AIエージェント関連銘柄 上がる株 一覧【人工知能・ドコモ・AIスピーカー】

近年、人工知能(AI)を活用した技術が急速に需要を伸ばしつつある。

それに伴い、各社が持てる技術を持ち寄り、新たな製品を作り出している。

そんな中で注目されているのがAIエージェントだ。

特にNTTドコモが「AIエージェントサービス」を発表したことで、さらに世間の関心が高まってきている。

AIエージェントと関連銘柄

AIエージェントとは

一種の人工知能的機能を搭載しているソフトウェアエージェントであり、繰り返し行うべきコンピュータ関連のタスクなどをユーザーに代わって行ってくれる補助的役割を担う。

一般的なエージェントは事前にプログラムされた規則に基づいて補助を行っていたが、AIエージェントは常に学習を繰り返し「適応」する能力が備わっている。

またAIエージェントは「バイヤーエージェント」「ユーザーエージェント」「監視エージェント」「データマイニングエージェント」の4種類に分類される。

AIエージェントが注目されている理由

AIエージェントは、簡単に言えばiPhoneに搭載されている”Siri”のようなもの。

当然各社が続々と発表しているAIスピーカーと組み合わせてさまざまな戦略を考えている。

そして、AIエージェントが国内においてその名前が知れ渡るきっかけになったのが、NTTドコモの存在だ、同社は10月18日に行われた新作発表会の場において、新たに「AIエージェントサービス」を発表している。

元々「しゃべってコンシェル」という機能を搭載していたが、それを拡張させたものだという。具体的にはユーザーごとに気の利く機能を利用させるなどがある。

AIエージェント関連銘柄【本命】

<9437> NTTドコモ

10月18日にスマートフォンやタブレット端末で利用可能な「AIエージェントサービス」を発表。AI音声アシスタント機能としてパートナー20社以上と提携して2018年春に提供を開始するとしている。このことからも、AIエージェント関連銘柄として注目度は高い。

AIエージェント関連銘柄【おすすめ】

<7203>トヨタ自動車

10月末に開催された東京モーターショーにて、新たなコンセプトカーを2台出展した。その最大の特徴がAIエージェントであり、新たな操縦アシスト機能を搭載。このことからも、AIエージェント関連銘柄として注目を集めている。

AIエージェント関連銘柄【注目】【出遅れ】

<6796>ソクラリオン

10月末に開催された東京モーターショーにて、さまざななソリューション技術を活用し、AIエージェントのスケジュール管理などを提供するコンセプトカーを出展した。こういった背景からも、AIエージェント関連銘柄として期待値は大きい。

<6758>ソニー

グループ子会社を通して、多くの事業を展開している同社。ハードウェア、エンターテインメント分野に注力している。そしてドコモの主力商品でもあるXperiaを販売しているのは同社の子会社であり、AIエージェントサービスが搭載されることは想像に難くない。こういった背景からも、AIエージェント関連銘柄として注目を浴びている。

<3938>LINE

SNSの中でも絶大なシェアを誇る「LINE」を運営していることで知られている同社だが、それ以外にも音楽や動画配信、MVNOなど幅広く事業を展開している。また10月5日に新たなスマートスピーカー「Clova WAVE」の正式版を発表。音声入力によって、音楽再生やニュースの読み上げなどができるという。このことからもAIエージェント関連銘柄として期待を集めている。

AIエージェント関連銘柄まとめ

NTTドコモが従来のエージェントサービスよりも拡張した技術を搭載したサービスを発表したことで、一気に注目度が大きくなっているAIエージェント。

聞きなれない言葉かもしれないが、一部の企業の製品では徐々に取り入れており関連銘柄は少なくない。

NTTドコモ自体も今回のプロジェクトには20社以上と提携する予定だと発表しており、今後も関連銘柄の動向には着目していきたい。

関連記事とブログランキング

LINE@にて株師孔明から非公開情報や最新情報を受け取る!

・株師孔明の投資のイロハ
・今買うべき株式材料銘柄情報
・仮想通貨の最新ニュース
・特定仮想通貨の買い増しサイン など

1日2つ、ブログランキングの応援クリックも宜しくお願いします。
 にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ