セルフレジ関連銘柄(無人レジ関連銘柄)【人材不足・ICタグ・IoT】

生産年齢人口の減少や求人数の増加などで人材確保が難しくなっている店舗では運営を効率化できるメリットがあるセルフレジ(無人レジ)。

拡大を続けているコンビニ業界でも最近は人手不足や人件費の上昇などが影響していることから、大手コンビニ5社によって2025年までにセルフレジを国内店舗に設置することが発表されたほどだ。

株式市場でも注目が集まっているセルフレジ関連銘柄(無人レジ関連銘柄)を今回は紹介したい。

セルフレジ関連銘柄(無人レジ関連銘柄)に注目

セルフレジ(無人レジ)とは

セルフレジ(無人レジ)は、商品にICタグをつけることで買い物かご内の商品を自動的に読み取り精算を進めることが可能なレジだ。

従来、スーパーなどで買い物をした場合、その支払い方法は店員がキャッシュレジスターなどを用いて行うものだが、近年ではセルフレジ・セルフチェックアウトシステムが多くの店舗で導入されている。

これは客自身が購入した商品をレジに登録し、精算処理を行うというもの。

身近な存在なのが、セルフ式ガソリンスタンドで、これを導入することによって、人件費を最小限に抑えることができるなどのメリットが挙げられる

人材不足の救世主となる可能性

コンビニエンスストア等の小売りビジネスでは、レジを担当する店員を確保する必要がある。

営業時間が長い店舗では特に早朝・深夜の時間帯に配置する店員の確保が難しくなりがちであり、賃金を引き上げるなどして人材を確保しているところも見られる。

店舗の運営をより安定させるためには業務のうち人に依存する割合を減らすことが有効だ。

無人レジが普及すれば、人材確保に苦しむ店舗が安定して収益を上げやすくなる。

顧客側も決済にかかる時間を短縮でき、短時間で買い物を済ませやすいメリットがあるからだ。

すでに一部のコンビニエンスストア等で無人レジの実験が進められていることから、防犯面等の課題を解決しつつ普及が進んでいくと考えられるだろう。

セルフレジ導入による人件費削減は進みつつある

商品の読み取りから精算までをすべて無人で行うレジはまだ実験段階だが、一部の作業を店員が行わないセルフレジはすでに登場している。

顧客自身が商品のバーコードを読み取ったり、精算部分を機械に任せたりといったセルフレジも、レジの無人化の流れが強まるにつれて増えていく可能性がある。

レジの製造・販売に貢献できる貨幣読み取り装置やICタグなどを生産している企業は中長期的に恩恵を受けられるだろう。

コスト削減を進められる小売企業にとっても恩恵は大きく、特に店舗数が多く営業時間の長い小売企業については、営業時間帯の短縮幅を抑えるなどして収益を維持しやすい。

低コストで導入できるセルフレジ(無人レジ)開発が進むにつれて、関連銘柄として小売企業への物色も行われる可能性がある。

セルフレジ(無人レジ)が株式市場で注目される理由

近年では、人手不足の問題はどの業界でも問題視されるようになってきている。

小売業界でも例外ではなく、一部のスーパーなどでは当たり前のようにセルフレジが導入されており、利用したことがある人も多いだろう。

では、なぜ最近になって株式市場でも注目を集めるようになったのか。

その発端となったのが、大手コンビニ5社による発表だろう。

2025年度までに国内全店舗でセルフレジを導入することが2017年4月に報じられた。

取り扱う全商品にICタグを貼りつけ、消費者はカゴや袋に商品を入れたまま、専用機械を組み込んだ台にに置いただけで会計を済ませることができるという。

セルフレジ関連銘柄(無人レジ関連銘柄)一覧

チェック

コード銘柄名企業情報・業務内容株師孔明の注目度
3382セブン&アイ・ホールディングスセブン-イレブン・ジャパン、イトーヨーカ堂、そごう、西武などを傘下に持つ大手流通持ち株会社。★★★★
6278サトーホールディングスバーコードや二次元コードのスキャナ・プリンターやハンドラベラーなどのハードウェア製品の開発・製造を行っている。★★★★
6588東芝テック電子通期機器メーカーで、東芝デジタルプロダクト事業の中核的存在。★★★★
6652IDEC制御機器専業メーカー。操作スイッチ、表示ランプに強み。★★★
6664オプトエレクトロニクスバーコードリーダーのレーザーエンジン世界2位、国内シェア9割。★★★
6752パナソニック総合家電大手。AV機器、白モノ家電が主力。★★★
6945富士通フロンテック富士通グループに属し、電子機器の開発・製造を行っている。★★★★
7855カーディナル会員証などカードの専業メーカー。★★★
8267イオン日本国内外300以上の企業で構成されている大手流通グループである「イオングループの純粋持ち株会社。★★★★
9972アルテック包装、印刷関連など特殊産業機械の専門商社。★★★

主なセルフレジ関連銘柄(無人レジ関連銘柄)はこの通りとなっている。

出遅れとして出てきた銘柄があれば、随時更新していくのでこまめにチェック頂きたい。

株師孔明注目のセルフレジ関連銘柄(無人レジ関連銘柄)

<6287>サトーホールディングス

バーコードや二次元コードのスキャナ・プリンターやハンドラベラーなどのハードウェア製品の開発・製造を行っている。

同社はRFID製品を強みとしており、すでにPOSシステムと連携可能なリーダも提供していることから、店舗への導入も進めやすいと考えられる。

セルフレジ(無人レジ)製造に不可欠な技術であることから、関連銘柄の筆頭格として資金流入が期待できる。

<6588>東芝テック

電子通期機器メーカーで、東芝デジタルプロダクト事業の中核的存在。IBMよりRSS事業を買収。POSシステムのシェアは世界トップを誇る。

同社は、セルフレジに関しても手掛けており、その利用率は国内でも高く、セルフレジ関連銘柄として注目度は高い。

セルフレジ(無人レジ)が普及したのちもPOSシステムはマーケティング等の目的で継続使用されると考えられることから、POSシステムと無人レジをセットで販売できれば業績を伸ばしやすくなる。

国内で無人レジが普及すれば海外ビジネスにも活かすチャンスがある。

<6945>富士通フロンテック

富士通グループに属し、電子機器の開発・製造を行っている。

POSシステムや決済端末・IDタグなど、無人レジに活用される技術を活かした製品を多数製造している同社。

人手不足解消手段のひとつとして注目されるRFIDタグの出荷が、2016年に前年度比約4倍となり、初めて1億枚を突破した。

小売企業との取引も少なくないことから、セルフレジ(無人レジ)の実用化に当たっては多くの製品を小売企業に納品しやすいと考えられる。

<6418>日本金銭機械

貨幣読み取り装置を製造している。無人レジでは商品の読み取りに加えて精算を正確に行う必要がある。貨幣読み取り装置の製造において国内外で定評のある日本金銭機械の技術は、無人レジ増加とともに活躍の場を広げるチャンスがある。

<8267>イオン

日本国内外300以上の企業で構成されている大手流通グループである「イオングループの純粋持ち株会社。

流通企業としては国内でもトップクラスであり、総合スーパーであるイオン、ディスカウント事業の一角として展開しているマックスバリューでは、すでに顧客がバーコードを読み取り機械で精算するセルフレジが導入済み。

レジを無人化できれば大きく人件費を削減できることとなり、採算改善に期待できる。

今後も関東や中部を中心に展開しているミニストップなどでも導入されれば、セルフレジ関連銘柄(無人レジ関連銘柄)として注目される存在となるだろう。

<3382>セブン&アイ・ホールディングス

コンビニエンスストア「セブン・イレブン」等を展開している。

コンビニエンスストアの店舗数は2万店を突破しており、レジを担当する人材を大量に確保する必要がある。

すでに同社が展開しているイトーヨーカ堂ではセルフレジが導入されており、コンビニや百貨店でも導入されることとなると、これまでネックとなっていた人件費問題が解消される可能性は高い。

人材不足に伴う営業時間短縮で売上を逃さないよう、無人レジを早期に活用したいところだ。

<3784>ヴィンクス

流通企業向けにカードシステムや分析ツール等を提供している。

イオンとの取引が多いことから、イオンが無人レジ導入等でシステムへの投資を増やせば恩恵を受けやすい。

無人レジ普及に関する報道と合わせて、イオンの無人レジに対する姿勢にも要注目の銘柄だ。

セルフレジ関連銘柄(無人レジ関連銘柄)まとめ

セルフレジ関連銘柄(無人レジ関連銘柄)は、多くの産業で人材不足が叫ばれる中、セルフレジ(無人レジ)を導入すれば小売企業が人材不足の問題を解消しやすくなるため注目されている。

レジ通過にかかる時間を短縮できれば店舗側はレジの設置台数を減らして商品を陳列する面積を増やせるほか、顧客はレジ待ちのストレスを軽減できる。

多様な形状の商品にICタグを付すことが可能かどうかなど課題もあるが、一部店舗における無人レジ実験を繰り返す中で課題が解決に向かい、セルフレジ(無人レジ)が普及することが期待される。

中長期的な普及を見込みながら、短期的にも人材不足を背景に資金流入の可能性がある銘柄であり、自社の技術を活かせる関連銘柄の値動きには要注目だ。

人材不足解消に道筋をつけられる小売企業にもあわせて注目しておきたい。

関連記事とブログランキング

LINE@にて株師孔明から非公開情報や最新情報を受け取る!

・株師孔明の投資のイロハ
・今買うべき株式材料銘柄情報
・仮想通貨の最新ニュース
・特定仮想通貨の買い増しサイン など

1日2つ、ブログランキングの応援クリックも宜しくお願いします。
 にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ