5G関連銘柄 上がる株 一覧【第5世代移動通信システム】

2019年の商用化に向けて話題を集めているのが、次世代移動通信「5G」の存在だ。

通信速度の向上だけでなく、IoT時代に即した「同時多接続」や「低遅延」といった要素が盛り込まれる。

今回はそんな5G関連として期待されている銘柄を紹介していこう。

5Gの将来性にに注目

5Gとは

5Gは新たな通信規格であり、従来の10倍程度の通信速度を実現できる。

スマートフォンゲームやオンライン動画視聴などがよりスムーズになるだけでなく、IoTや自動運転を通信により支えることが可能となる。

国内通信市場はスマートフォンの普及が進んで飽和してきているが、5G時代の到来で自動運転車やIoT機器などが新たに通信を行うようになると考えられる。

NTTドコモやKDDIなどの大手通信企業は5G対応に向けた投資を着実に進めている。

5Gの2019年の展望 NEW!!

国内通信大手3社(NTTドコモ・KDDI・ソフトバンク)は2019年中にも5Gサービスの試験運用に取り組む姿勢を示している。

5G時代の到来は2020年とみられていたが、計画が前倒しとなる見通しだ。

5G通信の実用化に向けた動きが進むことで、2019年にはIoT機器や自動運転車への関心も高まると考えられる。

特に、安全性の検証を十分に行う必要がある自動運転車に対し、IoT機器は5G通信網が整備されれば一気に開発が加速しやすい。

大手家電メーカーを中心に、より高機能・高付加価値の電気製品を開発・販売する流れが加速する1年となるだろう。

5Gに関するニュース

5Gスマホは2021年までに1億台超

香港の市場調査会社であるカウンターポイント・テクノロジー・マーケット・リサーチは、5Gスマートフォンの出荷台数は2021年までに255%成長し、1億1千万台に到達する見込みであることを発表した。

同社によると、アメリカ・韓国・中国・日本の4か国が5Gインフラの開発とスマートフォン売り上げの成長にとって、鍵を握っているという。

時速300キロでの5G通信に成功

NTTドコモ、NEC、NTT持株の3社が、世界で初めて時速300キロの高速移動環境で5G無線通信に成功したことを発表した。

他にも、時速290キロで移動しながらの5G基地局間ハンドオーバー、時速200キロで走行する車両からの4K映像の無線ライブ中継に成功するなど、5G通信技術において関連企業が一歩前進したともいえる。

5G通信用の周波数割り当てが2019年3月にも実施 NEW!!

総務省は通信大手3社が5G通信網整備を前倒しする意欲を示したことを受けて、周波数割り当てを2019年3月にも実施する方針を示した。

民間企業の動きに政府が呼応する姿勢を示したことで、5G時代の到来が早まることになりそうだ。

自動運転車やIoT機器の普及に向けた動きが2019年中から加速することで、2020年東京五輪時に自動運転車が多く活躍するなどの好影響が期待される。

また、IoT機器の開発・販売が進むことで、伸び悩みが続いている個人消費が後押しされることもあり得る。

5G通信に関する大手3社の試験や、周波数の割り当てが順調に進むかどうかを注視しておきたいところだ。

5G関連銘柄 一覧

チェック

5G関連銘柄とは、5Gが様々な分野で利用される事で、通信機器企業や、ゲーム提供企業、動画配信企業などといった5Gが今後活躍されるであろう企業にシナジーをもたらす、5Gに深く関わりのある銘柄群を指す。

コード 企業名 企業情報・業務内容 注目度
1417 ミライト・ホールディングス 通信工事大手。IoT時代の到来で通信回線の整備需要が高まる可能性がある。 ★★★
2303 ドーン 地理情報の配信などを手掛ける。5Gの早期実現で自動運転車開発が進めば地理情報需要が高まる。 ★★★
3776 ブロードバンドタワー データセンター運用に取り組む。5G時代到来に伴うデータ量増加への対応力に期待できる。 ★★★★★
3852 サイバーコム ソフト開発を手掛ける。5G時代到来で自動運転車開発が進めば車載用制御ソフトなどが伸びやすくなる。 ★★★★
4739 伊藤忠テクノソリューションズ 通信分野向けのシステム開発・保守に定評がある。通信設備の増加が追い風となる。 ★★★
6701 日本電気(NEC) 通信設備で国内トップ。NTTドコモの5G商用サービス向け基地局装置の提供に合意。 ★★★★★
6752 パナソニック 家電大手として高い知名度を誇る。IoT機器開発は高付加価値製品の売上を伸ばすチャンスとなる。 ★★★
6754 アンリツ 通信計測器大手。5Gのインフラ整備に向けて、関連計測器の出荷が本格化。 ★★★
6778 アルチザネットワークス 通信計測器の開発・販売企業。5G関連機器に強み。 ★★★
6944 アイレックス 通信系に強みを持つシステム開発会社。主要取引先にNECがあり、5Gインフラでも商機。 ★★★
7203 トヨタ自動車 自動車メーカー大手。自動運転車開発が進めば、自力での運転を嫌う層にも自動車販売対象を拡大できる。 ★★★
9432 日本電信電話 通信最大手。子会社NTTドコモを含め、5G時代への対応に向けた投資を行う財務体力が十分ある。 ★★★
9433 KDDI 個人向け携帯通信サービスなどを提供する。大手通信企業として5G投資にも積極的だ。 ★★★★★
9437 NTTドコモ NTTグループの中核を担う。世界初となる時速300キロで5G無線通信に成功。 ★★★★★
9984 ソフトバンクグループ 大手通信企業であるが、投資会社としての性格も強い。成長分野に積極投資する姿勢で5Gへの活発な投資につながることが期待される。 ★★★★★

主な5G関連銘柄はこの通りとなっている。

出遅れとして出てきた銘柄があれば、随時更新していくのでこまめにチェック頂きたい。

株師孔明注目の5G関連銘柄

<9437>NTTドコモ

この銘柄のチャートとオススメ理由を表示

<6701>NEC

この銘柄のチャートとオススメ理由を表示

<6754>アンリツ

この銘柄のチャートとオススメ理由を表示

<6778>アルチザネットワークス

この銘柄のチャートとオススメ理由を表示

<6944>アイレックス

この銘柄のチャートとオススメ理由を表示

5G関連銘柄まとめ

次世代高速通信技術「5G」の2019年商用化に向けて、通信事業者や機器メーカーが一斉に動き出している。

当初計画を1年前倒しすることもあり、あわただしい面があるものの、スマートフォン向け高速通信技術だけでなく、あらゆる可能性を秘めている5Gに対する投資やサービスの高度化に弾みがつくだろう。

今後も関連銘柄を中心に動向を見守っていきたいところだ。

関連記事とブログランキング

LINE@にて株師孔明から非公開情報や最新情報を受け取る!

・株師孔明の投資のイロハ
・今買うべき株式材料銘柄情報
・仮想通貨の最新ニュース
・特定仮想通貨の買い増しサイン など

1日2つ、ブログランキングの応援クリックも宜しくお願いします。
 にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ