EV関連銘柄(電気自動車関連銘柄) 上がる株 一覧【リチウムイオン電池・急速充電・二次電池】

地球温暖化防止策を進めるうえで、EV(電気自動車)には高い期待が集まっている。

日本の自動車メーカーも遅れ気味ではあるものの、着実にEV(電気自動車)開発を進めている。

電気自動車が普及すれば、従来からガソリン車を製造してきたメーカーだけでなく、米テスラなど新たな企業が存在感を発揮することも考えられる。

EV(電気自動車)に期待

EV(電気自動車)とは

EV(電気自動車)とはその名の通り、電気をエネルギー源とし、電動モーターで車を駆動させる車のことで、Electric Vehicle の略で EV とも呼ばれる。

近年、資源制約や環境問題への関心の高まりを背景に、注目を集めている。

偏にEV(電気自動車)といっても、様々な種類がある。

種類 特徴
二次電池式電気自動車 車体に電気プラグを繋いで充電し、その電気で電動機を回して走る自動車。
水素燃料電池自動車 (FCV) 水素を燃料タンクに蓄え、水素燃料電池で発電して電動機を駆動する電気自動車。
金属燃料電池(金属空気電池)自動車 金属空気電池を使い電動機を駆動する自動車。容量が非常に大きいので燃費が良い。
アルコール燃料電池自動車 アルコールを燃料タンクに蓄え、燃料電池で発電して走る電気自動車。
トロリーバス(架線集電式ハイブリッド車) 道路上空に張られた架線から取った電気を動力として走るバス。
間欠給電式電気自動車 10年以上の電池交換が不要なバッテリーの寿命が長い電気自動車。
非接触充電自動車 道路下に埋め込まれた地下架線やコイルから充電する電気自動車。
改造電気自動車 ガソリン車を改造し、モーターや電池を取り付けた電気自動車。

ガソリン車との比較

EV(電気自動車) ガソリン車
環境面 大気汚染物質を一切出さないため地球にやさしい。 二酸化炭素を排出するため、大気汚染につながる。
経済性 1,970円/1000㎞ 10,571円/1000㎞
補助金 クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金 なし
税金 100%免税 自動車取得税や重量税などすべて含め10万円ほど
走行性能 加速までが早い 加速までに時間がかかる
振動・騒音 振動や騒音が極めて少ない ピストンを動かすため大きな音や振動が発生
燃料補給 充電式のため時間がかかる ガソリンを入れればすぐに走行可能
航続距離 およそ300㎞ およそ800㎞
スタンド 充電スタンドが少ない ガソリンスタンドが普及している
本体価格 315万円(日産リーフ) 242万円(トヨタプリウス)

当然ながら、現時点ではどちらにもメリット・デメリットは存在する。

しかし、環境面や経済性を考えると、EV(電気自動車)の普及は今後さらに強まっていくだろう。

この段階でガソリン車に負けている項目も、開発次第で逆転する可能性は十分あり、EV(電気自動車)の可能性はまだまだこれからといったところだろう。

EV(電気自動車)の今後の可能性

ダイソン EV(電気自動車)参入へ開発加速 NEW!!

イギリスの家電メーカーで知られる、日本でもお馴染のダイソンが、約290億円を投じテストコースを作り、固体電池やモーターなど、EV(電気自動車)についてもの開発も進めている。

具体的には、2021年発売に向け、投資額は合計2,900億円にまで上るともいわれている。

CEO である ジム・ローウェン氏も「電気自動車の競争は激しくなっているとは思わない。我々は『ダイソン』の車を作るのに集中するだけ」と発言しており、かなり本腰を入れてEV(電気自動車)へ力を入れているのがわかる。

新興国の中国がEV普及に積極的

地球温暖化対策の話題となると、先進国はドイツなどヨーロッパ諸国を中心に前向きな国が多いのに対し、新興諸国は経済発展を優先することで消極的な印象がもたれている。

実際、音質校がガスの削減目標等を設定する際には、新興諸国から先進諸国に対して批判が向けられる場合がある。

しかし、二酸化炭素排出量が世界1位となっている中国は、EV普及に積極的だ。

将来的にガソリン車の販売が禁止されたり、ガソリン車の販売台数を上回るEV販売が命じられたりといった事態になれば、10億人を超える人口を抱える中国向けのEVビジネスが活発化するだろう。

これは日本の自動車メーカーやリチウムイオン電池メーカーなどが大きな恩恵を受けられることとなる。

先進国でもすでにイギリスが将来的なガソリン車の販売禁止方針を示すなど、EV普及に向かう流れは加速している。

日本でのEV販売競争も活発化

EV(電気自動車)への期待は高まっているものの、まだまだガソリン車の販売比率が圧倒的な国が多い。

日本も例外ではないが、EV(電気自動車)販売競争が着実に活発化していることはうかがえる。

2017年10月にはe-GolfというEV(電気自動車)の注文受付をフォルクスワーゲンが日本国内で開始するなど、海外自動車メーカーが日本のEV(電気自動車)市場に参入してきている。

e-Golfはフル充電すれば300km以上を継続走行することが可能となっており、短距離だけでなく中長距離の移動にもEV(電気自動車)を活用しやすくなっている。

EV比率が高まれば日本において高シェアを誇るトヨタ自動車や日産自動車も、さらにEV(電気自動車)開発を加速させてEV販売競争に注力する必要が生じる。

安定した収益基盤を確保している自動車メーカーがEV(電気自動車)開発に積極的な投資をするようになれば、リチウムイオン電池をはじめとする関連技術の進歩も早まると考えられる。

注目の要点をチェック!
  • 世界的にガソリン車を規制する流れが強まっている
  • 開発が進み、走行可能距離が伸びている
  • 日本でもEV販売競争が活発化しつつある
  • 将来的にも人間や物資の輸送に不可欠な機械であり続ける

EV関連銘柄(電気自動車関連銘柄) 一覧


EV関連銘柄(電気自動車関連銘柄)とは、EV(電気自動車)を開発する企業や、EV(電気自動車)に使われる部品やバッテリーに携わる企業など、EV(電気自動車)に深く関わりのある銘柄を指す。

自動車メーカー部門 NEW!!

コード 企業名 企業情報・業務内容 注目度
7201 日産自動車 大手自動車メーカー。電気自動車「リーフ」を製造。 ★★★★★
7203 トヨタ自動車 大手自動車メーカー。電気自動車の開発にも取り組む。 ★★★★
7211 三菱自動車 日産自動車の傘下。電気自動車の開発に力を入れている。 ★★★★
7267 ホンダ 大手自動車メーカー。小型EVの開発に取り組む。 ★★★
7270 SUBARU トヨタが筆頭株主の自動車メーカー。電気自動車の開発にも取り組む。 ★★★

リチウムイオン電池部門 NEW!!

コード 企業名 企業情報・業務内容 注目度
4080 田中化学研究所 二次電池材大手。リチウムイオン電池の正極材料が主力。 ★★★★
4047 関東電化工業 特殊ガス大手。リチウムイオン電池の電解質を20年以上にわたって製造。 ★★★
4109 ステラ ケミファ フッ素化合物大手。リチウムイオン二次電池用電解液に使用される電解質を製造。 ★★★
5713 住友金属鉱山 資源採掘・非鉄金属製錬・先端材料の開発。リチウムイオン電池の再資源化を実現。 ★★★★
7271 安永 エンジン部品を手掛ける。リチウム電池の寿命が12倍向上する正極版の新技術を確立。 ★★★★★

充電器・その他部品部門 NEW!!

コード 企業名 企業情報・業務内容 注目度
6502 東芝 総合電機大手。超急速充電が可能になる次世代二次電池SCiBを開発。 ★★★★
6508 明電舎 自動車開発用試験装置で国内首位。EV用部品の量産設備の増強を行い、EV事業拡大中。 ★★★★
6594 日本電産 EV向け超急速充電システムを開発。 ★★★★★
6617 東光高岳 東京電力系の電力機器メーカー。電気自動車用急速充電器で国内トップシェア。 ★★★★
6929 日本セラミック 赤外線センサービジネスに取り組む。自動車向けの非接触型電流センサー事業を強化。 ★★★
6996 ニチコン 世界有数のコンデンサーメーカー。電気自動車(EV)用の急速充電器を手がける。 ★★★★

EV関連銘柄(電気自動車関連銘柄)はこの通りとなっている。

関連銘柄としては部門別でもかなりの数があるため、出遅れとして出てきた銘柄があれば、随時更新していくのでこまめにチェック頂きたい。

注目の要点をチェック!
  • 自動車メーカーの淘汰や新規参入企業の急成長が見られる
  • 高性能のリチウムイオン電池開発など部品製造では日本企業も存在感を発揮
  • 自動車のエネルギー源がガソリンから電気に転換すれば電力販売も伸びる

注目すべき EV関連銘柄(電気自動車関連銘柄)NEW!!

<7201>日産自動車

日産自動車の株価

市場名 東証1部
業種 輸送用機器
上場年月日 1951年1月
単元 100株
比較されやすい銘柄 ホンダ、トヨタ、スズキ
株主優待 株主様紹介特典制度

国内大手自動車メーカーで、電気自動車「リーフ」を製造している。

過去には検査の実施方法が不適切だったことから販売が停止されるなどの懸念材料もあったが、EV(電気自動車)に強い三菱自動車に出資していることもあり、存在感はまだまだ健在と言えるだろう。

実際に開発は着々と進んでおり、バッテリーサイズは変えずに容量を40kWhへと拡大、航続距離も400㎞まで達成するなど、数字は確実に伸びている。

今後もリーフに関する性能アップや、新製品の開発などの材料からの株価の動きには注視しておきたい。

<7211>三菱自動車

三菱自動車の株価

市場名 東証1部
業種 輸送用機器
上場年月日 1988年12月5日
単元 100株
比較されやすい銘柄 日産自、ホンダ、トヨタ
株主優待 なし

小型車や電気自動車に強みを持つ国内大手自動車メーカーの三菱自動車。

燃費不正問題の影響から日産自動車の出資を受けることとなった。

ガソリン車の販売では大手メーカーに劣るため、元々電気自動車の開発には力を入れており、今後の普及を背景に着実にシェアを拡大できれば業績の将来性に期待できる。

<7203>トヨタ自動車

トヨタ自動車の株価

市場名 東証1部、名証1部
業種 輸送用機器
上場年月日 1949年5月
単元 100株
比較されやすい銘柄 ホンダ、日産自、デンソー
株主優待 なし

自動車世界大手で、傘下には日野やダイハツなどを置いているトヨタ自動車。

他にも SUBARU や マツダ、スズキ といった国内メーカーとも資本提携を結んでいる。

同社はすでに「プリウス」など人気の高いハイブリッドカーを多数製造しており、EV(電気自動車)の開発に加え、水素エネルギーを利用する燃料電池自動車に関しての技術も見出しているなど、近未来のエコカーに対する開発は積極的だ。

世界的にガソリン車の廃止が進んでいくことで自ずと業績アップが見込める。

<7271>安永

安永の株価

市場名 東証1部
業種 輸送用機器
上場年月日 1996年2月21日
単元 100株
比較されやすい銘柄 桜井製、ティラド、日鍛バ
株主優待 地元(三重県伊賀地方)の特産品

エンジン部品や工作機械、ハイテク業界向け検査測定装置やワイヤソー等を手掛ける安永。

EV(電気自動車)関連銘柄の側面としては、バッテリー使われるリチウムイオン二次電池の寿命が12倍向上する正極版の新技術を確立したことがはやり大きいだろう。

これが発表された2016年11月当時、連日のストップ高をつけ、短期間で株価6倍以上という急騰をみせた経緯がある。

19年3月期の決算では経常利益など大きく落ち込みを見せているが、需要が高まるのはまだまだこれからであり、今後も物色が向かう可能性は十分ある。

<6594>日本電産

日本電産の株価

市場名 東証1部
業種 電気機器
上場年月日 1988年11月7日
単元 100株
比較されやすい銘柄 TDK、東芝、マブチ
株主優待 日本電産サンキョーオルゴール記念館すわのね無料入館リーフレット

主に精密小型モーターの製造販売を主軸としており、様々なフィールドにおいて活用され、世界でもトップのシェアを誇っている日本電産。

2018年6月5日には、イタリアの子会社である日本電産ASI(NASI)が、EV(電気自動車)向けのウルトラファストチャージャー(UFC)と呼ばれる「超急速充電システム」を開発したこと発表。

これは15分以下で標準的なEVのバッテリーを80%まで充電でき、500kmの航続距離を可能にするというもので、従来の充電からは飛躍的な充電速度と航続距離といえる。

充電スタンドの普及に伴い、大きくシナジーを得られるだろう。

EV関連銘柄(電気自動車関連銘柄) まとめ

EV(電気自動車)は、市場が拡大する流れが着実に進んでいることから株式市場でも注目を集めている。

EV(電気自動車)本体はもちろん、バッテリー関係や部品製造メーカー等も関連銘柄として大きくシナジーが得られる事から、多くの銘柄をしっかりと把握し頭に叩き込んでおきたいところだ。

関連記事とブログランキング

LINE@にて株師孔明から非公開情報や最新情報を受け取る!

・株師孔明の投資のイロハ
・今買うべき株式材料銘柄情報
・仮想通貨の最新ニュース
・特定仮想通貨の買い増しサイン など

1日2つ、ブログランキングの応援クリックも宜しくお願いします。
 にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ