すでに物色されている銘柄はいつ投資するべきか

投資を行う上で絶対的に必要なのは材料と呼ばれる情報だろう。

株式で言えば、決算発表などが日程も確定している比較的対象にしやすい材料だが、決算で上方修正が発表されるとそれを手掛かりに物色が向かうのは良く見るが、大体は翌営業日でピークを迎え、そこから下落する形が多い。

よって、すでに物色されている銘柄に飛びつくのは、リスクが伴う。

しかし、そんな時に効果的なのがテクニカル分析だ。

株式投資を含め、仮想通貨投資でもそうだが、価格の推移を予測するうえで、テクニカル分析は非常に重要な指標となってくる。

テクニカル分析の説明に関してはこちらを読んでいただきたい。

テクニカル分析とは?~今さら聞けない投資の基礎知識編~
投資をしていれば自然に耳にするであろう「テクニカル分析」。 相場の分析には「テクニカル分析」と...

材料を手掛かりに値上がりした銘柄がすでに出遅れ銘柄となり、そのあと下落する銘柄に投資しても意味はない。

よって、過去の統計からパターンを読み取り、どう推移していくのかを把握した上で投資するのが理想的だ。

私が知る限り、テクニカル分析といえばまず頭に思い浮かぶ人物が「橋本明男」氏だ。

彼は、チャーチスト歴は35年というその道のプロで、橋本罫線というものを考案するほどのテクニカル分析において長けている人物だ。

最近のテクニカルの実績としては、今年あった日経平均の大幅下落時に、毎日更新されている無料コラム『わしの罫線』にて4月17日の底入れを当てた事が業界でも騒然となった

現在、Yahoo!ファイナンス株価予想のアクセスランキングでも、その株式コラムが常時ランキング1位となっているほどだ。

ここでひとつ実例を挙げたい。

そんな橋本明男氏が最高顧問を務める『ミリオンストック投資顧問』が、今年の5月2日の寄り付き前に「本日の推奨銘柄」として無料会員に <9399>ビート という銘柄を公開した。

5月1日に+31.7%の急騰を見せていたため、本来なら手を出しづらい銘柄であったが、橋本明男氏のテクニカルのすごさは重々承知していたので、この日の推奨理由とテクニカル分析の内容から、買いと踏んだ。

そして結果的にその後も株価は伸びて、6月15日には高値894円となり、株価2.7倍という結果となった。

5/1 始値:332円

6/15 高値:894円

上昇率:169.28%(株価およそ2.7倍)

文頭でも話したが、すでに株価が急騰した銘柄を買うのはかなり難しい。

つまり、橋本明男は、このあとのチャートの推移がしっかりと読めていたという事だ。

テクニカル分析ができれいればこういった買いもできる。

橋本明男氏が最高顧問を務めるミリオンストックは、毎朝寄り付き前に「本日の推奨銘柄」として無料会員に推奨銘柄を公開している。

加えて、Yahoo!ファイナンス株価予想のアクセスランキングでも1位になっている株式コラム『わしの罫線』も無料で購読が可能だ。

>>テクニカル分析から導き出された【厳選銘柄】を即入手!!<<

~無料登録手順と利用方法~

① 上記リンクよりサイトへアクセス
② ページ上部のメールアドレスを入力欄にアドレスを入れ、「急騰期待銘柄・注目株情報を無料メルマガで入手する」というボタンをクリック
③ 直後、サイトから送られる仮登録の返信メールにに記載されたURLをクリック
④ 無料登録完了
⑤ 無料推奨銘柄を確認したい場合はログイン後に右サイドメニューから「無料銘柄」をクリック
⑥ 無料コラムを読みたい場合はログイン後にページ下部にある『わしの罫線』のバナーをクリック

関連記事とブログランキング

LINE@にて株師孔明から非公開情報や最新情報を受け取る!

・株師孔明の投資のイロハ
・今買うべき株式材料銘柄情報
・仮想通貨の最新ニュース
・特定仮想通貨の買い増しサイン など

1日2つ、ブログランキングの応援クリックも宜しくお願いします。
 にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ