イーサリアムがいよいよPoSへ ~仮想通貨ニュース<2018年5月11日>~

今日もわたくし株師孔明が注目した仮想通貨ニュースを紹介しよう。

仮想通貨ニュース一覧<2018年5月11日>

 イーサリアム、PoSへ向けキャスパーアップデート

イーサリアムのキャスパーアップデートの最初のバーションがリリースされた。

イーサリアムはこれまでコンセンサスアルゴリズムにプルーフ・オブ・ワーク(PoW)を採用していた。

しかし、PoWは電力とコンピュータの容量をいたずらに消費する欠点がある。

そのため、当初からコインの所有量によって承認率が調整されるプルーフ・オブ・ステーク(PoS)に移行する予定だった。

今回のアップデートは、その移行のためのステップであり、PoWとPoSが組み合わされた形になっている。

具体的には、マイナー報酬を3ETHから0.6ETHに減額されるなどの修正がされている。

今後予定されているメジャーアップデートに向け、イーサリアムの動きに注目しておきたい。

オタクコイン始動、投票機能で制作化支援

オタクコイン準備委員会は、秋葉原で開催されたオタクコイン構想発表会で、仮想通貨を使ってオタク文化を盛り上げようとする計画を発表した。

ここで活躍する見込みの仮想通貨はオタクコインと呼ばれ、物販の決済や、制作者の支援に使われる予定だ。

イーサリアムのブロックチェーンを利用したECR20トークンとして発行される。

ただし、ICOは実施しない方針だ。

当初、同委員会はICOによる資金調達も選択肢として検討されていたが、調達効率などの面から実施されないこととなった。

コインの配布はオタク文化に関心の高い人への無償配布から始まる。

同構想はスタートアップ企業であるトーキョー・オタク・モードが発案した。

同社CEOの小高氏は、オタクコイン保有者によるコインを使ったファン投票によって、支援したいプロジェクトに資金を提供することで、製作化を支援する仕組みを構築したいとしている。

オタクコインによって、日本のクールジャパンを推進していくことが期待できるだろう。

 bitFlyer、国際展開へ向け優秀人材積極採用を推進

仮想通貨取引 bitFlyer(ビットフライヤー)の加納裕三代表は、国内外問わず金融やコンプライアンス、ブロックチェーン技術の専門家を積極採用したいとブルームバーグのインタビューに答えた。

加納氏はもともとゴールドマンサックスの所属であり、当時の関係者を中心に国際的な展開に乗り出している。

同社は、日本やニューヨーク、ヨーロッパでライセンス登録をしている世界初の取引所であり、多くの有力企業とのコネクションを持っている。

他にもバークレイズ証券やクレディスイスグループの重役を引き抜くなどして、世界展開を推し進めている。

今後の bitFlyer は優秀な人材を厳選して今まで以上に成長していくものとみられており、活躍に期待が寄せられることとなる。

関連記事とブログランキング

LINE@にて株師孔明から非公開情報や最新情報を受け取る!

・株師孔明の投資のイロハ
・今買うべき株式材料銘柄情報
・仮想通貨の最新ニュース
・特定仮想通貨の買い増しサイン など

1日2つ、ブログランキングの応援クリックも宜しくお願いします。
 にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ