スマートコントラクト関連銘柄 上がる株 一覧【ブロックチェーン・イーサリアム・仮想通貨】

スマートコントラクトとは、仮想通貨取引にも使用されるブロックチェーン技術を活用したインターネット上での契約を意味する。

契約を迅速に結べるほか、契約書改ざんリスクを抑えられる点などが魅力だ。

ブロックチェーン技術の発展に合わせてスマートコントラクト関連銘柄の将来性への期待も高まっている。

今回はそんなスマートコントラクト関連銘柄を紹介しよう。

スマートコントラクト関連銘柄ニュース

仮想通貨関連銘柄からの波及効果に期待

マネックスがコインチェックを買収したこともあり、仮想通貨関連銘柄が賑わう場面が見られている。

仮想通貨取引に活用されるブロックチェーン技術は、取引記録の改ざん防止に不可欠だ。

文書管理などへの応用が進められており、契約締結にも活用可能だと言えるだろう。

仮想通貨価格の変動に関わらずブロックチェーン技術は中長期的な開発進展を見込みやすい。

仮想通貨関連銘柄が過熱感を強める場面などでは、スマートコントラクト関連銘柄に資金がシフトすることもあり得る。

多様な働き方の増加でオンライン契約ニーズが高まる

政府が働き方改革を進める中で、副業や兼業を認める企業が増加してきている。

多様な働き方が増加すれば、在宅で勤務する層も増えると考えられるだろう。

その中で、契約締結に当たって書類をやり取りしたり、面会したりする作業の負担を軽減できれば、クライアント・労働者の双方がメリットを享受できるはずだ。

そういった意味でも、スマートコントラクトを活用する流れは今後強まる可能性がある。

さらに、雇用契約のみならず商品の売買契約などでもスマートコントラクトを活用し得る。

すでにインターネット通販市場が拡大していることなどもあり、オンラインでの取引を正確かつ安全に記録するニーズは多く存在する。

スマートコントラクトは仮想通貨やブロックチェーンよりもさらに新しい投資テーマであり、中長期的な成長と共に株価の大幅上昇に期待しやすい面もあるだろう。

株師孔明注目のスマートコントラクト関連銘柄

スマートコントラクト関連銘柄【本命】

<6027>弁護士ドットコム

法律相談サービス等を提供している。弁護士サービス契約の締結においてスマートコントラクトの導入方針を示している。契約書の作成から費用の精算まで幅広い手続きをスマートコントラクトで簡略化できれば成長ペースが早まる可能性がある。

スマートコントラクト関連銘柄【おすすめ】

<4819>デジタルガレージ

決済ビジネスなど多様なインターネット関連事業を展開している。弁護士ドットコムなどと連携してスマートコントラクトの実証実験にも取り組んでおり、関連銘柄の筆頭格として資金流入に期待しやすい。株価は上下動こそみられるものの上昇傾向にあり、成長期待が着実に高まっていることがうかがえる。

スマートコントラクト関連銘柄【注目】【出遅れ】

<2371>カカクコム

価格比較サイトを運営している。スマートコントラクト関連の有力銘柄であるデジタルガレージが筆頭株主であり、物色対象となる可能性がある。価格比較サイトの掲載店との契約にもスマートコントラクトを活用できればさらに話題性が高まると考えられる。

<8306>三菱UFJフィナンシャル・グループ

スマートコントラクトを銀行内で活用していることから注目を集めている。低金利政策の下で銀行株は割安放置されている傾向があり、成長性の高まりが意識されれば株価急騰の余地が大きい。仮想通貨ビジネスに関心を示していることも好材料だ。

<8308>りそなホールディングス

銀行業などに取り組んでいる。スマートコントラクトの実証実験で業務効率化を実施している。割安高配当株でもあり、中長期的な視点でも安心して継続保有しやすい。最低投資金額が10万円未満と個人投資家でも買いやすい水準である点も魅力だ。

<8698>マネックスグループ

証券ビジネスに取り組んでいる。コインチェック買収により仮想通貨関連銘柄としても注目度を高めている。金融取引における頻繁な売買契約においてスマートコントラクトを活用できれば大きなコスト削減につながり得る。

<2168>パソナグループ

人材派遣ビジネスに取り組んでいる。多数の派遣人材を抱えていることから、契約書をはじめとする書類作成の頻度が高い企業の1つだ。スマートコントラクトを有効活用すれば業務量を削減しやすいほか、登録者の負担軽減にもつなげられる。

スマートコントラクト関連銘柄まとめ

スマートコントラクト関連銘柄は、仮想通貨関連銘柄が賑わっていることから注目を集めている。

仮想通貨関連銘柄が注目される際には、仮想通貨取引に欠かせないブロックチェーン技術にも関心が向かいやすい。

ブロックチェーン技術を活用したスマートコントラクトは将来性のある契約手法であり、投資テーマとしての注目度が高まることが期待されるだろう。

また、スマートコントラクトを活用すれば契約の安全性を高めると同時に、コスト削減にもつながる。

コスト削減はあらゆる企業や行政機関が指向することから、スマートコントラクトが発展すれば大きな市場を形成する可能性がある。

関連銘柄にはすでに株価が大きく上昇してきた銘柄もあり、成長期待の高さがうかがえるだろう。

関連記事とブログランキング

LINE@にて株師孔明から非公開情報や最新情報を受け取る!

・株師孔明の投資のイロハ
・今買うべき株式材料銘柄情報
・仮想通貨の最新ニュース
・特定仮想通貨の買い増しサイン など

1日2つ、ブログランキングの応援クリックも宜しくお願いします。
 にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ