マルタ証券取引所がOKExと共同で新たな取引プラットフォーム開設 ~仮想通貨ニュース<2018年7月20日>~

今日もわたくし株師孔明が注目した仮想通貨ニュースを紹介しよう。

仮想通貨ニュース一覧<2018年7月20日>

マルタ証券取引所がOKExと共同で新たな取引プラットフォーム開設

マルタ証券取引所が仮想通貨取引所であるOKExと共同で、新たなセキュリティトークン取引プラットフォームを開設することが明らかになった。

OKMSXと銘打ったプロジェクトでは、セキュリティトークンに特化し、クライアントのデューデリジェンスに焦点を当てた開発が進められる。

マルタ証券取引所では、ベルリンに拠点をおくフィフス・フォースとの提携も発表している。

フィフス・フォースは、証券やその他金融商品をブロックチェーン上でトークンとして発行し、エクイティ・トークン・オファリングを実施するプラットフォームを運営している。

マルタが今後仮想通貨の先進地として着実に歩を進めている。

ウェルス・ファーゴがデータ保護のトークン化システムで特許申請

アメリカの銀行であるウェルズ・ファーゴが、データを保護するトークン化システムで特許を申請した。

この特許では、トークン化によって、文書、図、データベース値などのあらゆる種類のデータ要素の検索、アクセス、および保護を行える。

このトークン化は特別な暗号化方式を用いることで、一般的な制限のかけられていないデータを制限されたトークンに変換し、特定の利用者がそのトークンを変換して読み出すことができる。

これによって、不正なデータ変更を検知して、データの一貫性を持たせることができる。

このような仕組みによって、「ファイルとデータ要素の種類に関わらず、クラウドなどの公的にアクセス可能な環境にデータが保存されている場合でさえも、ブロックチェーン内」でデータを管理することができ、機密性と公開性を両立してデータを保存することができる。

ブロックチェーンがもたらした恩恵は仮想通貨だけでなく、あらゆるものをトークン化できることにもある。

ウェルス・ファーゴンのように高いセキュリティが求められるデータの管理にも利用でき、今後の開発に期待が寄せられる。

ペンシルバニア大、ICOの多くが信頼に値しないとの論文発表

ペンシルベニア大学ロースクールが、イニシャル・コイン・オファリングはインサイダー取引に対する保護がなく、ホワイトペーパーで約束した内容も実現していないとする論文を発表した。

この論文では、インサーダーによる私的な取引から投資家を保護する約束すらなく、中央管理の仕組みを保ったままだと痛烈に批判した。

加えてホワイトペーパーの公約に違反している場合も多く、信頼することができないともしている。

ICOは効果的な資金調達手段であるという主張がある一方で、今回の論文のように信頼に値しないプロジェクトを数多く生んでいる現実もある。

今後どのように改善されるかに期待される。

関連記事とブログランキング

LINE@にて株師孔明から非公開情報や最新情報を受け取る!

・株師孔明の投資のイロハ
・今買うべき株式材料銘柄情報
・仮想通貨の最新ニュース
・特定仮想通貨の買い増しサイン など

1日2つ、ブログランキングの応援クリックも宜しくお願いします。
 にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ