2018年4月2週に注目された銘柄を改めてチェック

先週は、シリア情勢をめぐる混乱懸念などが見られたものの、株価は安定的に推移した。

2月末の決算発表が相次いだこともあり、注目銘柄が多数みられた。

割安感が指摘されている日本株に本格的に資金が戻ることとなれば、注目銘柄がさらなる値上がりを見せる可能性がある。

先週の出来事と各企業の動き

先週の株式市場の動きと今後の展望

先週注目された銘柄は、政治リスクや地政学リスクが高まる中でも株価が堅調に推移したことから引き続き要注目だ。

株式市場全体は年初から下落した状態だが、好業績の発表や業績機体の高まりなどから株価が急伸している銘柄も少なからず見られる。

ボラティリティが昨年と比べて高まっていることから、注目銘柄を狙えば短期間で大きな利益を得られるチャンスも広がると考えられる。

IPO銘柄の人気が高いことからは特定の銘柄に資金が集中する傾向が見られ、銘柄選定の重要性が増していると言えよう。

機関投資家は新年度入りを機に新規の投資資金を確保しており買いに期待できるほか、若年層を含めて積立投資が活発化していることから投資信託経由の買いも見込みやすい。

来月に集中する3月末決算の発表や、その後の配当金支払いなどでさらに注目銘柄への資金流入が続くこともあり得るため、しっかりとチェックしておこう。

先週注目された銘柄10選【本命】

<4714>リソー教育

マンツーマンの個別指導塾ビジネス等に取り組んでいる。好業績を発表したことが好感された。配当性向を100%付近とする方針を継続しており、好業績が配当水準向上につながることも好材料だ。予想配当利回りは3%を超えており、利回りを見込んだ中長期投資資金の流入にも期待できる。

先週注目された銘柄10選【おすすめ】

<8698>マネックスグループ

インターネット証券大手で米国個別株投資に強みを持つ。仮想通貨取引ビジネスを手がけるコインチェック買収を発表したことから注目を集めた。訴訟リスク等を克服して仮想通貨ビジネスを収益に貢献させることができれば、さらなる株価上昇を見込みやすい。

こちらは週明けの本日も順調な株価の動き

先週注目された銘柄10選【注目】

<3900>クラウドワークス

クラウドソーシングビジネスに取り組んでいる。副業の解禁方針を示す企業が増えてきていることや、フリーランス市場が拡大していることなどが追い風だ。働き方改革が前進していることも受けて、株価が急伸した。売上高の伸びが続き、黒字定着となればさらなる大幅成長のチャンスもある。

<8267>イオン

国内小売大手の2月末決算企業だ。好決算を発表したことが好感され、資金が流入した。2019年2月期は増配予想としていることも好材料と言える。人材不足を背景に賃金上昇が進んでおり、個人消費の伸びにつながればイオンへの注目度はさらに高まると考えられる。

こちらは週明けの本日も順調な株価の動き

<3543>コメダホールディングス

コメダ珈琲店を展開している。着実に業績を伸ばしていることから注目を集めた。店舗数をさらに増やすことで業績を伸ばす余地があるほか、配当・株主優待に期待した個人投資家の資金も集めやすい。くつろげる環境を提供するスタイルから、時間にゆとりの大きいシニア層を取り込める点も成長につながる。

<6208>石川製作所

防衛機器ビジネスなどに取り組んでいる。防衛関連銘柄の筆頭格であり、昨年は北朝鮮をめぐる懸念が高まると賑わいを見せる場面が見られた。今週はシリア情勢が不安定化したことから石川製作所にも資金が流入した。米トランプ政権が自国第一主義を継続することで国際情勢は不安定化しやすい。今後も地政学リスクが高まれば資金流入の可能性がある。

<5967>TONE

工具ビジネスに取り組んでいる。200株以上保有の株主を対象とする株主優待の新設を発表したことから注目を集めた。2018年5月期業績の見通しは大幅増益・大幅増配となっており、株主優待の新設でさらに投資妙味が高まったこととなる。権利確定が近づくにつれて再び株価が急上昇する可能性を秘めている。

<7205>日野自動車

トラック等の製造に取り組んでいる。フォルクスワーゲンの参加企業と自動運転分野などにおける協力を検討していることが材料視された。物流量の増大から国内でもトラック需要に期待できることから、業績期待の買いを集めることもあり得る。

<3135>マーケットエンタープライズ

オンラインでのリユース品売買ビジネスに取り組んでいる。中古医療機器ビジネスへの参入を発表したことが注目を集めた。PERが100倍超の典型的な成長株だけに、成長期待が高まれば今後も株価が急伸しやすいと考えられる。

<4645>市進ホールディングス

好業績を発表したことから買いが集まった。学習塾ビジネスは少子化の中で明暗が分かれてきており、利益を大幅に上方修正したことは今後も好感される可能性がある。最低投資金額が4万円程度と低く、個人投資家が気軽に買いを入れやすい点も魅力だ。

先週注目された銘柄10選 まとめ

先週注目された銘柄は、好業績を発表した銘柄が中心であった。

株主還元の強化が高く評価された銘柄もあり、今後も権利確定月を意識しながら売買を進めたい。

相場全体が力強い上昇を見せる局面となれば、注目された銘柄がさらに上昇を続ける展開も考えられる。

引き続き要チェックだ。

関連記事とブログランキング

LINE@にて株師孔明から非公開情報や最新情報を受け取る!

・株師孔明の投資のイロハ
・今買うべき株式材料銘柄情報
・仮想通貨の最新ニュース
・特定仮想通貨の買い増しサイン など

1日2つ、ブログランキングの応援クリックも宜しくお願いします。
 にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ