ナノ(NANO/XRB)とは? ~特徴・将来性・オススメ取引所~

2018年1月31日、RaiBlocks(レイブロックス)からリブランディングされ、新たに生まれ変わった仮想通貨ナノ(NANO/XRB)。

今回はそんなナノ(NANO/XRB)の特徴・将来性からオススメ取引所まで詳しく触れていきたい。

ナノ(NANO/XRB)とは?

ナノ(NANO/XRB)は次世代のブロックチェーン、とも呼ばれるDAGという技術を採用している仮想通貨だ。

元々は、2016年2月29日に公開された RaiBlocks(レイブロックス)という通貨であったが、2018年の1月末にナノ(NANO/XRB)へと生まれ変わっている。

リブランディングされた理由は以下

  • Nanoは「プロジェクトのシンプルさとスピード」を表している
  • RaiBlocks の発音が難しく、混乱させていたため

ナノ(NANO/XRB)の主な概要

 通貨名  NANO(ナノ)
 ティッカーシンボル  XRB
 公開日  2018年1月31日
 総発行枚数  133,248,290XRB
 ブロックチェーン形式  DAG
 コンセンサスアルゴリズム  DROP(Dalegated proof of stake)
 暗号化アルゴリズム
 プラットフォーム
 公式サイト  https://nano.org/en

ナノ(NANO/XRB)の特徴

ナノ(NANO/XRB)の主な特徴は以下の3つとなっている。

超高速の決済が可能

ビットコインによる決済は、ブロックチェーン技術の上で行われる取引を、第三者であるマイナーの人たちが承認して成立している。

この作業には膨大な時間がかかるため、多くの人が参入するようになった近年のビットコイン市場では、送金詰まり問題などといったスケーラビリティ問題が多発しており、課題の一つとなっている。

しかし、ナノ(NANO/XRB)はそういった問題を解決すべく開発され、送金スピードの速さで一目置かれるリップルのさらに4.6倍の速さで送金処理が可能な優れた能力を持っている。

これは、ビットコインのような一つのブロックに多数のトランザクションを記録し、チェーン上に保存するやり方とは違い、

ナノ(NANO/XRB)は各アカウントが一つずつ取引と残高履歴が書かれたアカウントチェーン(ナノにおけるブロックチェーン)を所持する事で、マイナーによってではなく、各アカウントがそれぞれの取引を承認する仕組みになっているからである。

つまり、それぞれのアカウントチェーンには、ネットワークに非同期的に更新をする「送信トランザクション」と「受信トランザクション」が含まれており、

送信側は即座に送信記録を送ることができ、受信側もいつでもトランザクションが実行できるため、高速な取引が可能となった。

手数料が無料

ナノ(NANO/XRB)は手数料が無料という側面も持っている。

送金トランザクションを二つに分けたことで、一つあたりの容量は小さくなった訳だが、

ノード(コンピュータを軸にしたネットワークを構成する、中継点または分岐点)もアカウントチェーンの送信、受信トランザクションを記録し、再びデータを送信するだけのため、その簡易的なノードに、ほぼ維持費がかからない。

これにより、手数料無料が実現できている。

スケーラビリティの無限化

仮想通貨は、スケーラビリティ(拡張性)に問題を抱えると事件も起こりかねない。

例えば、ビットコインキャッシュ(BTH)は、ビットコイン本家と対立するビットコインのスケーラビリティに不満を持ったグループによってつくられたコインであるわけだが、

本家に対して分化コインであるビットコインキャッシュは、ビットコインのブロックサイズを拡張したバージョンとして作られている。

そのため、ビットコインキャッシュを作成する過程において、様々なトラブルや争いがあり、その結果、市場を大きく混乱させた。

しかし、それに対してナノ(NANO/XRB)の拡張性は、無限であるとされている。

そのため大規模なアップデートを行わなくても、その無限のスケーラビリティのおかげでトラブルレスに色々な機能を追加したり、性能を向上させることができるのだ。

スケーラビリティに問題を抱える通貨は多い事から、ナノ(NANO/XRB)はそこを意識してシステムをつくりあげたと言っていいだろう。

ナノ(NANO/XRB)関連ニュース

ハッキング?持ち逃げ?Nano流出騒動

2018年2月8日、イタリアの仮想通貨取引所『BitGrail』において、Nanoの流出事件が起きた。

当初、総額1,700万Nano(約200億円)がハッキングにより盗まれたと公式サイトが事件の翌日に発表した。

しかし、同社はこの前の月に一日の出金限度額を10BTCに制限しているところから、経営者による持ち逃げが疑われている。

これを受け、ナノ(NANO/XRB)の価格は24時間で24%も価格が暴落した。

さらにナノ開発チームは、「BitGrail」運営者のフランチェスコ・フィラノ氏より、不正流出をなかったことにするため、帳消し要請を受けたがこれを拒否。

結果的に、この事件はNanoのコイン自体の性能によるものではなく、取引所のセキュリティの甘さが原因であることが判明した。

なお、BitGrail社はこの事件のあとに倒産している。

ナノ(NANO/XRB)の将来性

ナノ(NANO/XRB)は優れた性能をもっている事からも、現在、徐々に注目を集めているコインだ。

「超高速決済」「手数料無料」により、小口での取引がしやすくなると、将来的には実社会の様々な場面で使える日が来る可能性も充分ある。

また、ナノの開発グループは、ナノ(NANO/XRB)を「銀行口座を持っていない人のための力になりたい」という信念のもとに開発しているため、将来的なニーズをしっかりと定めているところにも信頼が持てるだろう。

ナノ(NANO/XRB)が購入できる取引所一覧

ナノ(NANO/XRB)を購入できる国内取引所は、2018年4月現在では存在しない。

そのため、海外の取引所を利用する必要がある。

そこで、ここでは安心してナノ(NANO/XRB)を購入できるオススメの海外取引所を紹介しておきたい。

BINANCE(バイナンス)

バイナンス

ナノ(NANO/XRB)を取引できる取引所の中で一番オススメなのはBinanceだ。

手数料は安く、そして取引高も高い事から、Binanceを使っているユーザーが国内でも多い。

また、かつてサイト内の人気投票でナノが一位になったこともあり、Binanceでは馴染みが深い存在となっている。

新規口座開設 や 購入方法 についての詳しい詳細はこちら
Binance の 取扱通貨・登録方法・購入方法

ナノ(NANO/XRB)の購入手順

① 国内の取引所でビットコイン(BTC)かイーサリアム(ETH)を購入

② 購入した BTC か ETH を、「バイナンス」へ送金

③ BTC建て または ETH建て で、ナノ(NANO/XRB)を購入

送金するために必要な国内の取引所の口座をまだ持っていない人は、下記の国内取引所がオススメだ。

ビットコイン(BTC)・イーサリアム(ETH)を購入するのにオススメの取引所

ナノ(NANO/XRB) 総評

ナノ(NANO/XRB)は将来的なニーズも兼ね添えている点からも、優れた性能を十二分に持ち合わせた通貨だと言える。

仮想通貨の表面的なブームは終われば、いよいよ通貨としての実用化が目指されていく段階に入る。

そうなれば、コインの有名無名に限らず、実用性の高いコインが注目されてくるのは目に見えているはずだ。

先行投資で保有するには充分すぎるほど期待の持てる通貨なのではないだろうか。

関連記事とブログランキング

LINE@にて株師孔明から非公開情報や最新情報を受け取る!

・株師孔明の投資のイロハ
・今買うべき株式材料銘柄情報
・仮想通貨の最新ニュース
・特定仮想通貨の買い増しサイン など

1日2つ、ブログランキングの応援クリックも宜しくお願いします。
 にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ