することを発表。

新会社の名前は「ペプチスター」で、現在医薬品の主流となっている低分子や抗体の中間となる中分子医薬品「ペプチド医薬品」と呼ばれる次世代医薬品の原薬を製造する予定。

これを受けて、関連銘柄が、株式市場で注目され始めている。

ペプチスター関連銘柄に期待

ペプチスターとは

ペプチスターを設立したペプチドリームは、東京大学発のベンチャー企業だ。

元々、世界各国の製薬会社と創薬研究の契約を締結してきたが、2017年8月7日に塩野義製薬、積水化学工業と共同出資会社「ペプチスター」を設立することを発表した。

9月1日付で大阪府摂津市にある塩野義製薬の工場内に本社と工場を設置するという。

また、設立時はそれぞれが33.3%程度を出資し、今後はさらに増資などを繰り返していく予定となっている。

各社が20%未満での出資比率に調整していき、早ければ、2019年7~9月頃に工場を稼働していく予定だと発表している。

ペプチスター関連銘柄はなぜ注目されるのか

新会社「ペプチスター」が製造するのは、現在医薬品の主流となっている低分子医薬品と抗体医薬品の中間となる中分子医薬品「ペプチド医薬品」と呼ばれる次世代医薬品の原薬だ。

まず、低分子医薬品の特徴としてコストが安い、そして抗体医薬品は薬効が高いものの価格が高いとそれぞれ挙げられる。

ここで昨今、医薬品業界の中で注目されているのが、抗体医薬品よりも低コストで製造することが可能なペプチド医薬品だ。

しかしながら、原薬の製造が難しく、安定供給できるまでには、かなりのノウハウが必要となってくる。

そんな中で、ペプチドリームは多様なペプチドを一度に発生させるための特許技術を有しており、今回は周辺技術が海外に流出していかないために、オールジャパン体制で新会社を設立したことを窪田社長が公表している。

低コストで大量製造技術を確立させれば、ペプチド原薬において、世界トップクラスの受託会社に成長させることも夢ではない。

これらを背景に考えれば、ここに深くかかわってくる企業銘柄は豊富にあり、それぞれが大きなシナジーを得られる可能性を秘めているだろう。

ペプチスター関連銘柄 一覧

コード銘柄名企業情報・業務内容株師孔明の注目度
4204積水化学工業近年は医薬品も拡大傾向にある。★★★★
4507塩野義製薬感染症や疼痛・神経、代謝疾患、がんペプチドワクチンなどを手掛けている。★★★★
4508田辺三菱製薬三菱ケミカルホールディングスの傘下で、大手医薬品メーカー。★★★★
4568第一三共国内製薬メーカー5社の1つ。抗体医薬品など多くの医療用医薬品を手掛けており、国内・海外に多くのグループ会社を持つ。★★★★
4569キョーリン製薬ホールディングス杏林製薬を主力とする持ち株会社で、医薬品の中堅企業。★★★★
7701島津製作所分析・計測機器大手で医用機器、航空機器にも強い。★★★★

主なペプチスター関連銘柄はこの通りとなっている。

出遅れとして出てきた銘柄があれば、随時更新していくのでこまめにチェック頂きたい。

注目しておきたいペプチスター関連銘柄

ここでは数ある企業の中で、とくに注目しておくべきペプチスター関連銘柄を紹介していこう。

<4587>ペプチドリーム

東大発の創薬ベンチャーであるペプチドリーム。

医薬品候補の化合物「特殊ペプチド」を量産する技術に強みを持つ。

米メルクやスイスのノバルティス、第一三共などの製薬大手とも提携。

今回の特殊ペプチド原薬の研究開発子会社「ペプチスター」を設立した大元の企業であり、当然ながら関連銘柄としては本命となる。

<4507>塩野義製薬

感染症や疼痛・神経、代謝疾患、がんペプチドワクチンなどを手掛けている。

最近ではHIVやうつ領域が好調。時価総額は医薬品セクターで5位。

HIV薬やインフルエンザ薬など、抗体関係の医薬品においてはトップクラスの技術を誇っている同社。

最近では、1日1回の投与で効果があるというインフルエンザ治療薬を発売すると発表している。

ペプチド医薬品の原薬を製造する新会社「ペプチスター」の共同出資企業である。このことからも、ペプチスター関連銘柄として注目度は高い。

<4204>積水化学工業

大手樹脂加工メーカーで、住宅、管工機材、住宅建材や建材用の化成品、高機能プラスチックなどを中心に製造し、近年は医薬品も拡大傾向にある。

住宅、高機能プラスチックス、環境・ライフラインの3カンパニー制を取っている同社。

住宅に関しては国内市場が強いが、それ以外に関しては海外進出を積極的に展開。

近年では医薬品事業にも力を注いでおり、ペプチドリーム、塩野義製薬と共同出資で、新会社「ペプチスター」を設立。

<4508>田辺三菱製薬

三菱ケミカルホールディングスの傘下の大手医薬品メーカーである田辺三菱製薬。

他にも、ヘルスケア製品・化成品・医薬品原末なども手掛けている。

「田辺製薬」と「三菱ウェルファーマ」の合併によって設立され、医療用医薬品を中心に製造・販売している同社。

現在の売上高の75%は国内市場を占めているが、今後は海外展開も見越しており、同社のALS(筋萎縮性側索硬化症)治療薬をアメリカで販売することを発表。

また、ペプチドリームとは創薬研究の契約を締結している。

<4568>第一三共

国内製薬メーカー5社の1つで、抗体医薬品など多くの医療用医薬品を手掛けており、国内・海外に多くのグループ会社を持つ。

国内医薬品大手で、乳がん治療剤への注目も大きい同社。

また、iPS細胞事業に参入することを8月7日に発表しており、今後は心臓の筋肉を再生できる心筋シートの事業化に着手していくという。

そして、ペプチドリームとは創薬研究の契約を締結しており、ペプチスター関連銘柄との関連性は深い。

<4569>キョーリン製薬ホールディングス

杏林製薬を主力とする持ち株会社で、医薬品の中堅企業。

呼吸器科、泌尿器科に強みを持ち、気管支喘息・アレルギー性鼻炎治療剤などが主力製品。

杏林製薬をグループ会社に持ち、呼吸器科、泌尿器科に強みを持っている、医薬品の中堅メーカーである同社。

ペプチドリームと沿薬研究の契約を締結していることなどから、ペプチスター関連銘柄として挙げられている。

ペプチスター関連銘柄 まとめ

次世代医薬品として世界中から期待されている「ペプチド医薬品」。

これまで多くの企業が研究を続けてきたが、安定供給することができず、大量製造までには至っていない。

しかしながら、今回設立されたオールジャパンの「ペプチスター」であれば、それが可能となるかもしれない。

工場が稼働するまでにまだ時間を要するが、今後も関連銘柄に注目していきたい。

関連記事とブログランキング

LINE@にて株師孔明から非公開情報や最新情報を受け取る!

・株師孔明の投資のイロハ
・今買うべき株式材料銘柄情報
・仮想通貨の最新ニュース
・特定仮想通貨の買い増しサイン など

1日2つ、ブログランキングの応援クリックも宜しくお願いします。
 にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ