自動車軽量化関連銘柄 上がる株 一覧【カーボン・炭素繊維・アルミ】

昨今、世界的な環境規制は徐々に高まってきている。

その影響から二酸化炭素削減の必要性が大きくなっており、自動車の燃費を改善することが求められている。

そのために急務なのが、自動車の軽量化だろう。

神戸製鋼における性能データ改ざんなどでも世間からの注目を集めているが、各企業がさまざまな技術、材料、製法によって努力を重ねてきている。

その特に期待されている関連銘柄を紹介する。

自動車軽量化と関連銘柄

自動車軽量化

現在、私たちが生活していくために自動車はかすことができない。

そんな中で問題となっているのが大気汚染だろう。ガソリン価格に関しても一向に安定する気配はない

また、水力破砕や海洋掘削が環境に与える影響への懸念も少なくないのが現状だ。

このように世界的に二酸化炭素を削減しようという動きが、近年活発化していることは間違いない。

そして、それを果たすためにも自動車の燃費を改善することが求められている。

一昔前のように見た目だけが格好良い自動車は時代遅れ。

そして燃費向上に向けた最も望ましい方法のひとつが「自動車軽量化」だと言える

自動車軽量化が注目されている理由

もっとも低燃費という言葉が流行り出したのも、ここ数年の話である。

それまでは高燃費でも格好良い自動車がもてはやされていた。そんなことを言っていられなくなった原因が二酸化炭素による大気汚染だろう。

1997年の京都議定書で定められたように、参加各国は温室効果ガス6種を大きく削減しなければいけない。

その背景にあるのが自動車から排出される窒素酸化物であり、それを改善するためには自動車軽量化が一番手堅い方法なのである

近年ではそのための高機能製品や自動車部品の小型化が求められているが、アルミ製品を採用する動きに注目が集まっている

自動車軽量化関連銘柄【本命】

【3402】東レ

合成繊維・合成樹脂をはじめとする化学製品や炭素繊維ビジネスに取り組んでいる大手化学企業。炭素繊維に関して国際的にも知名度が高く、拡大する市場を確実に取り込め、真っ先に資金が集まりやすい企業だ。炭素繊維に対して過去最大となる1,000億円を投じて、自動車市場への供給体制を本格化する。こういった背景からも自動車軽量化関連銘柄として注目されている。

自動車軽量化関連銘柄【おすすめ】

【4188】三菱ケミカルホールディングス

合成繊維・合成樹脂といった総合化学国内最大手企業。メタクリル酸メチル樹脂で世界1位、炭素繊維で世界3位、エチレン生産能力で国内1位を誇る。炭素繊維の欧米市場拡大を図るためイタリアの自動車部品ケーカーに資本参加することを発表。このことからも、自動車軽量化関連銘柄として注目を集めている。

自動車軽量化関連銘柄【注目】

【3401】帝人

東京都千代田区に本社を置く合成繊維の大手メーカー。炭素繊維において、世界2位の実力を誇っている。ポリカ樹脂や医療機器なども手掛けている。
合成繊維の大手として知られており、アラミド繊維や炭素繊維に強みを持っている同社。他にもポリカ樹脂や医療機器なども手掛けており、1月にはアメリカのガラス繊維複合メーカーを買収している。また、自動車用樹脂窓のハードコート技術を開発。車体軽量化を目指している自動車メーカーに大きく需要があるとして、自動車軽量化関連銘柄として期待されている。

【5987】オーネックス

神奈川県厚木市に本社を構え、工業製品に使われる金属の部材を熱処理する事業を専門で行っている。機械部品のガス浸炭熱処理に強みを持っている。
金属の熱処理加工専業で、自動車関連と産業工作機械関連が主力となっている同社。ガス浸炭熱処理加工ではトップクラスの実力を誇っている。他にも建設機械向けや風力発電機向けなども手掛けている。また電気自動車向けでガス軟窒化処理という方法により部品の軽量化に対した処理方法を確立している。このことからも、自動車軽量化関連銘柄として期待値は高い。

【5406】神戸製鋼所

高炉事業において国内3位を誇っている。鉄鋼事業の比率が低く、アルミ・銅の素材、産機・建機など複合経営が特徴的である。
高炉国内3位の実力を誇り、鉄鋼事業以外にも銅、アルミ、エンジニアリングなどを展開している同社。特に近年では自動車軽量化に向けてアルミを採用することが多く、需要も大きかった。しかしながら、品質検査のデータ改ざん問題が発覚し、納入先企業に影響が広がっている。このことからも、自動車軽量化関連銘柄として物足りなさを感じる。

自動車軽量化関連銘柄 まとめ

昨今の自動車産業において、車体の軽量化は最重要課題であると言っても過言ではない。

それだけ環境汚染問題は、私たちの生活に直結してくる問題でもある。

近年ではそのための材料としてアルミが注目されているが、神戸製鋼の改ざん問題で大きく影響が広がっていることは間違いない。

それでも炭素繊維など軽量化に期待される部材が増えていることからも、関連銘柄の動きには今後も着目していきたい。

関連記事とブログランキング

LINE@にて株師孔明から非公開情報や最新情報を受け取る!

・株師孔明の投資のイロハ
・今買うべき株式材料銘柄情報
・仮想通貨の最新ニュース
・特定仮想通貨の買い増しサイン など

1日2つ、ブログランキングの応援クリックも宜しくお願いします。
 にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ