三菱UFJ銀行開発「MUFGコイン」が実証実験 ~仮想通貨ニュース<2018年5月16日>~

今日もわたくし株師孔明が注目した仮想通貨ニュースを紹介しよう。

仮想通貨ニュース一覧<2018年5月16日>

三菱UFJ銀行が「MUFGコイン」の実証実験を計画中

三菱UFJ銀行はかねてより発表していた「MUFGコイン」の実証実験を行うことをNHKが報道した。

報道によると、約10万人規模で行うことになっており、利用者はスマートフォンに専用のアプリをダウンロードし、換金したのちに買い物での支払いなど生活の場面で利用する。

これまで企業が使ってきたデジタル通貨と異なり、ブロックチェーンを利用して開発されている。

ブロックチェーンは高い安全性と分散性を持っている一方で、送金速度やスケーラビリティに課題を抱えている。

そのため、今回の実証実験では、小口の支払いや個人間の送金に利用することで、そのような問題が生じないかどうかを確かめることが目的となっている。

同じメガバンクとしては、三菱UFJ銀行の他にみずほ銀行も「Jコイン」を開発しており、同じく実証実験を行う計画を発表している。

今後、資金力のあるメガバンクなどが開発や利用に乗り出すことで、金融を取り巻く環境もより大きう変わっていくものとみられる。

リミックスポイントがICO支援事業の重要性を説く

リミックスポイントは、仮想通貨取引所「BitPoint」を運営しており、ビットコインをはじめイーサリアムやライトコインなどの取り扱いを行っている。

そんなリミックスポイントのCEOがICO支援の重要性を説いたとされている。

ICOが活発化すれば仮想通貨取引所の存在感も高まるため、「BitPoint」を運営している同社としてもその意味は大きい。

今回の報道を行ったモーニングスターをはじめ、テックビューロ や SBI Capital Base など、すでにICO関連ビジネスに取り組んでいる企業も見られることから、日本企業によるICO支援事業への取組加速が期待される。

KxシステムズがFX取引プラットフォームに仮想通貨もに対応

アメリカのソフトウェア開発会社のKxシステムズは、同社のFX取引プラットフォームを仮想通貨に対応させることを発表した。

同社は、ゴールドマンサックスやモルガン・スタンレー、GSAキャピタル・パートナーズなどを顧客として抱えており、大手金融機関を対象に取引を行っている。

もとより、Kxシステムズは、Kxフォー・フローというプラットフォームを提供しており、顧客は流動性プールを作成したり、価格情報を発表したりすることができる。

今回の発表は、ここに仮想通貨が加わるというものだ。

取り扱う仮想通貨は、ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ 、ライトコイン、リップルの5種類だ。大手のシステム会社が仮想通貨関連事業に参入することで、より市場に活気が生まれることが期待できる。

関連記事とブログランキング

LINE@にて株師孔明から非公開情報や最新情報を受け取る!

・株師孔明の投資のイロハ
・今買うべき株式材料銘柄情報
・仮想通貨の最新ニュース
・特定仮想通貨の買い増しサイン など

1日2つ、ブログランキングの応援クリックも宜しくお願いします。
 にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ