電磁波シールド関連銘柄

いよいよ北朝鮮問題が本格的になってきた。9月に入ってからというものの、何度も弾道ミサイルを発射し、日本上空を通過し、太平洋上などに着水している。こういった背景からも、株式市場では防衛関連株に注目が集まっているが、ミサイルだけではなく広範囲の地域に対してEMP(電磁パルス)攻撃まで加えることのできる多機能化された熱核弾頭を備えているとの報道もあり、電磁波シールド関連銘柄も押さえておきたいところだ。

電磁波シールド関連銘柄リスト

コード銘柄名企業情報・業務内容株師孔明の注目度
3401帝人合成繊維の大手メーカー。★★★
3569セーレン自動車用シート材大手、エアバッグも。★★★
3896阿波製紙エンジン用フィルターはじめ自動車関連資材でも有力。★★★★
5781東邦金属タングステン、モリブデンの複雑加工が主力。★★★
5809タツタ電線電子材料で電磁波遮蔽フィルムが利益柱。★★★
6208石川製作所繊維機械、機雷などの防衛機器。★★★★
6513オリジン電気電源3社の一角を担う電機機器メーカー。★★★★
6926岡谷電機産業電子機器のノイズ対策部品やサージ対策用コンデンサー、表示機器を中心に手掛けている。★★★★
9764技研興業消波根固ブロックが主力製品で、技術力と機動力が強み。★★★★

電磁波シールドと関連銘柄

電磁波シールド

電磁波とは電界と磁界の2成分から成り立つ波のことを言い、電場と磁場が交互に振動しながら空間を伝わっている。この現象に対して電磁波シールドを用いると、導体製の障壁で2つの場所を仕切って、この2点間を電磁場が流れるのを制限するために処理を行う。代表的な例として、電気装置を外界から隔てるために囲いを設けたり、ケーブルが通る場所の環境から電線を隔てるために、ケーブルにシールドを施すことが挙げられる。また用いられる物質は板金、金属網、発泡金属、プラズマなどがある。

電磁波シールドが注目されている理由

9月に突入してから、この電磁波シールド関連銘柄に注目が集まっている。その理由のひとつが、北朝鮮問題だ。弾道ミサイルの度重なる発射によって、いよいよ本格的になってきたが、問題となったのが9月3日に朝鮮労働党の機関紙・労働新聞のニュースで報じられた内容だろう。その中には広範囲の地域で強力なEMP攻撃まで加えることが可能な多機能化された熱核弾頭を備えているという

また、9月6日には太陽における爆発現象である太陽フレアが発生。その影響によって、茨城県つくば市の電子基準点におけるGPS誤差が最大で約3倍増大していたことを国土地理院が発表している。さらに爆発の数日後には無線通信を妨害する恐れがあるとして、こういった背景からも電磁波シールドが期待されている。

電磁波シールド関連銘柄【本命】

【3896】阿波製紙

徳島県徳島市に本社を構え、各種産業用機能紙や不織布を主力としている紙製品・繊維製品メーカー。エンジン用フィルターはじめ自動車関連資材でも有力。
機能素材メーカーとして知られている同社。2016年で創立100周年を迎えている。自動車関連資材や水処理関連資材などを手掛けている。機能紙や不織物の共同開発メーカーとして、EMP関連の電磁波シールドシートを手掛けており、電磁波シールド関連銘柄として注目度は高い

電磁波シールド関連銘柄【おすすめ】

【9764】技研興業

東京都杉並区に本社を構え、土木事業・テクノシールド・ハウジングなどを展開している。消波根固ブロックが主力製品で、技術力と機動力が強み。
斜面・のり面安定工法など災害防除工事、放射線遮蔽ボードなどを手掛けている同社。近年ではハウジング事業にも注力している。細かな事業内容として、医療施設向けの放射線防護や電磁波シールド関連工事などを行っている。こういったことからも、電磁波シールド関連銘柄として期待されている。

電磁波シールド関連銘柄【注目】【出遅れ】

【6513】オリジン電気

埼玉県さいたま市に本社を構え、電源3社の一角を担う電機機器メーカー。エレクトロニクス、メカトロニクス、ケミトロニクス、コンポーネントの4事業。
通信用電源、高電圧特殊電源、溶接機など幅広く展開している同社。独自技術を強みとしており、電源3社の一角を担っている。充放電兼用のリチウムイオン電池電源システムを手掛けていることからもリチウムイオン電池関連銘柄としても注目されているが、電磁波シールド関連銘柄としても注目度は高い

【6926】岡谷電機産業

東京都世田谷区に本社を構え、電子機器のノイズ対策部品やサージ対策用コンデンサー、表示機器を中心に手掛けている。海外での売り上げが拡大傾向。
電子機器の電磁波トラブルを防止するノイズ対策コンデンサを主力としている同社。近年ではLED関連やエアコンなどが海外で好調を維持している。その他国内向けのロボットサージ関連なども好調。基本的に電磁波トラブルを防止する製品を手掛けており、電磁波シールド関連銘柄として期待値は大きい

【6208】石川製作所

段ボール製函印刷機主体の機械メーカー。他にも創業当時から事業を展開している繊維機械、機雷などの防衛機器も。レンゴーが筆頭株主に。
ダンボール大手のレンゴーが筆頭株主で、ダンボール製函印刷機などの紙工機械や各種機械を受託生産している同社。他にも機雷などの防衛機器も手掛けており、8月末には航空自衛隊にも納入実績のある関東航空計器を買収している。電磁波シールドに関しては生産対応をしていないものの、防衛関連銘柄として注目されている。

電磁波シールド関連銘柄まとめ

北朝鮮のEMP攻撃や太陽フレアといった問題が山積みとなっている昨今において、それらを防ぐための電磁波シールド関連銘柄に注目が集まっている。特に阿波製紙や技研興業といった企業に買いが集中しており、その他の銘柄に対しても、一気に注目度が上昇している模様。一時的なものではあるが、このまま事態が長引くことによって、長期的なテーマ材料になる可能性も高い。

関連記事とブログランキング

LINE@にて株師孔明から非公開情報や最新情報を受け取る!

・株師孔明の投資のイロハ
・今買うべき株式材料銘柄情報
・仮想通貨の最新ニュース
・特定仮想通貨の買い増しサイン など

1日2つ、ブログランキングの応援クリックも宜しくお願いします。
 にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ