YouTuber関連銘柄 上がる株 一覧【動画配信・市場拡大・アドセンス広告・提供】

投資家の諸兄姉よ、調子はいかがだろうか。

近年の Youtube による経済効果は莫大であり、YouTube の発展により動画市場は急速に広まっている。

インターネット動画の中の YouTuber が、バラエティやコメントなどで地上波で見る日も増え、その市場もさらに拡大していると言っていいだろう。

そこで今回は、影響力のある最新 YouTuber や、YouTubeに関係した企業など、YouTubeにおける株式市場をくまなくチェックしておきたい。

YouTuber関連銘柄(YouTube関連銘柄)最新ニュース

最新動画市場

サイバーエージェントとデジタルインファクトが共同で実施した調査によると、動画広告市場は2020年には2000億円を突破する勢いで成長を続けているとの発表がされた。2015年には500億円程度だった動画市場がたったの5年で4倍にもなるという驚異のスピードだ。

動画の視聴方法にも変化が起きている。パソコンでの視聴が多くをしめていたが、2018年にはモバイルデバイス上での視聴が6割を超すとされている。スマートフォンの普及と進化により、移動しながら視聴する場面が増えてきている。

又、動画形態に関しても録画し編集したものから、最近ではライブ動画が増えているという。ライブ配信により、配信者とリスナーの一体感が生まれやすくなっている。動画を見る側も、編集の効かないリアルな配信のニーズが増えてきている事も事実だ。

YouTubeからの利益

YouTuberを抱える事によりどのように利益を出すか見てみよう。お互いにメリットがあるだけにこの形態は今後も続くだろう。

まず利益の多くがアドセンス広告による売上となっている。

動画を見ていると「5秒後にスキップできます」とテロップが出るのを目にした事がある人がほとんどだと思うが、そのメッセージが広告収入の仕組みだ。2018年1月に収益化審査が開始される基準が発表されたわけだが、これはYouTube自体が成長期から熟成期に入った事を意味する。

次に、タイアップによる広告費だ。若者に対する販促プロモーションはトレンドに合っていたとしてもなかなか収益を得る事は難しい時代だ。そこで、企業は影響力のあるYouTuberに紹介してもらうと、購買意欲が49%も上がるという。

株師孔明注目のYouTuberとその関連銘柄

<3990>UUUM

多くのYouTuberが所属し、勢いに乗っているUUUMは、7月13日に5月期通期決算が発表されたが、売上高や営業利益など全ての項目で150%を超しているという順調ぶりだ。

その利益を象徴するように登録者数総合ランキングのTOP10にUUUM所属のクリエイターが8チャンネルを占めており、TOP100の中でも37チャンネルを占めるというのだから、YouTubeという枠組みの中ではほぼUUUMの一人勝ちのような状態だ。

昨年には東京証券取引所マザーズ市場へ株式上場を行い、当初から話題性もあったがその噂通りの結果を出している。ひと昔前はYouTubeは趣味の延長という意味合いの方が強かったが、現在ではYouTubeからバラエティやCMなど知名度が上がっていく人もいる事から、新しいジャンルとも言えるだろう。

この流れに疑問を感じた人は、時代の流れに乗れ切れていないのではないだろうか。少しずつ市場や求められている物は変わっているのである。

所属YouTuber

Hikakin

チャンネル開設から7年が経ち、登録者数は372万人にも及ぶ、日本トップのYouTuberといえる存在だ。最近では猫を飼ったという緩い動画もアップされたが、それでも視聴回数は900万回を超えているのだから、その影響力は恐ろしいものである。テレビやCMにも多数出演しており、経済効果の一番あるYotuberと言っても過言ではないだろう。

はじめしゃちょー(hajime)

ヒカキンと同じくして名の知られたYoutuberだ。テレビCMにも出ており、YouTubeを見ない人でも名前くらい聞いた事がある人も多いだろう。動画は自由気ままなスタンスで、思った事を動画にしている事が、若い層などに圧倒的に支持されている。

Fischer’s-フィッシャーズ-

最近では、『ONE PIECE』とのコラボだろう。誰もが知っているONE PIECEとのコラボは当の本人達ですら驚きを隠せなかったようだ。又、ロート製薬「OXY」の新商品のTVCMに起用された事も記憶に新しい。動画は本家の彼らが出ているCMは何も違和感なく楽しめてしまう。YouTuberがCMに起用される事は数年前では考えられなかった事だ。

ガチャピン

7月18日に、UUUMよりデビューする事が発表された。今年の3月にポンキッキーズが終了した事は記憶に新しいが、時代の流れに乗るようにガチャピンYouTubeデビューのニュースが飛び込んできた。既に10数本の動画が登録されており、けん玉をしたり、カッパを着てメントルコーラをしたりなかなか面白い。登録者数も既に2万人を超えており今後に期待だ。

木下ゆうか Yuka Kinoshita

大食いビューティーYouTuberも忘れてはいけない存在だ。女性という事もあり、美容や料理かと思いきや、大食いというから驚きだ。動画の一覧を見ても、大食いばかりで見ただけで空腹が満たされてしまいそうだ。しかし大食いという狭きジャンルだが、ビジュアルの良さと内容とのギャップもあり、登録者は450万人という数になっている。

東海オンエア

愛知県岡崎市を拠点に活動する6人組のYouTuberだ。20代前半という若さを武器に、ネタ動画やドッキリなど勢い任せだが、笑えてしまう動画で人気を得ている。昨年11月のUUUM主催イベントで、事務所のGENESIS ONEを脱退し、UUUMに加入する事が発表された。

水溜りボンド

大学のお笑いサークルで知り合った2人組だが、キングオブコント2014にて準々決勝へ進出した事もある異例の経歴を持つYouTuberだ。同年にチャンネルを開設し約1年で登録者数が100万人を突破し、現在は300万人を超している。また、毎日投稿の先駆けともいえ、現在約3年半の毎日投稿を続けている。動画投稿だけでなくトークライブなどいろいろなアプローチで登録者数を伸ばしているのも特徴だ。

<6552>Gamewith

主にゲームの攻略情報の提供をしている企業で、2017年6月30日に東京証券取引所マザーズ市場に上場している。マンションの一室で立ち上げた時も、ゲームはブラウザからアプリへ移行している時期でもあり、良いタイミングで的確に市場をとらえている点は今後の参考になるであろう。

ただ今年に入り、ヘイグを運営する菱沼祐作から画像やデータ盗用で抗議をされたり、所属ライターが不正ツールにてグランブルーファンタジーをプレイし、アカウントが削除されたりマイナスなニュースが多いが、マザーズ上場もありそこまでの落ち込みはない。

所属YouTuber

なうしろ

Gamewithの実況といえば、「ナウ・ピロ」と「しろ」の2人からなる『なうしろ』ではないだろうか。しろの類まれなテクニックや洞察力はもちろんのこと、ナウ・ピロとしろの息の合った?やりとりや、ナウ・ピロの独特な世界観での動画など、その魅力はゲームだけにとどまらない。登録者数も50万人を超しており、主に『モンスターストライク』というゲームの実況をしていることから、運営会社の配信する番組にも顔を出す事があるなど、話題性のある二人の活躍が株価に影響を与える事は大いに考えられるだろう。

<6177>AppBank

ゲーム攻略だけでなく、記事や動画で紹介されたアイテムが購入できる AppBank ストアを作り、販売などで利益を生む形態が特徴的だ。順調に店舗を増やし現在では、10店舗になる。人気の反面、こちらも元役員の横領やスマホケースの盗作疑惑など話題が途切れる事はない。

所属YouTuber

マックスむらい

YouTuber であり、株式会社AppBank創業者でもある。赤いTシャツがトレードマークでCMや YouTube関連のコメントなどでしばしば見る事もある。そのキャラクターは様々な年齢層に受け入れられ、動画の登録者数はなんと、150万人にも及ぶ。ご存じの通り例の横領事件から人気が低迷している事は事実だ。しかしその事について動画では40分にも渡り真摯に説明している。その誠実さを武器に今後の再ブレイクに期待だ。

<6047>Gunosy

CMでおなじみニュース配信アプリなどの配信や開発をしている会社だ。設立から約2年半で上場するまでに急成長を遂げている。アプリがリリースされてからわずか3年で1400万ダウンロードを記録しており、勢いと話題性は申し分ないと言っていいだろう。7月12日には新規事業の立ち上げに伴い経営体制を刷新すると発表された。

国内有数のゲームに関するウェブメディアの「Game8(ゲームエイト)」が子会社にいることから、ゲーム実況のYouTuberも抱えている。

所属YouTuber

けーどら(Game8)

『モンスターストライク』の実況や解説などで人気のある彼だが、数少ないモンストのプロライセンスの持ち主だ。プロというだけあって、その攻略動画に関しては、他の実況者を抜いてテクニックや攻略方法は分かりやすく参考になるという声が多い。動画登録者数はまだ5万人程度だが、モンストの人気に比例して今後数は増え続けるだろう。

もえりん(Game8)

「今日も元気に姫路城」が決め台詞でおなじみの美人 YouTuber だ。関西弁の可愛い口調とお茶目なキャラクターで動画の登録者数は35万人という人気ぶり。主に白猫やセブンナイツ、モンストなどのゲーム実況が多い。その他にも、昨年投稿された恋ダンスが話題となり、ゲーム好き以外からも支持された要因となっている。

VAZ

未上場ではあるが、HPでは上場を見据えた活動を発信しており求人などの仕事内容にも上場準備と記載するほどなので、チェックしていて問題はないだろう。

事業内容としてはインフエンサーマーケティングやエンターテイメント、就職支援サービス事業など若者向けのサービスを重視しているベンチャー企業だ。代表取締役の森 泰輝は27歳という若さではあるが、当時日本に上陸したばかりの Vine に目を付け飲食店のレビューを Vine にアップしてWeb上で発信する@mikkeというサービスで企業をしたという実力者だ。

更には、昨年6月から今年の3月までに21名の投資家を引受先とした第三者割当増資により総額11億円を調達したというニュースには衝撃を覚えた方も多いだろう。上場は更に近い現実味のあるものとなってきている。所属 YouTuber は260万人の登録者を持つヒカルや、禁断ボーイズといった人気や話題性のある YouTuber を抱えている。

昨年8月に、保有する全てのVAを前日の終値で全て売却し、多くの投資家が損失を被った事で批判のあった VALU 騒動により、所属 YouTuber 達は一時活動を自粛していたが、現在では解消され不安材料はなくなっているので、今後に期待だ。

所属YouTuber

ヒカル(Hikaru)

カードゲームのカードの大量買いや、祭り屋台のクジ屋のクジを買占めて当たりがあるかを検証するなどで注目を集めている YouTuber だ。他にも宝くじや競馬などに大金を賭ける動画も数多くアップしており、主にお金を使い検証する動画が多い。

VALUインサイダー取引事件などで無期限の活動休止になっていたが、2017年事実上復活を遂げている。表立った悪いニュースも多いながら、支持者も多く、企業の上場へ導くキーマンであることは間違いない。

ラファエル

仮面を被った YouTuber であり、本業は営業職で仕事後に YouTube で稼いでいるという面白い日常を送っている。元自衛隊という点もあり、顔は仮面で隠しているものの筋肉質な上半身は度々さらしている。YouTuber をやる前は FX でかなり稼いだという噂もあり、現在は会社勤めや不動産収入、YouTube の収益で、かなり稼いでいると思われる。

禁断ボーイズ

大学時代からの友人で結成した4人からなるYouTuberだ。めちゃくちゃなやってみた系動画が特徴的な彼らだが、男性からの人気はもちろんその勢いから女性からの支持も多く、チャンネル登録者数は189万人にもなる。ヒカル同様 VALU インサイダー取引事件に関わっており、活動休止の後、現在は復帰をしている。

VAZ に関連した銘柄

<2489>アドウェイズ

この銘柄のチャートとオススメ理由を表示

<6081>アライドアーキテクツ

この銘柄のチャートとオススメ理由を表示

<3668>コロプラ

この銘柄のチャートとオススメ理由を表示

その他の注目しておきたいYoutuber関連銘柄(Youtube関連銘柄)

銘柄をチェックする

Youtuber関連銘柄(Youtube関連銘柄)まとめ

動画広告市場が急激に成長する事を象徴するような勢いのある内容になっている。

動画関連銘柄として見てもこれだけの動きがあるのだから、それに伴う銘柄に少なからず影響を与えている事は間違いない。

ゲームに限らず、Youtube などの動画を利用したプロモーションは各企業は当たり前に手を出す時代になっている。

今後も、動画の先にあるコンテンツを先読みする直感と、情報収集を引き続き意識することが、大きな利益に繋がっていくだろう。

関連記事とブログランキング

LINE@にて株師孔明から非公開情報や最新情報を受け取る!

・株師孔明の投資のイロハ
・今買うべき株式材料銘柄情報
・仮想通貨の最新ニュース
・特定仮想通貨の買い増しサイン など

1日2つ、ブログランキングの応援クリックも宜しくお願いします。
 にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ