ホテル関連銘柄~話題の「MUJI HOTEL」にも注目!~

各個人の消費額は確かに減ってきてはいるものの、現状として訪日外国人数が増加傾向にあったり、2020年の東京オリンピックに向けてさまざまな事業が注目を集めている。その中でも都市部だけでなく地方でも新規顧客のチャンスがあるのがホテル業界だろう。最近では良品計画が銀座に「MUJI HOTEL」を開く(2019年春予定)ことを発表するなど、何かと話題の多いホテル関連銘柄を紹介していく。

ホテル関連銘柄リスト

コード銘柄名企業情報・業務内容株師孔明の注目度
3479ティーケーピー貸会議室ビジネスを軸とした「空間再生流通事業」を展開★★★★
6097日本ビューホテル本州各地で「ビューホテル」を運営★★★
6565ABホテル「ABホテル」のブランドで東海地方を中心にビジネスホテルを展開★★★★
7453良品計画無印良品を中心にさまざまな店舗を全国展開している★★★★
8179ロイヤルホールディングス「ロイヤルホスト」と天丼「てんや」が柱★★★
9021西日本旅客鉄道関西圏を中心に北陸・中国・九州北部の2府16県で鉄道網を展開★★★★
9708帝国ホテル東京・大阪・上高地など直営ホテルを運営★★★★
9723京都ホテル京都名門ホテルでホテルオークラが筆頭株主★★★

ホテルと関連銘柄

近年のホテルの多様化

普段旅行をする際だけでなく、サラリーマンなどが出張する際にも多く利用するのがホテルだ。リゾート地や観光地などに建てられている高級ホテル、駅近で利便性も高いビジネスホテル、繁華街に位置する大型ホテル、さらには若い世代や外国人観光客の利用頻度が高いカプセルホテルなど種類はさまざま。それぞれが個人の用途に合わせて利用されており、最近ではペット専用のホテルなども目立つようになってきた。

株式市場におけるホテル関連の注目度

多くの人によって頻繁に利用されているホテルだが、株式市場ではテーマ株としての注目度も高い。その大きな理由となっているのがインバウンド事業だろう。訪日外国人客数は増加傾向にあり、都市部だけでなく地方でもその姿を見かけることは少なくない。それに加えて、2020年には東京オリンピックが控えており、より一層賑わいをみせていくだろう。

最近では無印良品を全国展開する良品計画が銀座に「MUJI HOTEL」を2019年春をめどに開くことを発表するなど、関連銘柄の幅も増えてきている。この「MUJI HOTEL」はすでに、中国の北京と深センでオープンする事が決まっており、北京は2018年3月20日、深センは2018年1月18日ともうオープン間近なことから、<7453>良品計画におけるホテル関連銘柄の注目度も高まっていくと見える。

また、2018年2月9日には株式会社ストライプインターナショナルが経営する『ホテルKOE東京』が渋谷公園通りに開業予定とあるなど、ホテル業界もオリンピックを目先に控え新設する企業は多く、今後さらに勢いを増していきそうだ。なお、株式会社ストライプインターナショナルは上場が期待されている企業でもあり、詳しくはこちらを参照していただきたい。

ホテル関連銘柄【本命】

<7453>良品計画

西友の事業部が独立して設立され、無印良品を中心にさまざまな店舗を全国展開している同社。企画開発・製造、流通・販売まで手掛けている点に強みを持っている。海外への進出にも積極的で中国などで多店舗出店が続く。また2018年には中国の深センと北京に、2019年には銀座にそれぞれホテルをオープンする予定。このことからも、ホテル関連銘柄として注目を集めている。

ホテル関連銘柄【おすすめ】

<6565>ABホテル

スポーツクラブなどの運営を手掛けている東祥の連結子会社で「ABホテル」のブランドで東海地方を中心にビジネスホテルを展開している同社。2017年12月に東証ジャスダックと名証2部に上場したばかりのIPO案件。初値は公開価格の2倍強になるなど、注目度も高い。将来的には全国100店舗体制を目指しており、ホテル関連銘柄として期待値は高い。

ホテル関連銘柄【注目】【出遅れ】

<9708>帝国ホテル

明治23年に日本の迎賓館として開業し、現在では東京・大阪・上高地など直営ホテルを運営している同社。最近では外国人富裕層に向けた営業活動を推進しているなど、インバウンド事業にも積極的。また2017年9月に婚約が内定した秋篠宮ご夫妻の長女、眞子さまの結婚式に関して、宮内庁が帝国ホテルで行うと発表。こういった背景からも、ホテル関連銘柄として注目されている。

<3479>ティーケーピー

貸会議室ビジネスを軸とした「空間再生流通事業」を展開している同社。不動産オーナーから物件を割安で仕入れ、空間再生を行い法人に対して小口で販売・シェアリングする独自のビジネスモデルに強みを持っている。また2017年3月にコンパクトホテルを展開する企業に出資したことをきっかけに、高級感のあるカプセルホテルを開業。このことからも、ホテル関連銘柄地として期待されている。

<9021>西日本旅客鉄道

通称JR西日本と呼ばれる鉄道会社で、関西圏を中心に北陸・中国・九州北部の2府16県で鉄道網を展開している同社。訪日外国人客数が増加したことによって、経営も安定してきている。また2017年1月にはコンパクトホテルを展開するファーストキャビンと合弁会社を設立。駅周辺の資産活用の一環として高級カプセルホテルの展開を進めるなど、ホテル関連銘柄として注目度は高い。

ホテル関連銘柄まとめ

インバウンド事業、東京オリンピックを控えていることからも、ホテル業界に注目が集まっている。特に最近では一口にホテルといっても多様化が進んできており、新たなビジネスモデルを構築している企業も少なくない。また良品計画のように新規参入企業もあったりと、今後も関連銘柄には目が離せず、リサーチだけは注意しておこなっておきたい。

関連記事とブログランキング

LINE@にて株師孔明から非公開情報や最新情報を受け取る!

・株師孔明の投資のイロハ
・今買うべき株式材料銘柄情報
・仮想通貨の最新ニュース
・特定仮想通貨の買い増しサイン など

1日2つ、ブログランキングの応援クリックも宜しくお願いします。
 にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ