マイクロソフトの子会社が中国企業と提携 ~仮想通貨ニュース<2018年7月2日>~

今日もわたくし株師孔明が注目した仮想通貨ニュースを紹介しよう。

仮想通貨ニュース一覧<2018年7月2日>

マイクロソフトの子会社が中国企業と提携

大手テクノロジー系企業のマイクロソフト子会社の台湾マイクロソフトが、中国の神州數字銷售技術(バイナリー・セールス・テクノロジー)、熱酷(ハイ・クラウド)の2社と提携しすることを発表した。

企業向けのブロックチェーンプラットフォームの開発を目指す。

この発表によると、提携により、主にアジア太平洋地域における金融、eコマース、エンターテイメント業界などを変えていくことを目指す。

そのために、マイクロソフトは、神州數字のブロックチェーンサービスの基盤としてアジュール・クラウド・プラットフォームを提供する。

台湾マイクロソフトの代表は、アジュールを導入することで、神州數字のブロックチェーンサービスの安全性と計算処理スピードを向上することを目指している。

今後、ブロックチェーン分野における提携に続き、人体認証や人工知能の分野にも拡大していきたいとしている。

ロシアのキウィが仮想通貨投資銀行を設立

ロシアの大手決済サービス会社であるキウィ(Qiwi)の子会社キウィ・ブロックチェーン・テクノロジーズ(QBT)が、仮想通貨投資銀行「HASH」を設立したことが明らかになった。

資金調達段階において企業をアシストすることを目的として、イニシャル・コイン・オファリング(ICO)のプラットフォームを提供する。

これは古典的な投資銀行モデルによって構築されている。

すでに、同社はすでに国際的ファンド10社と連携しており、最大のファンドの売上高は1億ドルにのぼる。

ロシアでは、仮想通貨とブロックチェーン関連の主な規制の法制化を進めており、そのライセンスを取得し次第、仮想通貨の取引サービスを開始する予定である。

同社は、2017年7月からIT教育のスクリーム・スクールと提携し、民間の「ブロックチェーン・アカデミー」を開催している。

仮想通貨やブロックチェーン関連事業に積極的に取り組む国際企業として今後も成長が期待できる。

京東集団の子会社がHuobiと戦略的研究協力協定を締結

中国のオンライン通販会社、京東集団の子会社である京東クラウドが、大手仮想通貨取引所のHuobiと提携を結び、ブロックチェーン技術の応用とクラウドコンピューティングの研究に取り組むことを発表した。

金融サービスやモノのインターネット(IoT)、サプライチェーンの分野にフォーカスしつつ、リング署名、準同型暗号、ライトニングネットワーク、コンセンサスアルゴリズムの設計と実装といった基礎的なブロックチェーン技術についての研究を行う戦略的協力協定を締結した。

今後研究成果によっては利便性の高い新たな技術開発に期待が持たれる。