おすすめの株主優待銘柄

10月11日の東京株式市場。日経平均株価は2万881円を超えて、平成8年12月以来、201年10か月ぶりの高値水準で取引を終えた。こうした日経平均株価の急騰で株の購入を考えている人も少なくないだろう。それでも初心者の人にとって何を購入すれば良いのかは、迷いどころ。

そこで注目したいのが株主優待銘柄。一般的に個人投資家の割合が大きく、優待品に魅力を感じて購入するため、下落局面でも買いが入りやすいのが特徴的。そのため、株初心者にとってはおすすめの選び方とも言える。今回は、選りすぐりのおすすめ株主優待銘柄を紹介していく。

おすすめの株主優待銘柄リスト

コード銘柄名企業情報・業務内容株師孔明の注目度
3048ビックカメラターミナル駅周辺において大型店を展開している家電量販の大手。★★★★
4661オリエンタルランドアメリカのウォルト・ディズニー・カンパニーとのライセンス契約により、東京ディズニーリゾートを経営している。★★★★
5261リソルホールディングスゴルフ場・ホテル・保養所や社宅の運営、福利厚生、リゾートなどを行うグループの持ち株会社。★★★★
6547グリーンズホテルを主体としたコンサルタントを経営するホテルチェーン企業。★★★★★
8767タカラトミー国内玩具大手で、2006年にタカラとトミーが合併。★★★★
9202ANAホールディングス航空運送事業を主力とするANAグループを統括する持ち株会社。★★★★

株主優待銘柄【本命】

【3048】ビックカメラ

ターミナル駅周辺において大型店を展開している家電量販の大手として知られている。2012年にはソフマップを吸収合併、コジマと業務資本提携を締結している。
家電量販店大手で、同業のコジマを傘下に置いている同社。大都市圏を中心に店舗展開を行っており、近年ではPB商品やインターネット通販事業を強化している。そんな同社の株主優待は100株でも1年以上保有で1,000円分を追加可能。2年以上保有なら2,000円追加になる。家電だけでなく食品や酒なども販売しており広く活用することができる。こういった理由からも株主優待銘柄としておすすめしたい。

カーボンナノチューブ関連銘柄【おすすめ】

【4661】オリエンタルランド

アメリカのウォルト・ディズニー・カンパニーとのライセンス契約により、東京ディズニーリゾートを経営している。他にも不動産業を兼ねている。
日本が世界に誇る東京ディズニーリゾートを運営しており、そのサービス面の高さにも定評がある同社。現在は2020中期経営計画を行っており、入園者数を恒常的に3,000万人レベルにする目標を掲げる。長期保有をすることによって、パスポートがプラスになる「アニバーサリーイヤー株主パスポート」も注目されている。こういった背景からも、株主優待銘柄としておすすめできる。

株主優待銘柄【注目】

【9202】ANAホールディングス

航空運送事業を主力とするANAグループを統括する持ち株会社。国内線、国際線ともに国内最大規模を誇り、傘下にLCCのバニラ・エアとピーチがある。
航空運送事業を主力としており、国内線が大半を占めている同社。他にも旅行事業や商社事業などさまざまな領域に展開している。近年では訪日外国人客などの増加から最高益を更新する勢い。株主優待としては年間を通して使える運賃割引券が人気で、自社グループ優待券は同社ホテルなどでも割引が有効となっている。ビジネスや旅行などで飛行機を使う割合が多い人には、株主優待銘柄としておすすめ。

【5261】リソルホールディングス

ゴルフ場・ホテル・保養所や社宅の運営、福利厚生、リゾートなどを行うグループの持ち株会社で、三井不動産傘下。再生エネルギー事業なども展開している。
ホテルやゴルフ場などの運営や不動産開発事業などを行っている同社。他にも企業の福利厚生サービスや地方創生推進事業など幅広く展開している。株主優待としては、全国のリゾート施設の割引、飲食やレジャーなどでも割引が行われる。同社が運営しているゴルフ場やホテルを利用する際には大きなメリットになる事から、株主優待銘柄としておすすめだ。

【7867】タカラトミー

国内玩具大手で、2006年にタカラとトミーが合併したことで誕生。トミカなど定番商品が多く、2011年に買収したアメリカの玩具大手を立て直している。
「トミカ」「プラレール」「リカちゃん」など子供向けの代表的な商品を多く取り揃え、バンダイと並ぶ国内玩具大手として知られている同社。海外でも売上比率は37%と高い数字を誇っている。株主優待としては、100株以上でトミカ2台セット、1000株以上ならトミカ4台セット、2000株以上でリカちゃん+トミカ4台となっている。他にも大幅割引が行われるなど、子持ちの家庭には株主優待銘柄としておすすめ。

【6547】グリーンズ

ホテルを主体としたコンサルタントを経営するホテルチェーン企業だ。三重県を拠点としれいるが、ビジネスホテル「コンフォート」は全国的に展開されている。
同社は13日、株主優待制度を新設すると発表しており、これにより本日すでに買いが入り、一時反発が見られた。株主優待の内容としては、同社が運営するホテル、レストラン、宴会場で利用可能な金券が株数ごとに進呈されるというもの。今買いたい株としても株主優待としてもおすすめ。

おすすめの株主優待銘柄まとめ

株主優待銘柄の特徴としては、各企業によってメリットはさまざまであること。また優待の大小に関してもバラつきがある。まずは自分に興味関心があるもの、使用比率などが高いものを中心に探ってみることをおすすめしたい。

ブログランキング

1日2つ、ブログランキングの応援クリックも宜しくお願いします。
 にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ