テクニカル分析とは?~今さら聞けない投資の基礎知識編~

投資をしていれば自然に耳にするであろう「テクニカル分析」。

相場の分析には「テクニカル分析」と「ファンダメンタル分析」という2つの分析手法があり、どちらも投資をする上で非常に効果的な分析法だ。

今回はそのうちの「テクニカル分析」について解説しよう。

テクニカル分析とは?

テクニカル分析とは、チャートからトレンドやパターンを分析し、株価の推移、為替動向を予想する分析法だ。

チャートは取引データをグラフ化したものであるため、統計情報から推移のパターンを読み取る事が出来る。

もちろん値動きは、材料により上げ下げされることが多いわけだが、そういったパターンでも、過去に似たような傾向があれば、そこからの値動きも予測する事ができる。

こういった分析手法が備わっていると、投資をする上で非常に効果的だ。

しかし、当然ながら、テクニカル分析で予測した動きに100%そうなるわけではない。

もちろん、これによるデメリットも存在する。

メリット&デメリット

まずは、メリット

以下のような点が挙げられる。

・材料がなくても投資をおこなえる

・相場の動きを取引ツール上で視覚的に把握できるため、張り付きで投資を行いやすい

・経済に関する知識がない場合でも対応する事ができる

・分析力を高められれば予測精度も増す

そしてデメリット

以下のような点が挙げられる。

・過去のパターンと合致しても必ずしも同じになるとは限らない

・突発的な材料が出た時には対応できない

・チャートから読み取るため、売買シグナルが少し遅れる

・「ダマシ」といわれる偽シグナルが存在する

など、良い点もあれば悪い点もある。

しかしながら、デメリットに関して言えば、これはあくまで テクニカル分析だけで投資をおこなおうと思った場合だ。

自分の投資法の中に必要な時だけうまく組み込めば、デメリットもなく大きく利用価値は上げられる。

ただし、偽シグナルである「ダマシ」には少々注意しないといけない。

ダマシとは?

「ダマシ」とは、言葉の通り「騙し」からきており、フェイクのシグナルのことを指す。

例えば、ローソク足が理想のチャートを形成していた場合でも、時として、統計からも高確率で予測できる動きでも、それとは違った動きをし、結果的に好シグナルでない場合もある。

つまり、それが「ダマシ」と呼ばれるものだ。

テクニカル分析は、予測精度を上げる事ももちろん重要だが、この「ダマシ」を見極める事が実は一番大事なポイントと言えるだろう。

特に、市場で注目度が高くなっている銘柄は、ダマシが発生しやすい。

注目度の高い銘柄は、個人投資家が買いに行きやすい事から必然的に資金流入が著しくなるため、値動きも大きくなり、信頼度の高いシグナルが発生しやすい。

しかし、この大きな資金流入を逆手に取り、短期で利益をあげる投資のプロがいるため、このシグナルが「ダマシ」になる可能性もあるわけだ。

フェイクのシグナルに捕まり、思うような利益を出せないこともあるため注意が必要だ。

さいごに

投資をおこなううえで重要なツールであるテクニカル分析とはどんなものか、そしてそのメリットもデメリットも紹介した。

テクニカル分析はもちろん自分でできるに越した事は無いが、かんたんな分析のみ自分でおこない、それ以外は分析のプロの意見を聞く、という投資家もいる。

分析の難しさはあるものの、利益をあげるうえではできるだけ活用していきたいため、どのようにして組み込んでいくかは各々様々な手段を用いてもらいたい。